Webマガジン幻冬舎

Vol.40 December 15

Webマガジン幻冬舎

GOBS



Essay
夜をこえて

インドで生まれ、チベットには政治的な理由でいったことがない友人は、
ずっと日本料理のレストランで働いている。
僕はチベットに行こうと思えばいつでもいけるが、寿司を彼のように握ることはできない。
僕はあと数日後にニューヨークを離れ、日本に帰国することに決めました。




Essay
おぉ、素晴らしき日常



他人への想像力がなければ、誠実な人間関係を築くことなんててきない。
誰かを思いやる気持ちや優しさは、その人への想像力なのだと思う。
人は、ひとりで生まれて死んでいくからこそ、誰かと繋がりたいと願う。
想像力を養いたい……。



Document
自転車くんに会いに行く

親切ややさしさをうとましく思う気持ち。
思いやりを思いやりと受け止められない自分。
やさしさというものは、幅広いものだから、
今日も「ほんとうのやさしさ」について考える。


 


Essay
憂鬱なアンチ

お参り&墓参り。
屁ばかりが出る正月を過ごし、死について思いを馳せる
2002年の年明け。




Book Review
「料理バンザイ!」20年レシピ
「料理バンザイ!」20年レシピ
もう一度見たいあの料理、書き留めておきたかったあのレシピ。
21世紀に伝えたい、大反響の82品。



Lazy Diary
藤田香織の「だらしな日記」

ケーキのホール食い

休みというのは、なぜあっという間に過ぎてしまうのだろう……。
どこへも行かず、実家でゴロゴロしていた究極のだらしな正月。
食って呑んでテレビ三昧。当然、そのつけは体脂肪に表れたのでした。
これでいいのか、だらしな年末年始。
そうそう、いよいよ次回最終回!



Essay
千駄ヶ谷占星術研究所

主婦として家にいることを望む主人に対して、一人でも遊びに行きたい、
他の人と行動したい(アウトドアスポーツや旅)、自分がいます。
いままでは我慢できたことも、これ以上我慢すると
自分が壊れてしまいそうな気持ちになるんです。

占星術研究家の松村潔さんが、あなたの2002年を占います!
どしどしご応募ください!



Official
桜井亜美通信

新年明けましておめでとうございます。
今年もアミとETERNAL WINDをよろしくお願いします。



Essay
愛の病

ふと思いたって、去年手帳に貼った、
1年分の涙シールを数えてみることにした。



Essay
友香の読書日記

黒谷友香

今回の本は 中山庸子著
『自分をみがく月曜日から土曜日 自分を好きになる日曜日』
月曜日から日曜日をいかに楽しく、素敵に、自分にとって
心地良いものにしていくかということが書かれています。
会社にお勤めの方も、私のように休みが
土日とは限らないという人も、楽しめる一冊です!



Essay
編集者ミルコの健康日記

ふりかえってみると、去年もなんだかんだいってよく体をこわした。
健康に気をつけていると何度も言いながら、弱い私である。



Essay
買い物ワールドカップ2001

皆さん明けましておめでとうございます。
今年も中西哲生と、この『買い物ワールドカップ』を
どうかよろしくお願いします。



Essay
デジタル絵本・急ぐ象ガメ


Regular
装幀Webギャラリー

サイズが小さいからこそのさまざまな工夫と発想。
デザイン室は今年もがんばります。



今週の名文句



Webマガジン幻冬舎は毎月1日・15日に更新されます。

Copyright 2000 GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
info@gentosha.co.jp


バックナンバー