Webマガジン幻冬舎

Vol.91 April 15

Webマガジン幻冬舎

(C) KAYO AIBA

GOBS



Novel
もてる男

ルポルタージュ、小説と幅広く執筆する本橋信宏さんが
ついにウェブマガジン幻冬舎に登場!
もてたいすべての男たちに捧ぐ、千夜一夜物語。
必読です。



Life & Love Counseling
無敵なからだは歪まない

寺門琢己

無敵なからだは歪まない。
ではなぜ多くの人のからだは歪んでいるのでしょうか。
人間が宿命的に背負ってしまった「歪み」との戦い。
そして、ますますからだを歪ませる現代の環境を考察します。



Essay
意地悪の系譜

人間は、意地悪な生き物です。特に女性は、意地悪です。
隠しても隠してもなお滲み出て匂い立つ、そんな「女の意地悪」を、
自覚的意地悪・酒井順子が、古今の女性作家の文章の中から繙きます。
紫式部の時代から、やはり女は、意地悪なのでした。

大ベストセラー『負け犬の遠吠え』の著者、酒井順子さんの
新連載がついにウェブマガジン幻冬舎に登場!


ごはんの法則酒井順子著
『ごはんの法則』
幻冬舎文庫
本体価格533円



Essay
たったひとりの薬害裁判

貴方の薬は安全ですか?
衝撃のベストセラー『私は薬に殺される』の著者が贈る、
生きる勇気が湧いてくるメッセージ。
読者の皆様の温かな励ましのお言葉と御心配に応えて
急遽、新連載開始!


私は薬に殺される福田実著
『私は薬に殺される』

本体1500円+税



Essay
レンタルビデオ・最後の聖戦

本コーナーはレンタルビデオのガイドでございます。
ただし、ここで五十嵐貴久が紹介するビデオ(DVD)は、
すべて五十嵐貴久個人がリアルタイムで見たものであり、
その選定にはかなり特殊なバイアスがかかっております。
つまりこのコーナーでは、五十嵐貴久の失敗を教訓としてですね、
見る必要のないものは見んでいい、と。
そういう意味合いで始まったとご理解ください。


交渉人原作・五十嵐貴久のDVD
「交渉人」絶賛発売中!
3990円(税込み)

このDVDの★はいくつだ!




Diary
裏わしズム

創刊2周年記念「わしズム10号」は
トピックの満載で、すこぶる震えるおもしろさ。
小林よしのり編集長の「ゴー宣EX.」は増ページだし、
さらに編集長の新連載漫画も始まるし、他にも、台湾総統選挙とか
年金とかイラク戦争とか鶏肉とか武士道とか自衛隊とか着床前診断とか、
「まさに現在」って問題が、わかりやすく知的に解説されている。
世の中のしくみを知ることが、じつはエンタテインメントだとわかる1冊。
好評発売中!


 わしズム vol.10


Essay
はなのWalkie-Talkie

はな

はなさんが字幕の翻訳と
吹き替えの両方を担当した映画
「テディベアのルドヴィック」の魅力と裏話を、
映画よりひと足先に公開します!



Cooking
晴れた日にはキッチンで



テレビ、雑誌、新聞などで大活躍の料理家・飛田和緒さん。
好評エッセイ『お料理絵日記』(幻冬舎文庫、原題「チャッピーの台所」)の続編
「10年目のチャッピーの台所withくろ」をスタートします。
家族が増え、仕事が忙しくなった和緒さんは、
以前のように「夫のために作ります」なんて言えなくなってしまい……。
そんな和緒さんの毎日の暮らしぶりを、おいしいレシピとともに綴ったエッセイ。
直筆イラストもどうぞお楽しみください。






Essay
中西哲生の買い物ワールドカップ2



殺人的なスケジュールを乗り越え、時間に余裕のできた買い物王。
けれどもサッカーにゴルフに、そして買い物にと相変わらず大忙しです!






Column Nonfix
リンカーンの医者の犬

私は自分の住む場所にそれほどこだわりがない。
本屋と喫茶店があればどの街でもまあまあなのだ。
だからYさんがいうこの街の良さがさほどわからなかった。
彼女は最後にこういった。
「谷中銀座に行くと、時々、吉本隆明が歩いてるわよ」



Essay
千駄ヶ谷占星術研究所

人からよく変人扱いされて、ときどき凹みます。
7本当に、私は変わっているのでしょうか?

松村さんに占ってほしいご相談、引き続き24時間受付中です。



Official
桜井亜美通信

ニューヨークを再訪したアミ。
今回も、いろいろな事を考えさせられる旅になりました。



Essay
愛の病

小学生のときにインフルエンザにかかったとき以来、
十年以上ぶりの三十九度だった。



Essay
友香の読書日記

黒谷友香

前回のホラーサスペンスとはうって変わって、
今回はラブストーリーのご紹介を。
江國香織さんの『スイートリトルライズ』です。
江國さんの小説は隠された本心にじわじわと、
かつズバっと迫ってくるんですよね〜。



Essay
編集者ミルコの健康日記



しばっちゃんに数年前言われた
あるひとことを思い出す。



Regular
装幀Webギャラリー

アウトローとしても、文芸としても、
異彩を放ちつづける梁石日氏の小説。
山本周五郎賞を受賞した『血と骨』は、
今年秋、映画化が決定し、話題になっています。



今週の名文句

小松成美著『イノセンス』


Webマガジン幻冬舎は毎月1日・15日に更新されます。

Copyright 2000 GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
info@gentosha.co.jp


バックナンバー