Webマガジン幻冬舎

Vol.95 June 15

Webマガジン幻冬舎

(C) KAYO AIBA

GOBS



Novel
もてる男

風俗に使ったお金5000万円、キャバクラに使ったお金200万、
インタビューしても何もなかったAV女優400人、
日本のアンダーグラウンドの辛酸を知り尽くした作家が
満を持して語る超体験的モテ話、艶笑千夜一夜物語の第5!
最後まで読めば、誰でも必ずモテるようになる!?



Body Essay
無敵なからだは歪まない

寺門琢己

末續慎吾選手のダブルクラウチングスタート。
両足でのスタートは、左右の足を均等にふんばれる。
左右均等にふんばってこそ、力が出るんです。



Essay
意地悪の系譜

自らの意地悪性に蓋をしている「意地悪カマトト」の人達には、
清少納言の行動や書きっぷりは、とても意地悪に写るもの。
そう、清少納言の性格をどう捉えるかによって、
読み手の意地悪性が判断されるのです。


ごはんの法則酒井順子著
『容姿の時代』
幻冬舎文庫
本体価格1470円



Essay
たったひとりの薬害裁判

貴方の薬は安全ですか?
衝撃のベストセラー「私は薬に殺される」の著者が贈る、
生きる勇気が湧いてくるメッセージ。

日本の未来、愛する家族のために、私は決して諦めない。
たったひとりでも、こんな身体でも、きっと世の中は変えられる。

全国の薬害被害者から応援メッセージが殺到!


私は薬に殺される福田実著
『私は薬に殺される』

本体1500円+税



Essay
レンタルビデオ・最後の聖戦

本コーナーはレンタルビデオのガイドでございます。
ただし、ここで五十嵐貴久が紹介するビデオ(DVD)は、
すべて五十嵐貴久個人がリアルタイムで見たものであり、
その選定にはかなり特殊なバイアスがかかっております。
つまりこのコーナーでは、五十嵐貴久の失敗を教訓としてですね、
見る必要のないものは見んでいい、と。
そういう意味合いで始まったとご理解ください。


交渉人原作・五十嵐貴久のDVD
「交渉人」絶賛発売中!
3990円(税込み)

このDVDの★はいくつだ!




Diary
裏わしズム

どうなるか、まったくわからないイラク情勢。
「わしズム11」はまず「イラク戦争と報道」を特集。
5月にイラク人武装団に襲撃された橋田信介さんの
亡くなる直前(5/21)に寄稿されたエッセイ
「戦場カメラマンの掟」(23枚=絶筆)を掲載。
いまとなっては、よけいに泣けてきます。
さらに編集長が4月のメディアによるイラク人質報道を徹底検証。
そして、もうひとつの特集は「福岡わが故郷」です。
編集長が自分にとっての故郷・福岡への愛を「ゴー宣」、
対談、街ガイドの立体企画で魅せます。
これを機会に自分にとっての故郷=パトリをぜひ考えてみてください。
連載陣、常連執筆陣もますます充実。テレビも新聞も信用できないいま、
わしズムを読んでメディア・リテラシーを高めよう!


 わしズム vol.11


Essay
はなのWalkie-Talkie

はな

大学時代からの大親友、NHK元アナウンサーの久保純子さんと
鹿児島、熊本の旅に出かけたはなさんが再認識!
「女友達は、旅のベストパートナー」



Cooking
晴れた日にはキッチンで



テレビ、雑誌、新聞などで大活躍の料理家・飛田和緒さん。
好評エッセイ『お料理絵日記』(幻冬舎文庫、原題「チャッピーの台所」)の続編
「10年目のチャッピーの台所withくろ」をスタートします。
家族が増え、仕事が忙しくなった和緒さんは、
以前のように「夫のために作ります」なんて言えなくなってしまい……。
そんな和緒さんの毎日の暮らしぶりを、おいしいレシピとともに綴ったエッセイ。
直筆イラストもどうぞお楽しみください。






Essay
中西哲生の買い物ワールドカップ2



ユーロ2004、ヨーロッパ選手権のリポートの為、
ポルトガルに向かった買い物王。
早速、その強行軍の様子をご報告します。






Column Nonfix
リンカーンの医者の犬

5月のある日曜日。野球部に所属する中学2年生の2人は
これから横浜スタジアムに行く。決勝戦を先輩から見学するようにといわれたのだ。
決勝開始は午後の2時、いまは午前11時。
2人はしばらく商店街をふらふらするつもりなのだ──。



Lazy Diary
藤田香織の「だらしな日記」&「だらしな(ときどき)日記」



ひと月ぶりにこんにちは。
「だらしな日記」というタイトルが、内容ではなく
日記そのものを表す状況になりつつあるこの頃。大変申し訳ございませぬ。
そしてこの1ヶ月でワタクシなんだかまたムクムクと肥えてきました。
思うに「食べることが一番、身近なストレス解消法」
という現状をどうにかしなければ、痩せるのは難しいかと。
誰か私に手軽で長続きして毎日続けられる快楽を教えて下さいっ!
あ、ちなみに性欲はないので、そっち系以外で。あるのか、そんな快楽……。


『やっぱりだらしな日記+だらしなマンション購入記』発売!


Essay
千駄ヶ谷占星術研究所

私は今年27歳になります。
この年代の女性ならば、結婚か仕事かと選択を迫られている人が多いかと思います。
女性の幸せは、結婚をして家庭を持つことにあるのか、
または仕事をして自立した生活を送るほうなのかと悩んでいます。

松村さんに占ってほしいご相談、引き続き24時間受付中です。



Official
桜井亜美通信

コトバなんて信じないといいながら、
他人のコトバに一喜一憂しちゃうあたしたち。
きょうはコトバについて書いてみました。



Essay
愛の病

突然ぽっかりと休みができたので、恋人と旅に出ることにした。


Essay
友香の読書日記

黒谷友香

今回の本は林真理子著『野ばら』

読み終えた今、改めてこのタイトルをじっくり考えてみると、結構意味深(笑)。
でも、ぴったりのタイトルですね。女性に読んで欲しい恋愛小説です。
深く考えさせられるというほど重い感じではありませんが、
「夢中で読める本」なのではないでしょうか。



Essay
編集者ミルコの健康日記



何をして「理想の男性」と感じるか。
ひかれてやまないそのポイントは人によって違うけど、
自分の見たいものを備えている人を見つけたとき、
その人が「理想の男性」と言えるのかも。



Regular
装幀Webギャラリー

ひさしぶりの「幻冬舎デザイン室」シリーズ。
「デザインに関する生の声が勉強になる」と、大好評なのです。
今回は、デザイン室入室2年半の女性デザイナー、
赤治絵里氏の仕事を紹介します。



今週の名文句

恩田陸著『Q&A』


Webマガジン幻冬舎は毎月1日・15日に更新されます。

(C)Copyright 2004 GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
info@gentosha.co.jp


バックナンバー