Webマガジン幻冬舎

Vol.82 November 15

Webマガジン幻冬舎

(C) satono okata

GOBS



Essay
レンタルビデオ・最後の聖戦

本コーナーはレンタルビデオのガイドでございます。
ただし、ここで五十嵐貴久が紹介するビデオ(DVD)は、
すべて五十嵐貴久個人がリアルタイムで見たものであり、
その選定にはかなり特殊なバイアスがかかっております。
つまりこのコーナーでは、五十嵐貴久の失敗を教訓としてですね、
見る必要のないものは見んでいい、と。
そういう意味合いで始まったとご理解ください。



Diary
裏わしズム

2002年5月の創刊以来、存在自体を社外秘という厚いベールに包まれた
編集者集団<わしズム隊>。総責任編集長の小林よしのりを頂点に置き、
その指示のもと、ベストセラー・ムックシリーズ『わしズム』の
編集作業に東奔西走する4人の編集者たちの、知られざる怒濤の日々が、
ついに白日の下にさらされる!! 衝撃の編集日誌


わしズム vol.8



Essay
お茶っコ日和



なんだか不調の11月。
これといった理由は思い当たらないけど、忙しさのせい?
こういう時期もある、と言いきかせてはいるけれど。
どうしたものかな……、もがく私であった。






Essay
コロンビアーノ・ブラジリアン



「日本語で“愛”ってのは、たぶん違うんだよね。
正確な“愛(アモール)”っていう意味を、
ほとんどの日本人は知らないと思うよ」
では、その“アモール”ってのは、いったい何なのだろう?
ブラジルの大地に息づく、目に見えない優しいモノの正体とは?







Essay
小生物語

忙しくて日記を書けなかったので、今回の更新はありません!
でもまったく更新がないというのも寂しいので、今までにあったことを
思い出しつつ少しだけ書き殴ってしまおうかと思います。




Essay
はなのWalkie-Talkie

はな

自他共に認める
「誉められて伸びるタイプ」のはなさん。
誉められることがいかにいいことか、
実例と共に紹介します。



Cooking
晴れた日にはキッチンで



テレビ、雑誌、新聞などで大活躍の料理家・飛田和緒さん。
好評エッセイ『お料理絵日記』(幻冬舎文庫、原題「チャッピーの台所」)の続編
「10年目のチャッピーの台所withくろ」をスタートします。
家族が増え、仕事が忙しくなった和緒さんは、
以前のように「夫のために作ります」なんて言えなくなってしまい……。
そんな和緒さんの毎日の暮らしぶりを、おいしいレシピとともに綴ったエッセイ。
直筆イラストもどうぞお楽しみください。



Essay
中西哲生の買い物ワールドカップ2



寒くなってきました。
買い物王にとって冬は散財の季節。
コート、セーターが着れるのは嬉しいけど、やっぱりいいものは高い!






Life & Love Counseling
かわいいからだの保健室・秘密の入り口

『愛とからだとこころとしっぽ』の読者のかたから、
さらにご質問が届いています。
今回は、その質問にお答えする特別アンコール第一弾。
不倫をやめられないimさんです。





Column Nonfix
リンカーンの医者の犬

中村麟子さん、87歳。女性として日本で初めて映画監督になった人だ。
戦前に大学を卒業し、映画の仕事につき、75歳まで働いてきた。
小津安二郎の映画の中にいるような、不思議な気分になりながら、
私は妙に感心して、聴き入っている――。



Lazy Diary
藤田香織の「だらしな日記」&「だらしな(ときどき)日記」



牛たん、牛たん、牛たんたん!
行ってまいりました宮城物産展。買ってまいりました牛たん!
確実に食事量は減っているはずなのに、体重はすっかり停滞中。
果たしてその原因は牛たんなのか、カレーなのか!?



『やっぱりだらしな日記+だらしなマンション購入記』発売!


Essay
千駄ヶ谷占星術研究所

まじめに仕事をすることが私の支えだったので、
専業主婦になって何をしていくべきか目標を見失っています。
子供もいないせいか世間で自分だけが浮き上がった存在……、
なんだか気持ちばかり焦ってホッとできないのです。

松村さんに占ってほしいご相談、引き続き24時間受付中です。



Official
桜井亜美通信

「MADE IN HEAVEN」DVDの注文を締めきりました。
沢山の人にご応募頂き、ありがとうございます。



Essay
愛の病

「女って、自分の好きな人のことを『いいひと』とは絶対言わないよね」
久しぶりに恋人とゆっくり食事をしていたおでんやで、
たまたまそんな言葉が耳に入った。



Essay
友香の読書日記

黒谷友香

今回の本は吉田修一著『東京湾景』
CMのキャッチコピーというか、ナレーションを耳にした時、
ハッとしたんです。ちょっと感動したっていうか、
「あ……そうやんな……」と(笑)。
そのキャッチコピーがあまりにも本当過ぎて、
心に響いたんです。そのコピーとは……



Essay
編集者ミルコの健康日記



ヒールの高い黒い靴を買った。
風が冷たい季節になった。



Regular
装幀Webギャラリー

美しい写真と美しい言葉で構成された
「ことのは」シリーズも、おかげさまで
大好評のうちに6冊が揃いました。



今週の名文句

『覚悟を決めて1週間!リセットダイエット』本体価格1300円


Webマガジン幻冬舎は毎月1日・15日に更新されます。

Copyright 2000 GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
info@gentosha.co.jp


バックナンバー