Webマガジン幻冬舎

Vol.36 October 15

Webマガジン幻冬舎

GOBS



Essay
憂鬱なアンチ

今月も熱き想いを語ります。
ダメになるのも、ならないのも、心の持ち方しだい。
ぼやきながらも、つぶやきながらも、今日も立ち上がるのだ。




Essay
夜をこえて

東京近郊のアパートの窓からの眺め。
見慣れないこの光景も、三日、四日とたつにつれ、
そこにある様々なものが当然に思えてきます。




Essay
おぉ、素晴らしき日常



料理家の飛田和緒さんのご自宅に行って、
手料理をもてなしていただきました。
味覚は私にとって「五感の中で一番幸せなもの」であり、
「生きること」に直接つながる感覚……。
それをよく知っている人は、美しいオーラを放つんですね。



Document
自転車くんに会いに行く

宗教、我欲、人間の業……。
きっかけは何にしろ、その背景にはさまざまな国の、
さまざまな人達の感情が渦巻いています。
みなさんは、本当に大切なものって、なんだと思いますか?


 


Lazy Diary
藤田香織の「だらしな日記」

鯖の味噌煮

脱! 肉食宣言から2週間、その目標はほぼ達成できたものの、
恐ろしいことに肉食を辞めたとたんに体脂肪が再び増加!
さらに食欲魔人に忍び寄る、糖尿病の恐怖!
どうすりゃいいのさ、嘆きの2週間!



Essay
千駄ヶ谷占星術研究所

それぞれ違う面でいい部分をもっていますから、
このふたりのどちらかというのは迷うでしょうね。
猶予期間は来年の秋までありますよ。



Comic
昭和軒

子供、産んだことありますか?
抱いたこと、ありますか?
資格は要るんですか?



Official
桜井亜美通信

BBS10000カキコ突破!
これからもみんなが心で繋がる海のような場でありますように。



Essay
愛の病

真夜中にテレビをつけっぱなしにしていたら、ニュース速報が流れた。
アメリカがアフガニスタンに攻撃を開始した、というニュースだった。



Essay
友香の読書日記

黒谷友香

今回の本は加納朋子著『ささら さや』
ちょっとファンタジックな気分で読めるところがお勧め。
周りでサヤを支える人々も、とても個性的な人ばかり。
こんな人達が周りにいればなんやかんやと楽しいでしょうね!



Essay
編集者ミルコの健康日記

私は毎晩、靴もきれいにしている。
寝る前に必ず、その日はいた靴をきゅっきゅと拭く。
きゅっきゅ、きゅっきゅ、きゅっきゅ。



Essay
買い物ワールドカップ2001

引っ越しを前にして、色々と物入りなはずなのに、
買い物はちゃんとしてしまう……。



Essay
デジタル絵本・急ぐ象ガメ


Regular
装幀Webギャラリー

幻冬舎のデザイン室は実はものすごく少数精鋭で成り立っています。
今回はそのうちのひとり、デザイン室員M田嬢からのセレクトです。
デザイナーによってコメントの味も違いますので、お楽しみください。



今週の名文句



お薦め本・書評


加納朋子著『ささら さや』
その涙は誰も咎めないだろう。
泣くことは、赤ちゃんの特権ではないのだから――。
“極め付きの「愛と感動」の物語。
(書評 山前譲)



Webマガジン幻冬舎は毎月1日・15日に更新されます。

Copyright 2000 GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
info@gentosha.co.jp


バックナンバー