石黒由紀子 犬猫姉弟 センパイとコウハイ

「早く家に帰って、センパイとコウハイをぎゅーっとしたい!」
 この映画を観たあとに一番最初に思ったことだ。2匹が元気でいてくれることに、まずは感謝しなくては。センパイとコウハイとの日々、その日その日が特別だということを、あらためて思った。家の中、通り道にセンコウがいて「なんでここで寝てるのよ〜? 邪魔だよ〜」なんて言いながらまたいで歩く日常が、どんなにしあわせなことか。震災のときしみじみ思い知ったのに、気がつけばもう緩んでいる。

 6月1日に封切りとなったこの映画、タイトルからもかなりシビアな内容だということが想像できる。「犬や猫が可哀想。動物が好きだからこそ観ていられない」そんな声も聞く。確かにね、その気持ちもよく解る。でも、それで蓋してしまっていいのかな。

 私自身、正直、そう積極的に観たかったわけではないけど、1度観てはなんだか気になって、結局4回観ました。けれど、観終わって「観なきゃよかった」と後悔したことは一度もない。

 1回目に観たときは、犬や猫、牛をめぐる悲惨な情景が脳裏に残り、どんよりとした気持ちになった。しかし、この作品には、再び震災が起きたときに犬や猫をどうしたら助けられるかのヒントがたくさんあるな、とも思った。そして、教訓を活かすことで、震災で亡くなっていったたくさんの命を少しは慰められるかもしれないと。
 
 作品の中で、愛犬を亡くしたおかあさんが「ここ、この柱に繋いだのよ。大きな犬は中に入れちゃいけないって言われて」と涙ぐんでいた。そして愛犬は波にのまれた。そっか、一緒に避難所まで逃げてきても動物は中に入れてもらえないことがあるんだ……。
 私もシミュレーションしてみよう。センパイは大きな犬でもないけど、小型犬とも言いがたい。避難したときに、周囲に迷惑をかけないようにするにはどうしたらいいのかな。センパイ用の避難用ケージを準備して、その中にスムーズに入るように練習すればいいいかな。普段からムダ吠えはあまりしないけど、逆にうれしくて興奮してしまうとこがあるから、気持ちを上手くコントロールしなくちゃ。これは飼い主が勉強すること。センパイが高揚するタイミングなどを見極める練習もしておこう。
 猫は犬よりコントロールが難しい。でもあたらめて知ったことは「非常時に、ペットと離れてしまったら二度と会えない」ということだ。原発避難区域に住んでいて、今も時々帰宅しては、愛猫の行方を探している人が登場していたが、彼の心中いかばかりか。コウハイにはリードを付けて歩ける練習をしたいなぁ(ヒモで遊ぶのが好きなので、リードにじゃれてばかりで歩かない)。犬猫用の避難袋も用意しよう。
 
 つい先日、私の地元の那須塩原でも公開され、宍戸監督や飯田プロデューサーもいらっしゃるというので伺った。そして、4回目にして、劇中はじめて笑いが起こってびっくりした。その場面だけを切り取れば、動物と人とのほっこりしたやりとりで、言われてみれば確かに和むシーンではある。そっか、今までは、スクリーンに映る現実に圧倒されて、笑うことを忘れていたのか。
 栃木県北部は、被災地にも近く避難者も多かった。当時、街には揺れで半壊した建物も目立ったし、その後も原発のホットスポットとして注目を浴びた。震災をリアルに体験しているからこそ、和みを見逃さずに笑えたのかも。どんな状況にも笑いや希望があるといことを気づかせてもらった。

 この映画は、観ただけ心の体力がつく。1回目では、悲惨さややり場のない悲しみや怒りが残る。でも、何度か観ることで、現実の中でやるべきことを見極め行動する人々や、困難を乗り越えて、新たな光りを見いだす姿に勇気をもらえる。けなげに生きる動物たちが愛おしい。
 東京、横浜で公開され、この夏、那須塩原から東北を周り、全国で公開されます。動物愛する全ての人に観てほしい。

石黒由紀子 犬猫姉弟 センパイとコウハイ

『犬と猫と人間と 2  動物たちの大震災』パンフレット
『犬と猫と人間と 2 動物たちの大震災』
パンフレットのかわいいイラストに癒されます

宍戸大裕監督と飯田基晴プロデュサーの舞台挨拶
フォーラム那須塩原で、宍戸大裕監督と
飯田基晴プロデュサーの舞台挨拶。
質疑応答もあり、観客も熱心に聴いていました

上映後、記念撮影
上映後、記念撮影(?)してみました。

我が家で用意した動物用避難袋
我が家で用意した動物用避難袋。
「大事なごはんも入ってるのよー」 by センパイ

コウハイもシミュレーション
コウハイもシミュレーションしています
(睡眠学習)

希望ってうまそにゃ!」
「希望ってうまそにゃ!」
石巻からのかつおぶしとともに

なんでもない日を大切に
なんでもない日を大切に

Webマガジン幻冬舎
犬猫姉弟 センパイとコウハイ

石黒由紀子

犬顔犬性格のエッセイスト。ゆるり系エッセイやリコメンドを「CREA」ほか女性誌、愛犬誌、WEBなどで。好きなものは、犬、猫、雑貨、街歩き、音楽、絵本。著書に『GOOD DOG BOOK~ゆるゆる犬暮らし』『なにせ好きなモノですから』『さんぽ、しあわせ。~東京ゆるゆる街歩き』『GOOD DOG GOODS!』『カップル・ストーリーズ』など。

単行本『豆柴センパイと捨て猫コウハイ』発売中!

縁あって 出会った命 守りたい|石黒由紀子 犬猫姉弟 センパイとコウハイ
Webマガジン幻冬舎 最新号 INDEXバックナンバー

Copyright © GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。webmagazine@gentosha.co.jp