ん?? 猫ストーカー? 
 私の行く乗馬倶楽部エバーグリーンホースガーデンには猫がいる。今日も倶楽部に行くと、受付のところの台の上に寝そべって日向ぼっこを楽しんでいる「ミュー」を発見。そのあまりの可愛らしさに慌ててデジカメを取り出して写真撮影。
 でも猫ってどうもわからない。私は猫を飼った経験もないし、マンション暮らしだったせいか近所に猫がうろうろしていたという環境で育ってもいないので、いまいち猫の魅力、飼うその喜びとはなんなのかがわからない(犬ならよく遊んでいたのでよくわかる。こう書くと猫好きの方からお叱りを受けそうだけど)。
 私がまだ小さい頃の出来事。親戚の人の家に遊びに行った。その人の家は猫を二、三匹(記憶が定かではない)飼っていた(ちなみにその伯母さんのあだなはピンちゃんの伯母さん。ピンちゃんというのが猫の名前で、その肝心なピンちゃんが死んでしまってもあだなはず〜〜っとピンちゃんの伯母さんだった)。いつも家に行くと猫がいたので、小さかった私は猫というか、生き物、動物に会える事自体が嬉しい、貴重な体験でもあったのでいつも少々はしゃぎぎみだったと思う。ハイテンションの子供相手に猫が我慢を強いられるという図式に母の「気をつけなさいよ」という声はいつものこと。そう言われていたにもかかわらず、怖いもの知らずでハイテンションな私が無理やり猫に近寄ったのか、抱き上げようとしたのか、べたべたと触りまくったのか、とにかく何をしてそうなったかは覚えてないけれど、気が付いたら私はおでこをやられていた。鋭い爪で引っかかれていたのだ。そのときの私の叫び声で母親は「何事!?」とびっくりして駆け寄ったら、私のおでこは見事縦一直線に引っかかれ血を滲ましていたらしい。それからというもの、もともと猫があまり好きではなかった母は猫嫌いになった。実家に帰った際にその話が思い出としてたま〜に出てくる。私はその当時の記憶があいまいなので猫嫌いのトラウマにはならなかったけれど、何年か前にした血液検査で猫アレルギーという結果が出ていた。
 エバーグリーンに来ると、沢山の動物達と出会える。馬、ヤギ、あひる、うさぎ、犬……。その子たちは日中部屋にいたり、リードでつながれていたり、小屋にいたり、そのあたりに座っていたり……と常に目に入るところで生活しているから、だいたいの一日の行動パターンをが分かるけれど、猫部隊、ミューとサブは別だ。二匹は放し飼いなので日中どこにいて何をしているのやらさっぱりわからない。部屋の冷蔵庫の上で寝ていたかと思えば、ガーデンの草むらの中でじっと立ち止まって何かに注目している姿を見かけたり、車の下からひょこっと顔をだしたり、どこでどうやって捕まえたのかすずめで遊んでいたり、だだだーっと木に駆け登って必死に爪を研いでいたり……。夕方になれば何処からともなくにゃ〜んと鳴いてご飯を催促しながら寝床のある部屋に戻ってくる。とにかく一日の行動パターンというか、何処で何をして一日を過ごしているのかがわからない。
 猫ってそういうものだけど、じゃあ本当に何をしているのかを調べようという番組がテレビでだいぶ前にあったけれど、人間の入れない、カメラの入れないようなところに猫ちゃんはズンズンと入って縄張り見回りに行くので、その番組でも完全なる追跡成功とはいかなくて、残念に思った覚えがある。恐るべし猫。
 普段そういうことを思っていたので、今回ご紹介する本のタイトル『私は猫ストーカー』は私にとってむむむ? 興味ある〜ってなもので。余談だけれど、「フツウの本では満足できない貴方へ……」という帯コピーを読んだときには、ふと、もの悲しい気持ちになってしまった。というのも、この読書日記に書くための本を何冊も買っては読み、また買っては読みを繰り返し、なかなか「面白い!」と思う本に巡り会わないままで、やっとこさたどり着いた本がこの本だったから。その本の帯に「フツウの本じゃ満足できない貴方へ……」って……。これまでの経緯からして本当にそうなのか、と一抹の不安を感じた私です。
 話を元にもどしましょう。そう、これで猫の一日の行動がはっきりすると思ったのです。著者の浅生さんは大の猫好きで、街に生息する野良ちゃんから、飼い猫ちゃんまでをこよなく愛し、なんと!「猫を探すために」外へでて、猫が見つかったらその猫に気が付かれないように追跡するという趣味(?)の持ち主なのです。追跡するときの注意事項、服装・心構えから猫に取り入るテクニック、猫ストーカーなるものの掟など、猫になんの興味もない方には「???」だけど、猫好きな方にはたまらなく、猫の魅力を再確認できる内容かと思います。私も猫を飼っている女性マネージャーに即行貸すことを決めました。またミューやサブに会ったら注意深く観察してみようかとも思います。猫好きな方、是非!!


黒谷友香(くろたにともか)
黒谷友香(くろたにともか)1975年、大阪府生まれ。95年、映画「BOXER JOE」のヒロイン役で女優デビュー。その後、CM・ドラマ・映画・ 雑誌など幅広く活躍。主な出演作に映画では03年「魔界 転生」、04年「クイール」など。11月11日公開の映画「TANNKA短歌」で初主演。

私は猫ストーカー
『私は猫ストーカー』
浅生ハルミン著
洋泉社刊
997円(本体価格950円)