森八 東京店森八 東京店
はじめに
......珈琲好きな方へ
  おいしい珈琲飲んでますか?
  こんなもんだ、と思ってる部分ないですか?
......珈琲苦手な方へ
  思ってるほどニガ〜くもすっぱくもなくて
  けっこうおいしいんですよ?

店でお客さんと接していて、つくづく感じることがあります。
「みんな、おいしい珈琲飲みたいって思ってるんだなぁ」
「だけど知らないし、わかんないんだよなぁ」って......。
私も最初はそうでしたから。
珈琲っておいしいんですよ。
それに、自分で淹れるのもけっこう楽しめます。
こう......何というか、
豆をカリカリとミルで挽いたり、
コポコポお湯を注いだり、
ムクムク粉が膨らむのを眺めたり。
珈琲の良い香りに包まれながらの時間は、
「うーん、しあわせ。」という感じ。

材料や道具もごくごくシンプル。
シンプルでありながらも奥が深いと気付いたのは、
修業を始めてからの事。
ふつうにおいしく飲むためには、
他の食べ物やなんかと共通して言える事も多いんですよ。
これからのお話は、
ひと足お先に「おいしい珈琲」にたどりついた私の
体験上から得たコツやポイントを、わかりやすくかみくだいて
お伝えしてゆきたいと思ってます。

「おいしい珈琲が飲みたい」
そう思ったことから出会えた幸せなひととき。
今度は「珈琲っておいしいんだよぉぉ」って、
声を大にして言いたくなって、この連載をスタートします。
よかったら、よろしくおつき合い下さい。

みなさんそれぞれに、
ステキな珈琲との出会いがありますように。
おいしい珈琲をつくる一番大切なこと
私が最初にとった行動こそが、
実はおいしい珈琲にたどりつく
最短にして最大のポイントだったのです。

「おいしい珈琲が飲みたい

おいしい珈琲豆と出会う」


出会い
<おいしい珈琲豆と出会う>なんて、
あまりにも単純な答のようですが、これが全てです。

ちょっと乱暴な言い方をすると......、
「おいしい豆」を使えば、コーヒーメーカーで淹れようが
ジャーッとお湯をかけようが、ある程度の味はでます。
そして、さらにおいしくする方法もいくらでもあります。
ところが「そうでない豆」というのは、残念ながら
どんなに知識や技術を持っていたとしても、
多少は良くなっても、おいしく変身することはないのです。

おいしい一杯を淹れるために、これまで
道具を揃えてみたり、淹れ方を工夫してみたりしてきたと思うのですが、
実際にそのことで、少しは満足のいく珈琲になりましたか?
「やっぱりどこか淹れ方がいけないのかな......」
なんて、疑問をお持ちの方。
誰だって自分でおいしい珈琲は、
ちゃあんと淹れられるんです。「おいしい豆」に出会いさえすれば......。
技術的な事はあとからでも大丈夫。
まずは「おいしい豆」を探しましょう。
そこから楽しみがぐんっと広がります。
............と、その前に、
「おいしい珈琲」ってどんなの? ってイメージがあると、
探しやすいかもしれませんね。

『おいしい』というのは、
人それぞれ味覚のセンスや感じ方で違ってくるので、
共通の『おいしさ』を定義するのは、なかなか難しいのですが、
私流にいうと、
「すうっと抵抗なく飲めて
飲んだ後、口の中にほんわかと香味がのこるもの」
つまり、後口、飲んだ後の余韻が、
心地良く感じられるものです。
(そういった意味で、例えば飲んだ後、舌の上に
ビシ〜〜ッと苦味が残るものは......NGですね)

味そのものを、あーだこーだと考えるより、
まずは飲んだ印象で、何となく感じる部分を大切に
「おいしい珈琲」探しを楽しんで下さい。

ちょっと意識すると、今まで見えなかったものが見えてきます。

......次回は、お店を選ぶコツ、商品を選ぶコツなど、
もう少し詳しくお話してみたいと思います。

今回はこの辺で......。