これまでの連載を読んでいただく中で
「おいしい珈琲豆」に出会えた方は、
それまで飲んでいた珈琲よりも
満足いく珈琲を淹れられるようになっていると思いますが、
いかがでしょうか?
でも、人とは不思議なもので、
「おいしい」と思ったところで終わらず、
さらにおいしくする方法があるなら
「知りたい」と思うようなのです。
……私もそんな一人でした(笑)。

そんな訳で、今回は淹れ方のお話をしていきますね。
秘訣
珈琲をおいしく淹れるために大切なのは
「丁寧につくる」という気持ち。
ん? と思うかもしれませんが、「丁寧に」と考えれば、
自ずとコーヒーメーカーや、やかんでドバドバ、
とは思わないでしょ?
なので、機械まかせではなく手で淹れてゆきます。
身近で手軽なのは
やはりペーパードリップ式(紙を使用して濾過する方法)。
道具は他にも色々あります。
でも結局は、アナログと思われるこの方法が、
誰もが失敗せずにおいしくいただける
ベストな淹れ方なんですよ。
必要な道具
淹れ方の前に、ペーパードリップで使う道具を
カンタンにご紹介します。

必要なもの
珈琲豆
珈琲豆
店で挽いてもらう際は
ペーパー用(中挽き)に
してもらって下さい

必要な道具
コーヒーフィルター
(ドリッパー)
コーヒーフィルター
色々と種類がありますが
どこでも手に入りやすい
メリタ式(一つ穴)か
カリタ式(三つ穴)のものを
ペーパー
ペーパー
できたら無漂白のものを
紙くささが少ないです
さじ
さじ
フィルターを買うと、
ついてきます

あるとよい道具
コーヒーポット
コーヒーポット
あると便利です
サーバー
サーバー

すこしカタイ話になるかもしれませんが……
珈琲豆というのは、豆そのものに
お湯をかけたとしても、ちっとも色(エキス)がでません。
豆をミルで挽いて粉にしたものに、お湯を注いでいきます。
カットされた粉の断面には、たくさん穴が開いていて
中にはエキスとガスがつまっています。
穴からお湯を吸収することで、中のガスを放出し
エキスを出すという、交換作業が行われる訳です。

ようするに珈琲豆は
お湯を吸収してエキスを出すという、
いわば「呼吸している」ような状態で珈琲になるのです。
そうイメージをしてもらえると
淹れる時に上手に出来ると思うのです。
イメージって大切でしょ?
イメージ
基本はこの繰り返しです。
この時、一度にドバドバーッとお湯をかけるのは、
あまり良くありません。
(それでもエキスは出ますが……)
人間だって、酸素を吸いっぱなしじゃ苦しいですよね?
「吸ってぇー、吐いてぇー」のリズムと同じで
珈琲豆も「お湯を吸ってー、エキスを出すー」のリズムで。
では淹れてみましょう
やかんでお湯を沸かします
+粉を用意します。
(豆のまま買った人は
ミルで中挽きくらいに)
使う豆の目安
さじ 1人分――山盛り一杯
2人分――かるい山盛り二杯
3人分――すりきり三杯
一度に大人数分を作る方が、
経済的にも味的にも、良いですよ。

フィルターにペーパーをセットし、
まずお湯をかけて紙くささをとります
面倒だったら省いてもいいです。
でも意外とにおいってあります。

(ポットがあれば)
ポットにお湯を移す
(なければ)
グラグラしたお湯を
火を止めおちつかせる
適温は約90度前後。
ポットに移すとその位に

フィルターに人数分の粉を入れ、平らにし、
すみやかにお湯を注いでいきます。

第一湯目は[むらし]
真ん中から「の」の字を書くように
粉全体にお湯が
いきわたる位で、一旦ストップ
20〜30秒ほどむらします
ここが一番肝心!
粉がお湯を吸収し、
「エキスを出すぞー」という
準備段階。
ブワーッとおもちのように
ふくらみます。
逆にヘコむようだと
豆が新鮮でない証拠

第二湯目
同じく真ん中から「の」の字を
書くように、ふわぁ〜っと
まわしかけます
すると、ぶくぶくーっと泡立ちます

第三湯目
注いだお湯が2/3〜半分位になったら
このラインより少しあがる位まで
同じくふわぁ〜っと
まわしかけます

以上を繰り返し、
人数分になったら終わりです
最後はフィルター内のお湯を落としきる
手前で外して下さいね
お湯を注いだ時に
表面の泡がパッと切れ
水面が見えるようになると
おわりの合図です

おいしく淹れるポイント
さいごに、おいしく淹れるポイントは
じつはお湯の注ぎ方にあるんです。
高い位置からジャーッとお湯を落とすように注ぐと
苦みがキツイ感じの味に仕上がります。
逆に、「ふわぁっ」と注いで成功すると、味もほわんっと
苦みがまろやかな奥行きのある味になります。
「の」の字を書くようにというのも
手首でちゃっとまわしかけるのではなく、
腕全体を使って、粉にお湯をのせていくように、
ふわぁっとまわしかけるようにして下さい。
この「ふわぁっと」がポイントなんですが、
よくわからない時は、
「ふわぁ〜〜〜〜ん」と声に出しながら
お湯をかけてみると、けっこうそうなりますよ。
その時に、やかんから直接だと「ふわぁっと」がやりづらいので
口の細いポットがあると便利なんですね。
でも、急須で代用できますから、よかったら試してみて下さい。

粉がブワーッと膨らんだり
泡がブクブクしたり、
そんな変化をじーっと見ながら淹れるのは、けっこう楽しいです。
何回もやっていると慣れてきますし、
じーっと見ていると、色々とわかってきますよ。

それでは、よりおいしくなった珈琲を飲んで
ホッとしたひと時を楽しんで下さい。