垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』メニュー 垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』読者プレゼントのお知らせ 垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』新聞広告 垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』ちょっと立ち読み 垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』インタビュー&メッセージ 垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』登場人物 垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』あらすじ

垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』特設サイト 人物 登場人物一覧

【宝田家】

静夫(58):夫。仕事を理由に家事や介護はすべて妻任せ。早期退職後に世界旅行を計画中。

東洋子(55):15年にわたり義母の介護続ける主婦。「七十歳死亡法」施行を待ち望んでいる。

桃佳(30):長女。祖母の介護を嫌がり実家をでて寄り付かない。老人ホームでヘルパーとして働く。

正樹(29):長男。一流大学を卒業後、メガバンクに就職するも3年で退社。以来、実家で引きこもり生活を送る。

菊乃(84):義母。息子を「しーくん」と呼び溺愛している。寝たきりだが、口は達者で嫁には我がまま放題に振舞う。

++++

宮沢藍子:東洋子の高校からの友人。大手企業に勤め、独身暮らしを続ける。

福田亮一:桃佳が想いを寄せる同僚。唯一の家族である祖母を勤め先のホームに入居させている。

峰千鶴:正樹の中学の同級生。入院中の父の後を継ぎ<リフォーム・ミネ>を経営している。

沢田登:正樹の中学の同級生。ケンカ別れして交流が無いが、ブログを正樹が一方的に覗き見している。

Webマガジン幻冬舎: 垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』特設サイト

あらすじ登場人物一覧垣谷美雨インタビュー&メッセージちょっと立ち読み新聞広告読者プレゼントのお知らせ