Webマガジン幻冬舎

Vol.70 May 1

Webマガジン幻冬舎

(C) Hiroshi Yoshii

GOBS



Essay
はなのWalkie-Talkie

はな

仏像の本を書いてしまうくらい仏像好きのはなさんが、
長野県の善光寺を訪れました。七年に一度だけ開帳される
「前立本尊」をはじめ、魅力的な仏像さまが
次々にはなさんを迎えます。



Cooking
晴れた日にはキッチンで



テレビ、雑誌、新聞などで大活躍の料理家・飛田和緒さん。
好評エッセイ『お料理絵日記』(幻冬舎文庫、原題「チャッピーの台所」)の続編
「10年目のチャッピーの台所withくろ」をスタートします。
家族が増え、仕事が忙しくなった和緒さんは、
以前のように「夫のために作ります」なんて言えなくなってしまい……。
そんな和緒さんの毎日の暮らしぶりを、おいしいレシピとともに綴ったエッセイ。
直筆イラストもどうぞお楽しみください。



Essay
中西哲生の毎日がワールドカップ



『不安定な人生を選ぶこと』好評発売中です。
かなり加筆訂正しているので、連載で全部読んでる、
という方もよろしくお願いします。本は無事出ましたが、
中西哲生のワールドカップな日々は続いています。



Life & Love Counseling
かわいいからだの保健室・秘密の入り口

かわいいからだの保健室 秘密の入り口、
今回から装いも新たにバージョンアップ。
聞くに聞けない性とセックスに関する悩みに
ずばり回答していきます。
リニューアル記念!
なんと5人の「イケない女子」の質問に、
一気回答!


寺門琢巳
写真:赤井賢一


Essay
お茶っコ日和



髪を切りました! 短いのは変わりないけれども、少し少年っぽいイメージに。
切り落とされた髪とともに、もやもやした気持ちは切り捨てて行こう!
そんなことを思う春。



Essay
コロンビアーノ・ブラジリアン



この街で知り合いになったTさんによれば、
フォルタレーザは三十年程前まで、
どこにでも転がっている貧乏たらしい寒村に過ぎなかったという。
ところがその後のブラジル経済の発展もあり、
遠洋漁業の中継地が作られ、ついでに観光地として栄えてきた。



Column Nonfix
リンカーンの医者の犬

赤羽駅前商店街の中にある「まるます家」という大衆食堂。
店のドアというドアは開け放たれていて、向かいの果物屋が見える。
店頭に並んでいるリンゴやミカンに朝陽があたり、輝いている。
そう、まだ朝の9時、それも平日、4月中旬の木曜日。
「まるます家」は朝から酒が飲めて、
美味しいものが食べられることで有名な店なのだ。



Essay
魔術世界の日本人

明治になるまで、庶民の女たちは言葉を持たなかった。
中世以来、文学として残されているものは、
家父長制社会の影響下にあった貴族や武家の女たちの
なよなよした感傷文や泣き言繰り言文だ。
女神イザナミの横溢する性の力を受け継いだ
庶民の女たちの声はなかった。



Lazy Diary
藤田香織の「だらしな日記」&「だらしな(ときどき)日記」



久々に記録しました体脂肪35%!
いまいちデジタル画面が薄い気がしますが見えますでしょうか。
世間的には〔肥満〕でも、私的には嬉しい数字! 
なんちゃって気分で始めた低糖質ダイエットもなかなか順調でいい感じ!
……だったはずが、思わぬ強敵の出現にダイエット魂はノックアウト。
甘い顔したニクイ奴の正体いかに!? そして2ヶ月経過したその結果は!?



『だらしな日記』発売!


Essay
千駄ヶ谷占星術研究所

自分の形が定まらなくて困っています。
特に関わる男性、読む小説などに影響され過ぎて、
常に内面が変わり続けています。
21、2歳の頃までは何も感じなかったのですが
最近特に自分の変容を感じます。
今後もこんな不安定な人格で生きていくのか不安です。

松村さんに占ってほしいご相談、引き続き24時間受付中です。



Official
桜井亜美通信

新刊『クロム・ハート』も絶好調のアミ。
今回のアミ日記は「たからもの」について。



Essay
愛の病

アイスクリームを食べ終わると、彼は立ち上がり、
そのつま先で土を踏みはじめた。何をしているのだろうと思ったら、
彼は黙ったまま、蟻をスニーカーで踏み潰しているのだった。



Essay
友香の読書日記

黒谷友香

今回の本は、 森絵都著『永遠の出口』
今回のこの本は格別に良かったです。
読み終えて胸が一杯になるというか、
幸せな気持ちと同時に、
どうしようもなく切なくもなりました。



Essay
編集者ミルコの健康日記



いよいよやって来るペディキュアの季節。
慌ててフットケアにいそしむ女子も多いはず。
甘し。
編集者ミルコは、実は一年中ペディキュアを愛でる
豊かなフットライフを楽しんでいたのであった、
昨年の骨折までは……。



Regular
装幀Webギャラリー

小林よしのり氏責任編集長の雑誌、
『わしズム』が一周年を迎えました。
日本全国を飛び回った毎号撮り下ろしの表紙が圧巻です。
さて、次号はどこでどんな衣装なのでしょうか…。



今週の名文句



Webマガジン幻冬舎は毎月1日・15日に更新されます。

Copyright 2000 GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
info@gentosha.co.jp


バックナンバー