Webマガジン幻冬舎

Vol.39 December 1

Webマガジン幻冬舎

GOBS



Essay
夜をこえて

数週間だけ日本に一時帰国していました。
日本であのテロ事件がどう扱われ、一般の人がどうとらえているかを
ごく一部ですが直接知ることができました。




Essay
おぉ、素晴らしき日常



言葉には、『言霊』が宿っている……これは確かな事実だと思う。
なので、自分が発した言葉通りのエネルギーが、自分自身に還ってくるんです。
だからこそ美しい日本語を話して、むやみに悪口を言ったりしない方がいい。
言葉を大切にしよう。



Document
自転車くんに会いに行く

旅といえば、観光やショッピングなどいろいろな楽しみがありますよね。
でも、一番の楽しみは、食事ではないでしょうか。
自転車君が中国で出会ったおいしいものとは、いったい何だったのでしょう。
そして、井上さんは秋の味覚と獅子座流星群を満喫している様子。
おいしいものを食べに、皆さんも旅に出てみませんか?


 


Essay
憂鬱なアンチ

「パリ彦」ってあなた……。
町中でパリ彦なんて呼ばれて幸せなのか?
今週もどうでもでもないことに毒を吐き、難癖をつける、
憂鬱なアンチぶりに小爆笑!




Book Review
「料理バンザイ!」20年レシピ
「料理バンザイ!」20年レシピ
もう一度見たいあの料理、書き留めておきたかったあのレシピ。
21世紀に伝えたい、大反響の82品。



Lazy Diary
藤田香織の「だらしな日記」

流行の風邪をしっかりひいて、体調悪し。

流行とは無縁の生活をしているにもかかわらず、
流行の風邪をしっかりひいて、体調悪し。
そんなとき、だらしな生活存続の危機となる1本の電話が!
危うし! だらしな日記!(大げさ)。



Essay
千駄ヶ谷占星術研究所

占星術研究家の松村潔さんがあなたの未来を占います。
今月の相談者は、小説家になりたい縞さんです。



Comic
昭和軒

新キャラ、カスタマイザー豪登場!
俺の名は人呼んで「豪とくじ」!
なんだそりゃ?



Official
桜井亜美通信

新刊『MADE IN HEAVEN Juri/Kazemichi』2冊一緒に大好評発売中です。


Essay
愛の病

「花を摘む少女と虫を殺す少女」。
これは、私が世界で一番好きな映画、「三月のライオン」を撮られた監督、
矢崎仁司さんの、一番新しい作品である。



Essay
友香の読書日記

黒谷友香

今回の本は 新堂冬樹著「鬼子」
最後の最後まで気が抜けない、読んだらあなたも
目の奥が痛むくらい頭がくらくらするはずです。



Essay
買い物ワールドカップ2001

パソコンがスタイリッシュでアルミっぽい作りになっているので(?)
生活感のない部屋を目指すことに決めた。



Regular
装幀Webギャラリー

おいしいそうな、キレイな写真があると
つい手にとってしまうのが料理本の楽しみ。
幻冬舎の料理本の写真もおもわず唾を飲み込んでしまうくらい、
おいしそうですよ。ほら!



今週の名文句



お薦め本・書評


新党冬樹著『鬼子』
暗黒小説はカタルシスに背を向ける。その意味では本作品は暗黒小説ではない。
しかし、カタルシスの向こうに、またもや真っ黒な暗闇が広がる。
暗闇の底で新堂冬樹は笑っているのか。じつにすごい小説だ。
(書評 永江朗)



Webマガジン幻冬舎は毎月1日・15日に更新されます。

Copyright 2000 GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
info@gentosha.co.jp


バックナンバー