石黒由紀子 犬猫姉弟 センパイとコウハイ

 春は忙しい。動物と暮らしている人ならピンと来ると思うが、春になると狂犬病の注射やワクチンなど、犬や猫のことでやらねばならないことが集中するからだ。毎年、3月の半ばをすぎると区や動物病院からお知らせが届き「あぁ、今年もこの時期が来たか」と思う。

 本来なら4月中には犬や猫を病院に連れて行き、狂犬病予防の注射をして、証明書と区の注射済票をもらうもの。しかし私は、生来のぼんやり。日々の雑事に追われ、ついついタイミングを逃してばかり。GWが終わりその余波も落ち着いた頃になって「せめて5月中には済ませなくちゃ〜」と慌てて病院へ駆け込むのが常。
 今年、センパイを動物病院に連れて行ったのは、5月23日。いつもより長めの散歩の先に病院はある。センパイは「予測を立てる」ということを知らないので「へぇ〜、今日はこっちの道に行くの?」と歩き「なんだかいつもより歩いてなあい?」なんて思いはじめた頃、病院の前に到着。「あれれれ、ここだったのかー」とドアの前で立ち止まり少しだけ「来なきゃよかった」という顔をする。

 病院でのセンパイは極めて優等生。顔なじみの先生にしっぽをブンブン振ってごあいさつ。診療台でうとうと寝てしまうほどリラックスしている。私がセンパイをなでたり話しかけたりしている間に先生が注射を打ってくれるので、痛みや恐怖は感じていないようだ。
 体重を計り、狂犬病のワクチンを打って、フィラリアの検査。陽性であることを確認してからフィラリアの予防薬とノミ予防・駆除薬をもらうのがワンセット。今年も異常なし。特筆すべきは体重が10グラム(!)減っていたこと。
「できれば5月の20日までにはフィラリアの薬を飲ませたり、ノミダニ駆除薬の投与をしたいです。そのことを少し頭に入れておいてくださいね」
 先生にやんわり諭された。

 そしてその足で区役所の出張所に行き「狂犬病ワクチン接種証明書」を提出し、注射済票をもらう。「お!」今年の済票、発行ナンバーが3000番でした。特にこだわっているわけではないけど、キリのいい番号で明るい予感がするというか、なんとなく清々しく気持ちがよい。こうなると、来年も3000番を狙おうかという気にもなるが、いやいや、来年はもっと早い時期に注射に来る(予定)。

 さて今年はコウハイのワクチンも4月の予定。で、またこれもお約束通り遅れて5月の下旬となった。洗濯ネットに入れるまで少々手こずるが、そのあとはコウハイも優等生。洗濯ネットコウハイを肩かけのスリングに入れて自転車で連れて行く。ときどき「コウちゃ〜ん」「にゃ〜」と声をかけ合い、お互いを確認。
 病院に着いて、待合室に犬がいても余裕。どんな大きな犬にも「うちにはセンねえたんがいるんだぞー」と洗濯ネットの奥でメンチを切っている。

 今回の診察は新しい先生だったのに「あ、コウハイちゃんですね。その後、誤飲の心配はないですか」と開口一番。「あぁ、院内で有名なんですね……」と私は心の中でうなだれた。昨年の3月に梅干しの種を飲み込んで大手術したこと、新任の先生もちゃんと知っていた。
 コウハイは診察台にいてもキョロキョロ、あちこちに興味を示す。先生が「ものすごく好奇心旺盛ですね」とニッコリ。「え! 猫って、どの子もこんな感じじゃないんですか」と私が聞くと、「猫もそれぞれです。でも、こんなにいろんなものに興味を示す子は珍しいですね」と先生。
 注射のときでさえも喉をゴロゴロ鳴らしてご機嫌。口内を調べられても「にゃんなの〜?」とおっとり構えて、先生や看護士さんを感心させた。
「コウハイちゃん、健康ですね。体重4.5キロ。太り過ぎでなはいけれど、これ以上太らせないようにした方がいいですよ」と釘をさされた。あぁ、ちょいデブ姉弟センコウ……。

 コウハイのメタボを告げられ、これにて春の犬猫行事もやっと終了。胸のつかえもとれた。また来年ね。それまでセンコウ2匹とも元気で、病院通いをしなくても済みますように。

石黒由紀子 犬猫姉弟 センパイとコウハイ

「あたちをだましたのね〜」ちょっとうらめしそうなセンパイ
「あたちをだましたのね〜」
ちょっとうらめしそうなセンパイ

病院の帰りは公園でサラダバー。ちょっとやけ食い
病院の帰りは公園でサラダバー。
ちょっとやけ食い

世田谷区の済票はシール。アルミ製の犬札に貼り替えます
世田谷区の済票はシール。
アルミ製の犬札に貼り替えます

冬毛のオコジョみたい? コウハイ、病院に行く準備 OK!
冬毛のオコジョみたい?
コウハイ、病院に行く準備 OK!

オラオラビーム〜☆ 洗濯ネットの中からメンチ!
オラオラビーム〜☆
洗濯ネットの中からメンチ!

センパイ、抜け毛の季節。1回のブラッシングでこんなに脱毛
センパイ、抜け毛の季節。
1回のブラッシングでこんなに脱毛

センねえたん大好き! 抜け毛にまで寄り添うコウハイ
センねえたん大好き!
抜け毛にまで寄り添うコウハイ

Webマガジン幻冬舎
犬猫姉弟 センパイとコウハイ

石黒由紀子

犬顔犬性格のエッセイスト。ゆるり系エッセイやリコメンドを「CREA」ほか女性誌、愛犬誌、WEBなどで。好きなものは、犬、猫、雑貨、街歩き、音楽、絵本。著書に『GOOD DOG BOOK~ゆるゆる犬暮らし』『なにせ好きなモノですから』『さんぽ、しあわせ。~東京ゆるゆる街歩き』『GOOD DOG GOODS!』『カップル・ストーリーズ』など。

単行本『豆柴センパイと捨て猫コウハイ』発売中!

うれしくない 春のおでかけ 注射かな|石黒由紀子 犬猫姉弟 センパイとコウハイ
Webマガジン幻冬舎 最新号 INDEXバックナンバー

Copyright © GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。webmagazine@gentosha.co.jp