石黒由紀子 犬猫姉弟 センパイとコウハイ

 センパイとの散歩の途中に寄る広場がある。ここを一周しながら、センパイは友だち犬からの手紙(匂い)を読んで、自分の返事を印す。
 3月に入ったある日、センパイが広場からなかなか帰ろうとしなかった。我が家にとって、それは春を告げること。吹く風は冷たいけれど、日射しの中にぬくもりを感じられるようになると、センパイは広場や公園でだらだらだらだら過ごしたがる。「もう、帰ろうよ」と言っても、ぐいと脚を踏ん張り「いや、まだもうちょっと」と主張するようになるのだ。
「春がもうすぐ来るんだな」そう思いながら、綱引き(リード引き?)をしていたとき、西陽に照らされたセンパイの顔に、私は見かけぬ陰影をみつけた。「ん?」気になったけれど、被毛の流れか日光の加減でそう見えたのかも。
 家に帰って、「あぁ、そういえば」とセンパイの顔を確認すると、右目の下にポチッと小さなできものができていた。「あれれ、センパイ、またポチッができたよー。早く引っ込めてね」、以前にも同じようなものが出来たことがあったのだ。

 実はこれで3回目。最初は1年半ほど前におでこにできた。慌てて病院に行くと、先生は「まだ小さいので、様子をみましょう。大きくなるようだったらまた来てください」。私があまりに不安そうにしていたのか「飼い主が気にし過ぎると、犬も気になってしまいます。触わりすぎるのもだめですよ」と付け加えた。心配したが、それから5日くらいしたらできものは跡形もなく消えていて、我が家では歓喜の踊りをみんなで踊った。

 2回目は半年前で、その場所は右後ろ脚の上。1回目のポチッは小さくて硬質な感じのものだったか、今度のは前より大きくてふんにゃりと盛り上がっていて瘤のよう。また慌てて病院へ馳せ参じると、先生は前回と同じことを言った。そしてやっぱり5日くらいしたら瘤は消滅。歓喜の踊り、踊ったかどうかは忘れてしまった。

 そして今回。素人目には1回目のポチッに似た感触のものだった。「病院へ行ってもまた同じこと言われるな。これもきっと消えてくれるよね……」そうおっとり構えていたら、ズンズンズン! とポチッが急成長。あれれ、これは大変だ! 

 いつもの動物病院で診てもらうと、先生曰く「短期間で大きくなってる、というのが気になりますね。目のすぐ下なので、良性か悪性かを判断する検査をするにしても麻酔をかけます。検査をして手術が必要となった場合に、もう1度麻酔をして……、ということを考えると、小さいうちに切除手術をするという決断もありますよ。麻酔が1度で済むし、今なら手術の痕も小さくて済みます。来週まで様子を見て、小さくならないようなら、考えましょう」。

 病院から帰るとコウハイが迎えてくれた。彼はセンパイの変化に気づいているのか。感の鋭いヤツだから「あれれ、センねえたんのお顔に、へんなのできた……」と解っているかな。でも天才的に空気を読むので、あえて騒ぎ立てることはせず、盗み食いをしたり棚からモノを落としたりの通常営業。でもそれが、心配でつい重たい心持ちになる私を和ませてくれた。「“病は気から”って言うにゃんか〜!」と、励ましてくれているみたい。
「どお? センパイ、痛い?」センパイの顔を覗く私を、コウハイがキッと覗く。「先回りして、あれこれ心配すんにゃー!」と言っているよう。すみません。コウハイは、どんよりしがちな空気を明るく盛り上げてくれた。

 私は、知人の獣医さんや犬飼いの先輩にアドバイスをもらいながら悩んだ。オットとも話し合い「人間にしたら、目の下に1センチ大の何ものかが出来たということ。温存してあれこれ気にしているなら、切ってしまったほうが、センパイも私たちもすっきりするのではないか」という結論を出した。
 センパイは気にしている様子はなく、痛くも痒くもなさそうなのが救い。しかし「小さくなれ〜」の念力届かず、ポチッはその後も成長。再診までに0.1ミリも小さくなることはなかった。 

 結局、センパイはポチッの切除手術を受け、目下療養中。思えば、昨年、コウハイが梅干しの種を飲み込んで手術したのも3月だった……。あぁ、魔の3月。
 センパイの術後の様子は次回ご報告しますね。

石黒由紀子 犬猫姉弟 センパイとコウハイ

広場から出るのを拒むセンパイ、春先の風物詩
広場から出るのを拒むセンパイ、
春先の風物詩

ポチッはみるみるうちに急成長。結構目立ちますよね。
ポチッはみるみるうちに急成長。
結構目立ちますよね。

「あれ? ねえたん、何かできてますよ」コウハイも気づいた?
「あれ? ねえたん、何かできてますよ」
コウハイも気づいた?

毛流の関係か、前からはあまり目立たない
毛流の関係か、
前からはあまり目立たない

病院にて術前の検査を受ける。「あたち、これからどうなるの?」
病院にて術前の検査を受ける。
「あたち、これからどうなるの?」

無事、帰還したセンパイをコウハイが取り調べ。
無事、帰還したセンパイを
コウハイが取り調べ。

Webマガジン幻冬舎
犬猫姉弟 センパイとコウハイ

石黒由紀子

犬顔犬性格のエッセイスト。ゆるり系エッセイやリコメンドを「CREA」ほか女性誌、愛犬誌、WEBなどで。好きなものは、犬、猫、雑貨、街歩き、音楽、絵本。著書に『GOOD DOG BOOK~ゆるゆる犬暮らし』『なにせ好きなモノですから』『さんぽ、しあわせ。~東京ゆるゆる街歩き』『GOOD DOG GOODS!』『カップル・ストーリーズ』など。

単行本『豆柴センパイと捨て猫コウハイ』発売中!

センパイの 小さなポチッが 大きな不安|石黒由紀子 犬猫姉弟 センパイとコウハイ
Webマガジン幻冬舎 最新号 INDEXバックナンバー

Copyright © GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。webmagazine@gentosha.co.jp