Webマガジン幻冬舎

Vol.57 October 1

Webマガジン幻冬舎

GOBS



Essay
お茶っコ日和



再びスタート! 石田ゆり子の日記エッセイ。
慌ただしい一日、ゆったりな一日。そんな日々のことを綴っていきます。
ちなみに「ゆりねぎ」とは、ねぎ好きな私につけられたあだ名。
「お茶っコ」とは我が家でいう、「お茶をする」の意……なのです。



Cooking
鈴木薫のお料理教室



冷蔵庫や戸棚の奥に、眠っている調味料はありませんか?
マヨネーズやケチャップ、ウスターソース、わさびやトウバンジャン……。
そんな残りがちな調味料に、若手人気料理家の鈴木薫先生が光をあててくれました。
決まりきった味付け、とばかにする前にちょっとだけレシピをのぞいてください。
目からウロコのアイディアが、今晩の食卓を飾ってくれます。



Essay
コロンビアーノ・ブラジリアン



コロンビアという国には、どういうわけか美しい女が多い。
その中でも特にこのカリを中心としたカウカ県は、
圧倒的に美人を多く輩出する土地柄として知られている。
今回はちょっとディープに、女と薬にまつわる現地のお話。



Column Nonfix
リンカーンの医者の犬

あの頃、自分にも夢があり、いろんな出来事に対する感性がヒリヒリしていた。
あれから10年。自分はスッカリ夢から覚めてしまっている。
彼に比べて自分が現実的でつまらない存在に思えた。



Essay
魔術世界の日本人

『眠り姫』の根底には、
セックスとは「下卑て、汚くて、悪いこと」という意識が
頑固に横たわっていて、処女を守る砦となっている。
セックスを前にした『眠り姫』は、
この意識に足をひっぱられ、不感症になってしまう。



Essay
ツキが半分

わかる!
すんごいわかる!
直接聞けば、こんなにわかる!
ん〜、もう、今までなんだったのおー!



Diary
小林よしのり責任編集長『わしズム』副編日誌

わしズム

みなさん、わしズム3号ご覧になりましたね?
ははははは(けっこう力なし)。
前回この副編日誌でお知らせした「Sのヌード」とは...



Essay
オンリーイエスタデイ

見城徹

「人は、その多面体が合わさったところに大きな魅力ができてくる……。
警察の容疑者も星(ホシ)だし、輝くスターも星でしょ。
スキャンダルを含まない星なんて、星じゃない。
ただ美しく光り輝くだけの星は、フラットで真のスターではないんですよ」

text by Naooka
雑誌「Free & Easy」Sep.2002より転載




Lazy Diary
藤田香織の「だらしな日記」&「だらしな(ときどき)日記」



ピンポーン! さぁさぁいよいよ「だらマン」も引越しカウントダウン!
しかーし! その直前にクリアせねばならぬ「インテリア」関係に問題続出!
悩みまくりの照明&本棚購入+畳&カラスに泣く再内覧会。
次回はついに引越しだー!(たぶん)。



『だらしな日記』発売!


Essay
買い物ワールドカップ2002

中西哲生

ポルシェターボ購入を決意した買い物王だが、
1600万円という値段は……やっぱり高い!
自分への御褒美、誕生日プレゼント、
色んな言葉を思い浮かべてみるけれど、やっぱり1600万は高い。



Diary
実践『マネーロンダリング』講座

今回は、あまり知られていないリゾート会員権について述べてみよう。
 どこの小学校のクラスにも、日ごろはまったく目立たないが、
実はなかなか見所のある生徒がいたはずだ。リゾート会員権は、
地味だが光るものを持っている、そんな生徒に似ている。



Essay



多摩川にいるアザラシのタマちゃん。
これをタマさま。もしくはタマ殿、などと呼ぶものがいないのと同様、
ウルトラマンをウルトラさんと呼べば、ピンポーンと玄関の鈴が鳴って、
出てみればそこに花柄、エプロン姿のウルトラさん。




Document
自転車くんに会いに行く

旅行時には、予想もしなかったようなトラブルが起こりがち。
いかにしてその問題を解決するか。
旅の達人の二人が経験したトラブルと、その対処法は……?


 


Essay
千駄ヶ谷占星術研究所

息子は3人兄弟の長男です。
要領が悪いというか無器用というか、勉強もスポーツも今ひとつ。
まだ中2なので長い目で、とは思うのですが、
このままで世の中やっていけるのか、大丈夫なのかと心配になります...

引き続き、松村潔さんへの相談を受け付けています!



Official
桜井亜美通信

今回のアミ日記は、「オトナ」になることについて。
オトナになる、オトナとして生きるってどういうことなんだろう?
社会的な「オトナ」って言う意味じゃなくて、
人間として女として「オトナ」っていう意味で。



Essay
愛の病

「ずっと一緒にいよう」
と彼が言うたび、わたしはいつも怖くなる。
とても嬉しい言葉のはずなのに、どうしてかうなずけない。
「ずっと」って、いつまでのことか分からない。
「ずっと一緒にいよう」って、ずっと思ってくれるかどうかは分からない。



Essay
友香の読書日記

黒谷友香

今回の本は 加藤裕子著『「シャキッと炒める」を英語で言うと』
皆さん、「シャキッと炒める」を英語で言うと何だか分かりますか?
うーん、そう言われれば何て言うんだ?
という感じになってしまった私ですが、今なら分かります。
答えは...



Regular
装幀Webギャラリー

読書の秋、そして食欲の秋です! おいしいお店を探すのもよいですが、
たいせつな人に、おいしいごはんを作ってみては、いかがですか?



今週の名文句



Webマガジン幻冬舎は毎月1日・15日に更新されます。

Copyright 2000 GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
info@gentosha.co.jp


バックナンバー