この素敵なメガネ男子はだれでしょう? そうです、佐々木蔵之介さんです! 「虹の女神」初日の打ち上げで写メをバチッ!!


『虹の女神 Rainbow Song』
9月21日発売
税込価格480円
かつてなく切ない恋の物語です。



『空の香りを愛するように』
税込価格480円
人を愛することの意味を
考えさせてくれる作品です。



『Singer Song Lovers』
税込価格480円
アミお気に入りの音楽が
小説になりました。



『First Love』
税込価格480円
大好評発売中です!



新刊『Mermaid Skin Boots』税込価格1365円 ずっと“2番目”だっと女の子が主人公の気持ちが暖かくなる恋愛小説です。


文庫『Miracle』税込価格480円 邪悪と無垢を併せ持った女性の愛を描いた物語です。





11月15日

『虹の女神』について、色んな感想を書いてくれてありがとう。映画も小説も、読む人の気持ちによって、いろんな見方、読み方ができると思う。何度も見るうちに印象が変わっていく不思議な作品なので、ぜひ試してみて。あたしは二回目、三回目に映画を見た時がいちばんきました。これはやっぱり映画館の大きなスクリーンで見て欲しいな。

 ところで……突然だけど、いまあたしはバルセロナにいます!!
ブエノス・ノーチェス!!
 ついさっき、パリ経由の長いジェットの旅を終えたばかり。
 シベリアとかロシアの上をずうーっと飛んできたんだけど、どこまでいっても雪の山々や凍った川の大地が果てしなく広がってて、地球ってやっぱりすごい星なんだなーと実感した。
 今年、初めての放浪です。スペインはずっと来たくて仕方なかったんだけど、なかなか時間がとれなくて……。「今しか時間がない」って即決で申し込んじゃった……。
 なんといってもガウディとダリとミロの町……。
 それに「バッド・エデュケーション」や「トーク・トゥ・ハー」などで大好きな映画監督アルモドバルも、やっぱりスペイン人。
 子供の頃からスペインの鮮やかな色彩感覚が大好きだった。なんか血が騒ぐっていうか……もしかしたらルーツはスペイン系なのかな。
 こっちに来てまだ少ししかたってないけど、女の子が眼が大きくてくっきりはっきり綺麗な人が多いことにびっくり。パリのシャルル・ドゴール空港で待ってる間も、フランス人はやっぱり美形が多いって思ったんだけど……。なんか全員、ペネロペ・クルス顔なんだもん。
 そしてバルセロナの街はすごくカッコよくて、建物がクール。先端のデザインと歴史に培われたデザインが混じってる感じがなんとも言えずにいい。
 ファッションのお店を少しだけ見たけど、すごくいけてたし、ロンドンやニューヨークと比べると食べ物がなんでもおいしいことも、すごくうれしい。
 ところであたしはスペイン語、しゃべれません。
 飛行機の中で必死にスペイン語、勉強したけど、「グラシアス」とか「シ」とか「オテル」とかしか覚えてない(笑)。どこでも英語で押し通して、通じないと身振り手ぶり。それでもなんとかなりそうでほっ。帰るまでには少しは会話できるようになりたいな。
 とにかく街を歩いて歩いて歩きつくすつもり。
 でももちろん、パソコン持ってきたからお仕事もちゃんとします。東京よりはかどるかも。ここまできたらパリもイタリアも行きたいな。
 このまま1年ぐらい放浪したい気分だけど……。
 明日はゴシック地区へ行く予定。ガウディの作品をいっぱい見ます。
 とりあえず現地報告第一弾でした。

 海外からのBBSへのアクセスは禁止になってるのでバルセロナにいる間はレスできないけど、ぜんぶ読んでます。帰るまで待っててね。


桜井亜美オフィシャルサイト[Eternal Wind]
Eternal Wind


桜井亜美オフィシャルブログ
blogキアノス・ブルー