Webマガジン幻冬舎

Vol.87 February 15

Webマガジン幻冬舎

(C) KAYO AIBA

GOBS



Essay
たったひとりの薬害裁判

貴方の薬は安全ですか?
衝撃のベストセラー『私は薬に殺される』の著者が贈る、
生きる勇気が湧いてくるメッセージ。
読者の皆様の温かな励ましのお言葉と御心配に応えて
急遽、新連載開始!


私は薬に殺される
福田実著『私は薬に殺される』
本体1500円+税



Essay
レンタルビデオ・最後の聖戦

本コーナーはレンタルビデオのガイドでございます。
ただし、ここで五十嵐貴久が紹介するビデオ(DVD)は、
すべて五十嵐貴久個人がリアルタイムで見たものであり、
その選定にはかなり特殊なバイアスがかかっております。
つまりこのコーナーでは、五十嵐貴久の失敗を教訓としてですね、
見る必要のないものは見んでいい、と。
そういう意味合いで始まったとご理解ください。



Diary
裏わしズム

2002年5月の創刊以来、存在自体を社外秘という厚いベールに包まれた
編集者集団<わしズム隊>。総責任編集長の小林よしのりを頂点に置き、
その指示のもと、ベストセラー・ムックシリーズ『わしズム』の
編集作業に東奔西走する4人の編集者たちの、知られざる怒濤の日々が、
ついに白日の下にさらされる!! 衝撃の編集日誌。


わしズム vol.9
大好評発売中! 定価(本体952円+税)



Essay
お茶っコ日和



答えのないようなことを、じっくり考えてみたくなる。
そんなとき、ありませんか。
「時間が流れる」って、どういうこと?
ああ、考え出したら止まらなくなってしまった……。






Essay
はなのWalkie-Talkie

はな

2月3日は節分。「鬼は外、福は内」をここ数年、
お母さまにまかせきりのはなさん。
でも今年は違います。
なんとあの長野の名刹「善光寺」で豆をまきを体験したのです!



Cooking
晴れた日にはキッチンで



テレビ、雑誌、新聞などで大活躍の料理家・飛田和緒さん。
好評エッセイ『お料理絵日記』(幻冬舎文庫、原題「チャッピーの台所」)の続編
「10年目のチャッピーの台所withくろ」をスタートします。
家族が増え、仕事が忙しくなった和緒さんは、
以前のように「夫のために作ります」なんて言えなくなってしまい……。
そんな和緒さんの毎日の暮らしぶりを、おいしいレシピとともに綴ったエッセイ。
直筆イラストもどうぞお楽しみください。






Essay
中西哲生の買い物ワールドカップ2



残念ながら、今回は買ったものがありません。
しかし! 極めて重大な報告があります。
以前買ったある大きなものが、ついについにやってくるのです!






Column Nonfix
リンカーンの医者の犬

北山さなえ(33歳)を不定期に襲う不協和音。
突然、気持ちが暗くなり、〈あー、ダメだ〉という気持ちになる。
子供を寝かしつけ、さなえが夫と交わした会話とは──。
ある夫婦のある時期のワンシーン。



Lazy Diary
藤田香織の「だらしな日記」&「だらしな(ときどき)日記」



日本全国花粉症の皆様ごきげんよう。
どうですか? そちらの地域はやって来てますか?
ここ東京(いや正確には埼玉)はもう来てますよ! 痒いっす!
だからというわけではないけれど、引きこもり気味だった2週間。
はっきりいって地味。申し訳ない。しかしこれが我日常。……どうよそれ。



『やっぱりだらしな日記+だらしなマンション購入記』発売!


Essay
千駄ヶ谷占星術研究所

婚約中の男性に、奨学金とはいえ
300万円の借金があることを知り、悩んでいます。
私の父は仕事をせず借金に借金を重ねるような人だったので、
そのことを思うとこの結婚が私にとっていいのかどうか、
思案してしまうのです……。

松村さんに占ってほしいご相談、引き続き24時間受付中です。



Official
桜井亜美通信

最近は作家兼、犬の乳母状態のアミですが、
鈴木光司さんと対談をしてきました!
文庫『神曲』に収録予定です。



Essay
愛の病

「ものを大切にしなさい」と言われて育ったわたしは、
物を捨てるのがとても下手だ。
だからわたしの家には、ものすごい量の物がある。



Essay
友香の読書日記

黒谷友香

今回の本は平安寿子著『もっと、わたしを』
5つの短編が集まった連作小説『もっと、わたしを』。
平安寿子さんの書き下ろし新作です。  
一つの会社を舞台に、そこに様々な立場で携わる人々の
物語を綴った群像劇。
出版業界で話題になっているというこの傑作、
春を待ちながら読むには最適のおすすめ作品です。



Essay
編集者ミルコの健康日記



中学時代のブラスバンド部顧問、Z(ゼット)先生。
10年ぶりに会った先生は、「気楽な人」だった。



Regular
装幀Webギャラリー

当Webマガジンでも大人気連載中の飛田和緒さんの料理本は、
作りやすく、可愛らしく、そして、とっても美味しい!
飛田さんの人柄が滲み出ているような、暖かみのある
表紙の写真やイラストも必見です。



今週の名文句

平安寿子 『もっと、わたしを』本体価格1600円


Webマガジン幻冬舎は毎月1日・15日に更新されます。

Copyright 2000 GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
info@gentosha.co.jp


バックナンバー