この素敵なメガネ男子はだれでしょう? そうです、佐々木蔵之介さんです! 「虹の女神」初日の打ち上げで写メをバチッ!!


『虹の女神 Rainbow Song』
9月21日発売
税込価格480円
かつてなく切ない恋の物語です。



『空の香りを愛するように』
税込価格480円
人を愛することの意味を
考えさせてくれる作品です。



『Singer Song Lovers』
税込価格480円
アミお気に入りの音楽が
小説になりました。



『First Love』
税込価格480円
大好評発売中です!



新刊『Mermaid Skin Boots』税込価格1365円 ずっと“2番目”だっと女の子が主人公の気持ちが暖かくなる恋愛小説です。


文庫『Miracle』税込価格480円 邪悪と無垢を併せ持った女性の愛を描いた物語です。





12月1日

 映画「虹の女神 Rainbow Song」を見逃した人、まだ渋谷のシネアミューズでは朝と夜やってるし、あといくつか見れるとこがあるので、これからでも絶対GO!!!です。
 やっぱりあのラストの綺麗な水たまりの虹は、絶対に大きなスクリーンで見て欲しいな。
 必ず、誰の心にも美しい決意を生む映画だと思う。

 さて、バルセロナから帰って来ました!!
 なので、今回は「AMI IN BARCELONA」。
 海外は色々いったけど、あたしの中では最高ランク!! 街のゴシック&レトロフューチャーな美しさも、スパイシーな食べ物のおいしさも、色んな国の人たちと知り合える楽しさも……。
 やっぱりラテンの国はいいなー。
 あの鮮やかな空の光と、目眩がするような色彩の洪水があるから、ダリみたいなアーティストが生まれたんだと実感した。
 それに、スペイン人はほんとに顔立ちがくっきりしてて美しい。
 彫りの深ーい顔に、きりっとした濃くて太い眉と、黒いきらきらした瞳の女の子を見慣れると、なんだかアイラインとかマスカラとか一生懸命やるのがむなしい努力に思えてくる。
 きっとメイクアップ・アーティストとかが理想とするのって、ああいう顔なんだろうなーと思って……。
 ペネロペ・クルスの顔を想像してみて。
その辺の街を歩いてる高校生とかでも、普通にあれぐらいの美人がいるし。フランスとの混血も多いから、男はオーランド・ブルームばりの美形もいっぱい……。
 だから街角で抱き合ってキスしてても、映画みたいに絵になる。
 そして……見てきました。
 お腹いっぱいダリとガウディを!!
 街の中心のゴシック地区にあるダリ・ミュージアムは、貸し切り状態で、もう絵や彫刻を触ろうが盗もうが……(嘘、もちろんお行儀よく見てきました)やり放題!!
 係員も監視する人もだーれもいません。
「あっ、あの有名な絵がこんな眼の前に……」とか、「このすごい彫刻が床にどーんと置かれてる!!」とか、いちいち感動してたら、分厚い霜降りステーキ3人前食べたぐらいの充実感になった!
 いちばん凄いのは、「宇宙象」っていう有名な彫刻と、色んな顔をしたダリのフィギュアたちが天井から吊るされた恐竜を見上げてる、キテレツなオブジェ。
 象さんはガラスの囲いとか何にもなくて、二階の床に剥き出しでおいてあるのにまずびっくり。だって日本のミュージアムでは、高価な美術品は絶対、人が触れられるところに展示しないよね?
 ドイツやイギリスでも感じたけど、ヨーロッパって「みんな、アートはナマで楽しむべき」って思想があるらしくて、どこの美術館でも大抵、そんな感じ。美術館や博物館は絶対、向こうのほうが楽しい。
 で、「宇宙象」は足が蚊とんぼみたいに細くて長ーい象なんだけど、ダリが描いた絵にも神殿を背負って砂漠を歩いてる宇宙象が出てくるから、きっとお気に入りのイマジネーションなんだと思う。
 どうやってあの細い足で重い身体を支えてるのか、技術的なことも聞いてみたかった。
 あとダリのフィギュアのオブジェは写真を見てね。
 何となく音楽が流れてきて、ダリ・ブラザーズがくるくる回って踊りながら「せーかいはーひーとつ♪」って歌い出したら楽しいなーと、一瞬、期待した……。
 ダリって生きてるときは世界中から「シュールで変人の天才」って思われてた。で、自分でもそれを演じるのを楽しんでた人だけど、彼の足跡をたどると、「ほんとにそこまでやる??」っていうようなぶっ飛んだパフォーマンスばっかり。生きてる時に一度会ってみたかった!!
 アミ・イン・バルセロナ次回へ続く。



若き日のダリ様。キャー、美形!! こういうのが何十体も。抱いているのはヨーダか?


ダリ・ミュージアムの超シュールな「イッツ ア ダリ ワールド」。上から覗いてるのも、恐竜の口にくわえらてるのもダリのレプリカ。こんなダリが10人ぐらいいた。ほんとにディズニーのアトラクションみたいで笑える。


大聖堂でいちばん美しかったマリア像。



桜井亜美オフィシャルサイト[Eternal Wind]
Eternal Wind


桜井亜美オフィシャルブログ
blogキアノス・ブルー