帯の「30代。OL。文句ある?」というキャッチコピーに思わず手を伸ばしてしまった……。奥田英朗さんの『ガール』です。
これってまさにこの小説に出てくる女たちそのもの!? これが奥田さんの小説じゃなかったら買わなかった? いや、このキャッチコピーでなかったとしても、ちょっと興味を持って買っていた? そんなことまで、思ってしまいます。
 私も去年の誕生日で30歳になりましたので。これといって自分では何も変わったことがなく、30になったんだ〜という実感もないまま誕生日付近を過ごしていましたが、周りがそうじゃなかった!! 年齢を答えると「おお〜三十路突入か〜」と言われ(主に男性より)、普段の会話でも30歳なんだからね!と言われ(立派な大人なんだからね、という意味で)、自分より周りがそういう認識をし始めてくるのにはちと驚いた。ま、実際その通りなんだけどね。
 昔から私の周りには自分より年上の女友達が多く、その中には結婚している人もあり、そうでない人もあり、実家住まい、ひとり暮らし、いろいろタイプがあってその様子を私はじっと見てきている。なので、なんと言うか妹視点から見ていて、色々な話を聞いてきたことで、この先こんなことを思ったり、あんなことを感じたりするんだろう……ということはな〜んとなく想定済みだったと思うけれど、最近想定ではなく実感することになってきているから面白いわ。
 この間お仕事で、
「こう何回も結婚パーティーに出てるとさ、こなれてくるわけよ」
 という台詞をいただいた。う〜ん、たしかに役柄だって変わってくる。でもそれを楽しんでいる。今の自分にピッタリだとさえ思う。思えば、友達姉様達も同じようなことを言ってたっけな〜。そこにどんな本当の気持ちがこめられていたのかは個人の深層心理でわからないけど、恋愛で調子のいいとき、悪いとき、仕事の調子、親の調子で日々変わっていくような気がする。
 この本にでてくる主人公達も、「仕事バリバリのキャリアOL、子供なし」だったり、「独身OL、都内にマンション思案中」だったり、「バツイチ、営業部シングルマザー」だったり。仕事はうまくいっているけれどもなにか、どこか、「女」であるが故の不安や不自由、孤独を抱えていたりする。で・も、『ガール』を読んだ後はそんな自分でいいじゃん、いろいろ落ち込むこともあるけれど私ってなんだか健気で頑張ってるよ! と今の自分を褒めてさえあげたくなるから不思議だ。まるで特効薬。別に30代病という病に冒されているわけではないけれど、確かに20代にはなかった悩みも出てくるかもしれないし、25歳を過ぎたらお肌の調子もケアしていくしかないわけだけど、30代の今だからこそ内容の濃い瞬間を積み重ねられることもあるんじゃないかと思ったりする。じっくり自分について考えたり、将来というものを身近に思ったり。今回は働く30代女性には是非とも「読もうよ!」とお勧めしたい一冊である(この時点がまさに「ガール」的ガールだと実感……たははっ)。
 それにしたって奥田さんの本はいつ読んでもどんなジャンルでもおもしろいですね〜。今回なんて出てくる主人公達は全員女性。なのに途中、これって男の人が書いてるんだよねと思わず感心し、ますますのめりこんで読み進めるほど面白かったです。買って良かった「30代。OL。文句ある?」でありました。
 それでは、また次回お会いしましょう。


黒谷友香

黒谷友香(くろたにともか)
黒谷友香(くろたにともか)1975年、大阪府生まれ。95年、映画「BOXER JOE」のヒロイン役で女優デビュー。その後、CM・ドラマ・映画・ 雑誌など幅広く活躍。主な出演作に03年「魔界転生」、04年「クイール」など。またこの秋、公開の映画「SHINOBI」では、美貌の毒婦、陽炎(かげろう)を好演。

ガール
『ガール』
奥田英朗
講談社刊
定価 本体1400円(税別)