銀座あけぼたねや銀座あけぼたねや
この連載を始めてから前回までは
タイトルである「おいしい珈琲をごいっしょに」のための、
いわば最短コースを道案内してきました。

おいしい豆と出会い、
心をこめて丁寧に淹れる。

大ざっぱにまとめると以上です。
それをふまえた上で、珈琲を淹れる道具は色々あります。
ベストではなくてもそれなりの味になるものから、
これはちょっと……というものまで。
ペーパードリップ式がおいしいよ、とはいえ
それぞれが好みの道具を使い、楽しめれば良いとも思います。
また、各道具には良い所も悪い所もあります。
それを知った上で、多少なりとも欠点をカバー出来れば
毎日の珈琲がよりおいしくなるでしょう。
みんなが必ずしもペーパードリップ式で淹れてる
とは限りませんからね。
この機会に、他の淹れ方をちょっとご紹介してみたいと思います。
【コーヒーメーカー】
ペーパードリップと同じくらい
一般に普及している道具だと思われます。
使い方はみなさんもよくご存知だと思いますが、
タンクに水を入れ、フィルターに粉をセットし、
スイッチを押して、あとは出来上がるのを待つのみ。
時間に追われるように生活している日本人には、
欠かせない便利な道具、かもしれませんね。
コーヒーメーカーの良い点は、
なんといってもその手軽さでしょう。
最近は機能も進化していて、
むらしが出来たり、お湯の出方を調節出来たり、
下のサーバーがそのまま保温ポットになっていたりするようです。
スゴイですね〜。
ただ、全てのコーヒーメーカーに
そんな便利な機能がついてる訳ではないので……。
やはり、むらしや注湯の調節が出来ないと、
ペーパードリップに比べ、あっさりした味に仕上がります。
一度に作る量は多めの方が、味の出方も良いですよ。
本来は淹れたてを飲むのがベストですが。
上手に焙煎された豆で淹れたものなら、
多めに作っておいて、飲む時に温め直してもいいです。
保温プレートは便利なようですが、かえって煮詰まって
味も香りも劣化するので注意しましょう。
【サイフォン】
みなさんも見たことはあるでしょう?
理科の実験でもしているような見た目。
蒸気圧の差を利用した抽出方法です。
上のロートに粉を入れ、下のフラスコに水を入れて加熱します。
熱したお湯が細い管から上のロートに吸い上げられ、
粉がお湯に浸ったら撹拌し、しばらくおいて火を外します。
すると、ロート内の珈琲がフィルターで濾され、
下のフラスコに溜まるのです。
サイフォンの良い点は、見た目の立派さ、
本格的に淹れてるという「気分」が味わえるところでしょう。
実際のお味の方はというと……、
抽出に適切な時間をさがしたり、
湯温も変化するため、良い味を出すのは難しいです。
また、人数が少なくフラスコに湯が残ると、
水っぽい珈琲になります。
それをカバーする方法としては、
まず下のフラスコには最小限の水をいれて粉を蒸らし、
残りは上から直接お湯を注ぐことで、
湯温の変化をなくします。
さらにロート内の珈琲が落ちてくる前に、
さっとフラスコ内の残り湯を捨ててしまいます。
ほとんどサイフォンの意味はなくなりますけどね。
こうすると味は多少良くなります。
使う豆も、深く煎ったものより、浅〜中煎りの方が
わたしが試した範疇ではおいしいと思います。
あと、器具がガラス製なので、取り扱いには注意が必要です。
【コーヒープレス】
最近は色んな所で売られるようになったので、
ご存知の方も多いかもしれません。
ガラスの容器に粉を入れ、そこへ直接お湯を注いで蓋をします。
その後しばらくおいて、金属製の網を下に押していき、
上澄みの珈琲を飲む、という抽出方法。
コーヒープレスの良い点は、見た目がオシャレ、
淹れ方がとても簡単! なところでしょう。
ですが、濾過フィルターの目が紙などより粗いので、
出来上がった液体には粉っぽさがあり、
見た目にも油が浮いています。
その点を、珈琲本来の香味が味わえるとうたってますが、
飲んだ後の舌に残るザラついた苦みからも、
わたしはそうは思えません。
ゆったりとした珈琲本来の香味が味わえ、しかも粉っぽくなく、
コクのある珈琲というのを他に知っているので……。
