Webマガジン幻冬舎

Vol.96 July 1

Webマガジン幻冬舎

(C) KAYO AIBA

GOBS



Novel
もてる男

快復の兆しを見せた小堀康友君であったが、
まだまだ意識はもどったり遠のいたりの繰り返しだった。
はたして、作者は小堀君の意識が戻るような
強烈な「もてる男」の話を聞かせることができるのか。
今回も作者の体験に基づいたモデルのいる実例3連発、いきます!



Body Essay
無敵なからだは歪まない

左利きのタク先生が、右利き用のクラブでゴルフを始めたら、
目がよくなり、からだが軽くなり、
そして、サーフィンが上手くなった!
なんで、どうして!?



Essay
意地悪の系譜

平安時代の恋愛体質物書きの代表といえば、和泉式部。
彼女の意地悪さは「想像力の欠如」によるもののようです。

さて、平安時代の女流作家の意地悪ぶりを
余すところなく披露してきたこの連載、今回が最終回です。
ご愛読ありがとうございました。
近現代の意地悪作家を追加して、
来年には単行本となる予定です。お楽しみに。


ごはんの法則酒井順子著
『容姿の時代』
幻冬舎文庫
本体価格520円



Essay
たったひとりの薬害裁判

貴方の薬は安全ですか?
衝撃のベストセラー「私は薬に殺される」の著者が贈る、
生きる勇気が湧いてくるメッセージ。

日本の未来、愛する家族のために、私は決して諦めない。
たったひとりでも、こんな身体でも、きっと世の中は変えられる。

全国の薬害被害者から応援メッセージが殺到!


私は薬に殺される福田実著
『私は薬に殺される』

本体1500円+税



Essay
レンタルビデオ・最後の聖戦

本コーナーはレンタルビデオのガイドでございます。
ただし、ここで五十嵐貴久が紹介するビデオ(DVD)は、
すべて五十嵐貴久個人がリアルタイムで見たものであり、
その選定にはかなり特殊なバイアスがかかっております。
つまりこのコーナーでは、五十嵐貴久の失敗を教訓としてですね、
見る必要のないものは見んでいい、と。
そういう意味合いで始まったとご理解ください。


交渉人原作・五十嵐貴久のDVD
「交渉人」絶賛発売中!
3990円(税込み)

このDVDの★はいくつだ!




Diary
裏わしズム

どうなるか、まったくわからないイラク情勢。
「わしズム11」はまず「イラク戦争と報道」を特集。
5月にイラク人武装団に襲撃された橋田信介さんの
亡くなる直前(5/21)に寄稿されたエッセイ
「戦場カメラマンの掟」(23枚=絶筆)を掲載。
いまとなっては、よけいに泣けてきます。
さらに編集長が4月のメディアによるイラク人質報道を徹底検証。
そして、もうひとつの特集は「福岡わが故郷」です。
編集長が自分にとっての故郷・福岡への愛を「ゴー宣」、
対談、街ガイドの立体企画で魅せます。
これを機会に自分にとっての故郷=パトリをぜひ考えてみてください。
連載陣、常連執筆陣もますます充実。テレビも新聞も信用できないいま、
わしズムを読んでメディア・リテラシーを高めよう!


 わしズム vol.11


Essay
はなのWalkie-Talkie

はな

絶好調のはなさんの「旅」の
エッセイシリーズ。
今回は「広島編」です。



Cooking
晴れた日にはキッチンで



テレビ、雑誌、新聞などで大活躍の料理家・飛田和緒さん。
好評エッセイ『お料理絵日記』(幻冬舎文庫、原題「チャッピーの台所」)の続編
「10年目のチャッピーの台所withくろ」をスタートします。
家族が増え、仕事が忙しくなった和緒さんは、
以前のように「夫のために作ります」なんて言えなくなってしまい……。
そんな和緒さんの毎日の暮らしぶりを、おいしいレシピとともに綴ったエッセイ。
直筆イラストもどうぞお楽しみください。






Essay
中西哲生の買い物ワールドカップ2



ユーロ2004が終り、国内時差から解放されて、嬉し寂しの買い物王。
今回の買い物は4台目のパソコンと3台目のデジカメです!(←持ちすぎ!)






Column Nonfix
リンカーンの医者の犬

地下鉄麹町駅で待ち合わせをしている。
大学4年生の片岡睦子の就職活動に付き添う約束をしたのだ。
メールのやりとりだけなので、まだ本人に会ったことはない。
午前9時45分、階段を上がった地下鉄出口に黒のスーツを着た女性が現れる。
背の高さは155センチメートルくらい、
肩までの髪の一部を後ろでまとめている。
顔立ちが幼いこともあるのだろうが、中学生のように見える……。



Essay
千駄ヶ谷占星術研究所

数学博士号を取得して、どこかの地味な大学で
数学講師として働く夢を持っています。
今後、数学で才能が花開くことがあるでしょうか?

松村さんに占ってほしいご相談、引き続き24時間受付中です。



Official
桜井亜美通信

最近よく思うこと。
人生の選択について



Essay
愛の病

数年前、三十歳の誕生日を目前に、酷くブルーになっている女友達を見た。
「なんだか、もう終わっちゃうような気がするんだ」
と彼女は言った。



Essay
友香の読書日記

黒谷友香

今回の本は内館牧子著『なめないでね、わたしのこと』

相撲、プロレス、ボクシングのことから、日常で起こるさまざまなできごと、
近頃の日本(言葉づかい、教育、若者たちなど)について思うことなど、
幅広い話題がとりあげられていて、痛快+爆笑で本当におもしろかったです。



Essay
編集者ミルコの健康日記



かつてたいへんな目に遭ったのに、
ふたたびホラークルーズに参加したミル。
太陽と海とオリオンビールの待つ沖縄へ行って来ました。



Regular
装幀Webギャラリー

先月28日にお亡くなりになられました、野沢尚さん。
大人の恋愛小説、大型サスペンス、また感動ドラマのシナリオなど、
広範なジャンルで名作を遺されました。
ご冥福をお祈りいたします。



今週の名文句

狗飼恭子著『温室栽愛』


Webマガジン幻冬舎は毎月1日・15日に更新されます。

(C)Copyright 2004 GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
info@gentosha.co.jp


バックナンバー