2013年10月前半 テーマ:取り組み
















占ってほしいこと
 この歳になって(44歳・独身)音楽、絵、ファッションで表現することが自分にとって大切なことなんだと、やっとわかってきた気がするのですが、いまだ生業にはほど遠くアルバイトをしながら結局は生活費の心配ばかり。
 現実的に、これらのことをお金に換える(?)方法が、いまいちわかりません。アイデアが浮かんでも今一歩踏み出せないでいる自分にモヤモヤ感炸裂です。自分でもなぜこんなに籠っているのかと自業自得といえど、あきれます。
 まず、これらを生業に出来る可能性があるのでしょうか? 音楽、絵、ファッションの融合体が私自身はしっくりくるのですが、欲張り過ぎでしょうか? とはいっても人生を悲観している訳ではないのです。自分をカタチにしたくてアドバイスいただけたらと思い応募いたしました。よろしくお願いいたします。

--

ニックネーム:マゼンダ
生年月日:1969年5月7日
生まれた時間:午前11時28分
生まれた場所:埼玉県志木市


■回答

 生まれた歳からすると、今が44歳で、46歳から木星の年齢に入ります。この木星は、金銭収入とか、もの、ファッション、美意識などの2ハウスにあります。ですから、そろそろ、収入に結びつくという方向に向かいやすいです。
 マゼンダさんの太陽は、牡牛座の17度で、これはものまねでなく、自分独自のセンスを発揮して、表現するという性質ですが、問題は太陽が、いわゆるグランドトラインという大きな三角形のアスペクトを持っているくせに、それを外への表現力へと刺激するアスペクトの要素がないので、安きに流れてしまうような感じを持っていることです。
 しかしいまは冥王星がゆっくりと山羊座を移動して、太陽に120度になるのが近づいていますから、ここに強いエネルギィを与えようとしています。
やがて、冥王星が23度あたりに来る頃には、金銭収入の2ハウスの冥王星、木星、天王星。働く6ハウスの月と、社会的な立場の太陽の大きな三角形ができているところに関与してきます。2017年頃から、このアスペクトができます。すると仕事としては方針が明確になりやすいです。

 問題はマゼンダさんの押しが弱いというか。外に自分の表現したいものを打ち出すという積極性が足りないのですね。これを補うには、相棒なり、協力者なり、ともかく、マゼンダさんの意図を、外に吐き出させるようなきっかけになる人が必要です。
 ホロスコープでいえば、自分と環境、自分と社会、自分と相手という相対するところに、自分を打ち出すのは、真向かいの180度のアスペクトなんですが、それがマゼンダさんは生まれつきありません。そういう人はたくさんいますが、丸くておとなしくていいんだけど、肝心の、何かしたいという時には、大胆さが足りないことになってしまうんです。
 たとえば、牡牛座の太陽に対して180度というのは、蠍座です。太陽は軽く冥王星・木星・天王星や、月と大きな三角形を作っていますが、ここに、するどい180度が入ると、この三角形が、ある方向性を持ちます。自分のところでくるくる回っている三角形が、こんどはどこかに走ろうとするのです。なので、協力者などに、蠍座の17度前後の天体を持つ人などがいると良いです。これは何の天体でも。
というよりも、三角形は三つの頂点のどこに対しても、180度を作るとそこに向かって動くので、ほかに魚座の20度前後とか、山羊座の22度前後とか、なんでもいいので持っている人が来ると、刺激が入ります。
 180度は自分を割ることです。卵を割る。環境の中に自分を裂く。というイメージです。いまのところマゼンダさんは環境の中に、自分を割って飛び込ませていないのです。だから、何かアイデアがあっても、それを実行する場が得にくい。考えているだけになってしまうのです。
「やっちまった。もう戻れない」これが180度の作用が働く時の正直な印象です。後でものすごく恥ずかしくなったり怖くなったりしても、それでも戻れない。これが180度なんです。
「音楽、絵、ファッションで表現することが自分にとって大切なことなんだ」というのは間違いではないですよ。生まれてきた時に、東の地平線は自己表現の獅子座で、その支配星の太陽は、独自性を発揮する牡牛座の度数にあり、しかも社会活動のMCにありますから、まったく間違いではありません。方向は間違っていないので、あとは押しです。