【ウォータードリッパー】
水出し珈琲(ダッチコーヒー)のための道具です。
こちらもサイフォン同様、ガラス管の組み立てなので
見た目が絵になります。
抽出方法は、真ん中のロート管に粉をセットし、
上部のコック付き容器から
冷水が一定のリズムで滴下するように調整し、
下のポットに珈琲が溜まるのを待つのみ。
ひたすら待つこと数時間……。
冷水で抽出するため、香りはあまりしませんが、
珈琲独特の苦味が少なく飲みやすいと思われるようです。
またそんな点を生かして、リキュール等と合わせる
バリエーションコーヒーに向いています。
【エスプレッソマシン】
最近ではすっかり定着して、
家庭用のマシンもずいぶん普及してきました。
濃い珈琲というと、エスプレッソを思い浮かべる方も
多いのではないでしょうか。
イタリア語で「急行」の意味を持つ飲み物。
強い蒸気圧により数十秒で一気にエキスを抽出します。
それにより、豆の中の良い部分も悪い部分も
一緒に引き出す事になるので、
どうしても、ぎゅっと苦味のキツイ味に仕上がります。
上手に焙煎されたおいしい豆を使う事が、
唯一、おいしくなるコツですね。
【マキネッタ】
直火式のエスプレッソの道具。
現在のような家庭用のマシンが普及する前から、
家庭でエスプレッソを楽しむためにありました。
下部ボイラーに水を入れ、粉を入れたバスケットを中に収め、
上部ポットを装着して、火にかけます。
蒸気圧を利用して、お湯がパイプから上がって、
粉を通過するという抽出方法。
サイフォンと原理はおなじですね。
何となく姿がかわいらしく、値段も手ごろなので
つい買ってしまうのですが。
マシンのような高圧がかからないため、それなりのお味に……。
エスプレッソとして頂くよりも、
ミルクをたっぷり加え、カフェオレにした方がおいしく頂けます。
【ネルフィルター】
ネルドリップという言葉は聞いた事があるでしょうか?
『片面起毛ネル』という布袋を使って、濾過をする抽出方法です。
お店でもネルフィルターで淹れてる所は少ないようですが……。
コーヒーメーカー、サイフォン、エスプレッソマシン、
いずれも見た目が立派で高価な道具ですね。
それにひきかえネルは、
とんがり帽子を逆にしたような、ただの布袋。
そして安い!
ですが、超アナログなこの道具はとても優秀な子なんです。
紙に比べ厚みがある分、布はお湯をホールドできますよね。
その違いが豆のエキスを十分に引き出す事となり、
深みのある、ゆったりとした味の珈琲に。
また、良い豆に出会えば、お湯の注ぎ方ひとつで
濃くも薄くも調節出来ます。
それこそ、味も香りもぎゅっと凝縮された
本来の意味でのコクのある濃い珈琲に仕上がります。
……つい親バカでほめてしまいますが。
欠点があるとすれば、
ネルの取り扱いに多少気を使う点でしょうか。
淹れ終えたら、粉を捨て、布をよく洗い、
乾燥しないように水に浸して保管します。
また使う時には、タオル等で水気を取ってから使います。
慣れてしまえばなんでもないのですが、
忙しい時には、面倒に思われるようですね。
さいごに大事な点をひとつ。
おいしくいただくには、
それぞれの道具に合った豆の挽き方をしてください。
また、店で挽いてもらう場合は、何の道具で淹れるかを伝え、
それに合わせたメッシュ(粉の挽き具合を表す単位)
にしてもらうといいですよ。


いちおうの目安として

水出し珈琲細挽き(グラニュー糖くらいの粒)
ペーパーフィルター中細挽き〜中挽き
コーヒーメーカー(グラニュー糖とザラメの中間くらい)
サイフォン
ネルフィルター中粗挽き
コーヒープレス粗挽き(ザラメくらいの粒)
エスプレッソ極細挽き(パウダー状の微粉)
マキネッタ極細挽きより少し粗め

上記の道具以外にも種類はあるのですが、
キリがないので、主なものを紹介しました。
こう書きながらも、
お茶や紅茶を入れる道具は、それほど種類はないのに
珈琲に関しては色々あるなぁ、と……。
世界中で飲まれ、愛されてるから
その土地ごとの飲み方があり、
道具の種類もたくさんあるのだろう、などと思いました。

みなさんの【珈琲時間】がますます楽しいものになりますように。