『First Love』
税込価格480円
大好評発売中です!



撮影風景。公開を楽しみにお待ち下さい。


新刊『Mermaid Skin Boots』税込価格1365円 ずっと“2番目”だっと女の子が主人公の気持ちが暖かくなる恋愛小説です。


船上から写した、鳩間島の堤防。連続ドラマ「瑠璃の島」の舞台にもなりました。


シュノーケリングの際の一コマ。吹雪のように見えるのは、全て魚です!


文庫『Miracle』税込価格480円 邪悪と無垢を併せ持った女性の愛を描いた物語です。


『勝つ恋愛!』税込価格1260円 アミはじめてのエッセイです。


Lyrical Murderer』税込価格480円 表紙には、俊君が久々の登場です。


R.I.P.』税込価格1365円
好評発売中です!



APRI*KISS』税込価格480円
  メールで紡がれる恋の物語です。






2月15日

『First Love』、本屋に並んでます。
 さっそく感想を書いてくれたみんな、ありがとう!
 きょうはバレンタイン・デーで街は盛り上がってるけど、みんなは誰かに渡した(もらった)? ちなみにあたしの大好物はトリュフとガナッシュ。何百個あっても完食します(笑)。
『First Love』発売を記念して、今回は「初恋」について……。

 みんなの初恋っていつ頃だった?
 よく芸能人とかがインタビューで「幼稚園のころ、先生にあこがれて……」とか答えてるんだけど、そういうのは、あたし的には「初恋」とは呼べない。
 ドキドキしたりときめいたりするだけで、相手に気持ちを何も表現しないのは、「片想い」。
「First Love』は相手のことで心がいっぱいになって、他のことが考えられなくなって、手を繋ぎたい、キスをしたい、抱き合いたいって願って、それを何かのカタチで表すこと。
 このBBSでも時々、「彼女のことが好きだけど、その気持ちを汚したくないから、ちゃんとしたカタチで付き合えるまでプラトニックでいたい」っていう人がいるよね(きっと、すぐに誰のことか分かると思うけど(笑))。
 そういう純粋な気持ち、いいなーって思う気持ちと、でも好きなのに相手に触れることもできないなんて、気持ちが伝わらない!! と思う、両方の気持ちがある。
 そういう想いが心の中にしまいきれなくて、溢れ出てしまったときが、「First Love」なんだと思う。
 だって、LOVEだから。ただのトキメキだけじゃない。

 あたしの「First Love」は、中学生のころの先輩。
 相手はちょっと女の子と付き合いなれすぎてる男の子だった。
 でも好きだった。
 暗い影と甘えたがりな脆さと、突っぱった男っぽさと、それにお兄さんの優しさと、全部もってる人だったから。
 お母さんを早く病気でなくして、家が色々あって、彼自身も身体があまり強くなくて……。
 だからほかの子より色んな重いものを抱えてる分、笑っててもどこかに淋しい感情が見え隠れして、彼を見てるとすごく庇ってあげたい気持ちになった。
 お母さんがいない分、女の子に求めるものが大きかったんだと思う。だから、他の男の子たちよりずっと女扱いがうまかったのかもしれない。
 結局、うまくいかなくて破局したけど、今でもその時の気持ちを思い出すと、すごく優しい気持ちになれる。

 プラトニックな気持ちもすごく大切だけど、それをカタチにするのが指と指を絡めるしぐさや、ぎゅっと抱きしめる腕の強さだよね。
 これは他の人とちょっと違う感じかたかもしれないけど、
「エッチはラブじゃなくても、好意のある人とならできる。でも手を繋いだり、抱き合ってすりすりするのは、絶対にラブな人とじゃないとできない!!」
 あたしの小説『First Love』の中で、璃星が桜澤に言ういちばん好きな言葉。
「考えないで。頭じゃない。あたしを見て、感じて。身体と心、全部で」
「あたしは重い。あたしは温かい。心臓もどきどきする。生きてる」
 あたしが大好きな人にいちばんいいたい言葉。
 2人の関係を頭で考えるより、感覚や手触りで示して欲しい。
「初恋」は人生でいちばん、頭じゃなくて心と身体で感覚的にする恋愛だと思う。あとさきも考えられないし、恋の結末も予想できない。傷ついても突っ走っちゃう。
 でも恋をくりかえすほど、みんな賢くなって痛い思いをしないように学習する。
「これはやばいパターン」とか気がついて、引き返したり、迂回したりしちゃう。少し淋しいけど、それが大人になること……。

 だからこそ「First Love」は「Only Love」。ナンバーワンでオンリーワンなんだと思う。
 恋をしたら全部「First Love」っていう人もきっといるよね。
 よけいな知識や過去の傷なんか、好きになったら全部忘れてしまえば、透き通った心で相手を受け入れられる。
 あたしもそうなりたい……。


お仕事情報

今発売してる「BLENDA」っていうファッション誌で「バレンタインSP企画 攻め恋愛!」の恋愛相談やってます。 すごく具体的でめっちゃ役立つので、要チェック!

blogキアノス・ブルー」もうすぐ更新します。