唐南賀彩生『恋する韓国男子! 知りたかった隣の国のおつきあいスタイル』特設サイト

第5回 ごはんとお天気 唐南賀彩生『恋する韓国男子! 知りたかった隣の国のおつきあいスタイル』特設サイト|Webマガジン幻冬舎

第5回 ごはんとお天気 唐南賀彩生『恋する韓国男子! 知りたかった隣の国のおつきあいスタイル』特設サイト|Webマガジン幻冬舎

第5回 ごはんとお天気 唐南賀彩生『恋する韓国男子! 知りたかった隣の国のおつきあいスタイル』特設サイト|Webマガジン幻冬舎

 日本人なら、おなじみの「お天気の話」ですが、いつもふっていると不思議な顔をされます。もしかすると、「天気が気になって、しかたのない人」に見えているのかもしれません。

 でも、日本人からすると「お天気の話」は無難で便利です。プライバシーにふみこむ危険性はないし、みんなに共通する事柄だし…。ただ「お天気の話」を世間話として認識していない韓国人からすると、「なぜ会うと、いつも天気の話なのだろう…???」という感覚になるみたいです。

 逆に日本人からすると不思議な「ごはんの話」ですが、「やあ、元気?」くらいの挨拶としても使われているみたいです。会話のきっかけとして、「食事はすみましたか?」…という確認の意味できかれる事もあります。
 比べてみると、日本人の世間話としての「お天気の話」も、韓国人の挨拶としての「ごはんの話」も、両方とも会話のきっかけに使われている便利なフレーズです。ただ、ここで文化の違いがでるなあ…と思うのは、人と人の関係性が近い韓国は、人間に共通する本能的行動の「食」を話題に選びますが、人と人の関係性が遠い日本は興味の対象が人そのものから離れて、自然現象に向かうところです。日本人と韓国人。見た目はそっくりなのに、考え方も価値観も違っていて…。「やっぱり、そこがおもしろい!」と感じてしまいます。

唐南賀彩生『恋する韓国男子! 知りたかった隣の国のおつきあいスタイル』特設サイト

Webマガジン幻冬舎
『恋する韓国男子! 知りたかった隣の国のおつきあいスタイル』特設サイト

唐南賀彩生
(からなか たみよ)

漫画家。2002年ミステリー漫画でデビュー。このたび、ブログがきっかけでコミックエッセイを描く。韓国語の勉強中。

唐南賀彩生ブログ

「唐南賀日記 韓国人とまちあわせ」

http://ameblo.jp/karanaka/

唐南賀日記 「韓国人とまちあわせ」

唐南賀彩生『恋する韓国男子! 知りたかった隣の国のおつきあいスタイル』