こんにちは。
1回目、2回目を読んでそろそろ、
「珈琲」という文字を見かけると
ふっと目がいくようになっていませんか?
だとしたら、良い傾向です(笑)
ちょっと意識すると、今まで気にとめていなかった事が
違った視点で見えてくるのは、面白いものですよ。

私自身も「書いたからには……」と思い、
珈琲屋を見つけると、さらに意識したりして……。
実際にそんなお店があると、少しホッとして(笑)
きっと皆さんも出会えるだろう、などと思っております。

さて今回は、お店の中に入って
いざ豆を買う時の、ちょっとしたポイントのお話です。
さぁ、お店の中に入ってみましょう
専門店というと
「珈琲のことよく知らないから入りづらいなぁ」なんて、
そんな印象をお持ちでしたら、ご安心下さい。
専門店といっても、珈琲好きとか、
こだわり派の人達のためにある訳ではないですから。
もちろん、皆さんにふつうにおいしい珈琲を
飲んでもらいたい為にやっていると思いますよ。
だから、お店の人には
「よくわからないので」と言ってしまって、
色々と聞いた方がお得ですよ!
そういうお客さんには丁寧に教えてくれると思いますから。
気になるお店があったら、
入りづらくてもエイッと入ってみて下さいね。
さて、お店に入ってまずは
前回も言ったように、ふわぁ〜っと良い香りが
お出迎えしてくれることが最初ですね。
それからいよいよ豆を買うのですが、
いつも何か好んで飲んでいるものがあれば
それを買って試してみるのもひとつです。
しかし、ズラーッと並んで、よくわからない時、
ここはやはりお店の人に、
一般的な珈琲でおすすめのものを聞いてみてください。
珈琲には色んな種類がありますが、
もともと、そんなに違いがあるものではないので、
お店が選んでくれる珈琲が、最初は安心です。
この時、味見をさせてくれる所は良いと思います。

――と、でも味見をさせてくれる時には
ちょっとしたことを覚えておいてほしいのです。
せっかく味見用にと出してくれた珈琲も
熱々の状態では、飲んでもよくわかりません。
ちょっとお話ししたり、店内を見たりして、
できるだけぬるくなってから口に含んでみましょう。
その時に、透明感のあるクリアな印象を
液体から受けたら合格です。
ちゃんと焙煎されている珈琲は
水道水と湧水ほど違う印象を舌に与えます。
最初の一口、意識して味わってみて下さい。
やっぱり第一印象って大切です。

もし味見ができない場合は
こちらから味の要望を伝え
銘柄に関係なく、選んでもらうのもいいでしょう。
(例えば、すっぱく感じる酸味のないものとか
エグい苦さのないもの……のように)

実際、味なんてものは飲んでみないことには
いまいちピンとこないので、
まず最小単位で買って、ためしてみるのが何よりです(笑)
さらなるポイント
専門店で買うことに少し慣れてくると、
余裕をもってお店の中も見られるようになるかと思います。
そうなってくると、また判断できるポイントが増えてきます。
例えば、音。
他にお客様がいらして、
注文した豆を挽いてもらっていたら、
その音を聞いてみて下さい。
良い珈琲豆は粉にする時、
ミルで挽く音が“カリカリ”とか“シャー”というような、
心地良〜い、かろやか〜な音がします。
“ガガガ……ガッ”とか“ガリガリ”って、
かたそう〜な音はしないもんです。
自宅で手挽きのミルで挽くとよくわかりますよ。

さらにケースに入っている豆がちゃんと見えるようであれば
色具合は別として、どのお豆ちゃんも
ふっくらとして揃ってなんかいると
良いですねぇ。
「ふっくら」といっても見た目で判断するのは
むずかしいかもしれませんが
誰でもわかる方法があります。
袋づめしてもらった時のカサに注目して下さい。
よくやけた豆というのは
水分がよく抜けているため、ふっくらと大きく仕上がり、
同じ200gの袋でも市販のものと比べると
見た目の量が多く見えます。

上手に焙煎された珈琲豆というのは
品格があり福々しい感じがします。

ご飯でも、パンでもケーキでも
ふっくらと出来上がったものはおいしいでしょう?
色々と知ると、
な〜んだ、他の食べ物と同じような感じだなぁって、
そんな部分が多いことに気付けば
より身近に感じてもらえると思います。

1回目から今回までに至る話は
とても大事な部分なので
ついつい話が長くなりすいません。
でもお付き合いいただきありがとうございます。

次回は、いよいよ? ようやく?
淹れ方についてのお話をしてゆこうと思います。