垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』メニュー 垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』読者プレゼントのお知らせ 垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』新聞広告 垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』ちょっと立ち読み 垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』インタビュー&メッセージ 垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』登場人物 垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』あらすじ

垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』特設サイト 物語 あらすじ

垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』特設サイト 2年後、やっとお義母さんが死んでくれる。

 2020年、高齢者が国民の3割を超え、社会保障費は過去最高を更新。破綻寸前の日本政府は「七十歳死亡法」を強行採決する。
 2年後に施行を控え、宝田東洋子(55)は「やっと自由になれる」と喜び感じながらも、自らの人生の残り時間に焦燥感を隠せないでいた。我儘放題の義母(84)の介護に追われた十五年間、懸命に家族に尽くしてきた。なのに妻任せの能天気な夫(58)、働かない引きこもりの息子(29)、実家に寄りつかない娘(31)は、みな勝手ばかり。
「家族なんてろくなもんじゃない」、東洋子の心に黒いさざ波が立ち始めて……。

誰より分かって欲しい家族なのに、
どうしてこの痛みを分かってくれないんだろう。

垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』特設サイト 注目作家、懇親の書き下ろし小説。

Webマガジン幻冬舎: 垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』特設サイト

あらすじ登場人物一覧垣谷美雨インタビュー&メッセージちょっと立ち読み新聞広告読者プレゼントのお知らせ