「インドで迷子になった私を助けてくれた親切なおじさん」「タイで大喧嘩したけど、なぜか気になるアイツ」、あるいは「旅先で話を聞いたけれど、ついに食べることができなかった料理」などなど、時間を経た今となっては、もう一度、再会できる可能性はゼロに等しい「誰か」や「何か」……。
 あなたの記憶にこびりついて離れない大切な記憶を教えてください。どんな異国でも辺境地でも構いません。
 一年間の募集期間の後、応募された記憶の中から一つを選んで、ノンフィクション作家・高野秀行が実際に探しにでかけます!! 下の「応募する」ボタンから、ぜひご応募ください!
〜読者から依頼された記憶〜
ファイル 014:タイで出会ったスーパー小学生
[探して欲しい記憶の時間]2003年9月
[国名]タイ
[都市名]バンコクから2時間の山奥の村
[探して欲しい記憶の人物の性別]男性
[探して欲しい記憶の詳細] 
 大学2年生の夏休みに、だらだらと過ごすのはダメだと思って、親友と2人でなぜかタイにいきました。
 バンコクで放浪していると、友人の母親の知り合いで日本の仏教関係の宗教団体のおじさんと会うことになり、怪しみながらもタダというところに惹かれ彼の団体のスタディーツアーに参加することになりました。行ったところはタイ西南部の山奥の学校でした。そこで、その宗教団体の儀式やなんかをやっていましたが、訳が分からず私たち2人はそこを抜け出して村の子ども達と遊んでいました。
 で、ここからが本題なのですが、その時に小学校5、6年生くらいの男の子が話しかけてきて、絵を描いてくれたり、村を案内してくれたりしました。その子は小学生のはしゃぎぶりがみじんも感じられず、落ち着ききった男の子でした。そばで住民が(たぶん私たちの滞在のことで)もめていると中に入って仲介までしていたスーパー人徳小学生でした。VodafoneとかかれたTシャツを着ていたので、私が携帯の会社なんだよと説明しようとしていましたが、顔に「?」を浮かべにっこりとほほえみ返され、こちらが恥ずかしくなった覚えがあります。
 夕方になって宴会が始まると、人がぞろぞろと集まり、風通しの良い建物の周りには見物客でいっぱいでした。日本から来ている人たちは年配の人ばかりなので若い女性の私と友人二人はとても目立っていました(私の方は色黒で顔が濃いのでタイ人の通訳だと間違われるばかりでしたが)。村の若人?(男性)も集まり初め、盛んに私たちに声をかけようとします。初めは私も年頃の女性だったので注目されるのはうれしかったのですが、だんだんとあまりのうるささに嫌気がさしてくるようになりました。その後若人たちは、私のとなりにいた例のスーパー小学生を何度となく呼び寄せ、何か取り計らいをするように命令(?)しているようでいた。その小学生はスーパー落ち着いているので、難なく対処していたのですが、さすがに四度目くらいになるとうざかったらしく、「もうやめて」というようなことを落ち着きながら、かつビシっと言ったようでその後若人達はあきらめたのか帰ってしまいました。
 わたしは、「おお!」と思い、小学生にもかかわらず惚れてしまいそうなくらいにかっこいいなぁと思いました。
 ということで、このかっこいいスーパー小学生を捜して欲しいです(願わくは私もいきたい)。
 どうぞよろしくおねがいします。

高野秀行より
 やっと、私の行き着けの場所が依頼に登場しました。それもスーパー小学生。
 4年前の小学生5、6年生は今なら高校生。スーパー好青年になっている恐れもあります。西田さんもまだお若いようだし(年寄り口調でスミマセン)、これはなかなか楽しみな再会になるかもしれませんね。

 しかし、ここ、バンコクからたった2時間でしょう? そんな僻地じゃないと思いますよ。今タイは猛烈な勢いで都市化しているし、治安はいいし、村の名前さえわかれば、簡単に行けると思います。

 この際、お一人で行かれたらどうでしょう。私が同行してもお邪魔なだけではないかと危惧します。一人が不安なら別のお友だちと一緒でもいいでしょう。

 スーパー小学生が女子なら私も積極的に参加させていただきたいんですがねえ…。
ファイル 015:牛が主役(!?)の小説
[探して欲しい記憶の時間、国名]小学校3〜4年の国語の時間(日本)
[探して欲しい記憶の都市名]大阪府枚方市
[探して欲しい記憶の人名、物]小説(物語)
[探して欲しい記憶の詳細] 
 今年9月で33歳になる会社員です。私が小学校3〜4年の頃に国語の時間、担任の先生が朗読してくれた小説を探してほしいのです。内容は、あまり覚えていないのですが、たしか朝鮮か韓国の話(童話? 昔話?)で、牛が主役やったかな〜? なんか起こったらネギを食べる場面があったような……ん〜、ほんと正直あんま覚えていないのですが、子供心にすごい変わった話っていうのははっきり覚えていて、もう一度読みたくてすごい気になっています。短編ばっかり入った文庫本やったと思います。こんなんで探せるでしょうか? 何卒よろしくお願いします。

高野秀行より
 これも簡単にはわかりそうにありません。まずご自分で図書館に相談されることをお勧めします。

 牛が主人公で、怒るとネギを食べる……なんて、すごくシュールで面白そうです。見つかったら私にも教えてください。
メモリクエスト Backnumber 〜前号の依頼
ファイル 013:エジプトで出会った(ちょっと怪しげな)アッリ
[探して欲しい記憶の時間]2005年11月
[国名]エジプト
[都市名]カイロ
[探して欲しい記憶の人名、物]アッリ
[探して欲しい記憶の詳細]〜依頼内容を読む
ファイル 012:小学生の頃に母と二人で爆笑した本
[探して欲しい記憶の時間]1980年1月
[国名]日本
[探して欲しい記憶の人名、物]物語(本)
[探して欲しい記憶の詳細]〜依頼内容を読む
メモリクエスト Backnumber 〜過去の依頼
 以下の応募フォームから、あなたの「記憶」をご応募ください。
 これは! というものは、高野秀行がその記憶を詳細に取材した後、実際に探しに出かけます。
 その記憶の状況、人の姿形、場所、時間など、なるべく詳しく教えてください。

※ご応募いただいた記憶は、毎号、高野秀行さんのコメント付きで紹介させていただきます。また、高野さんの触手が動いた記憶については、さらなる詳細を聞きに取材に伺います。
集英社文庫HPにて旅日記連載中!高野秀行オフィシャルサイト