メモリークエスト2 読者からの依頼一覧

Webマガジン幻冬舎: 高野秀行 メモリークエスト2
2011年6月1日 vol.247 ファイル001

ホームステイ時の英語が通じていたのか
聞いてみたい女性(ニュージーランド)

[お名前]343
[性別]女性
[探して欲しい記憶の時間]1999年7月
[国名]ニュージーランド
[都市名]コロマンデル半島のワイヒ
[探して欲しい記憶の人名、物]Jannel Jackson
[探して欲しい記憶の人物の性別]女性

[探して欲しい記憶の詳細]
 高1でNZにホームステイしたときに2週間ほどお世話になったホストファミリー。すごくよくしてもらい、帰国後1年ほど手紙のやり取りをしたが、彼女が頻繁に引越し、かつ手紙の文字が判読できなかったため、宛先不明で手紙が届かなくなり、音信不通に。当時まだEメールが一般的でなかったのが悔やまれる。今年に入り、NZで大地震が起こり、よもや彼女が巻き込まれていないかと心配。もしかしたら彼女も東日本大震災で私が被災してないか心配していないだろうか。それと、いまや全く英語を解さなくなってしまい、ヒイヒイ勉強している自分が、2週間も異国で暮らしたとは若干考えられないので、ホームステイ時の私の英語は果たしてどれくらい通じていたのか聞いてみたい。




探してほしい記憶があれば、ここをクリック!
すでにユニークな依頼が続々寄せられています!


メモリークエスト2 読者からの依頼一覧

高野秀行からのメッセージ
『メモリークエスト』第一弾/全依頼26件
『メモリークエスト』第一弾が文庫になりました!
高野秀行プロフィール

一九六六年東京都生まれ。辺境作家。早稲田大学探検部在籍中に執筆した「幻獣ムベンベを追え」でデビュー。

アジア新聞屋台村』『ワセダ三畳青春記』『腰痛探検家』(以上、集英社文庫)、『怪獣記』『西南シルクロードは密林に消える』(ともに講談社文庫)『世にも奇妙なマラソン大会』(本の雑誌社)、『イスラム飲酒紀行』(扶桑社)など著書多数。

高野秀行プロフィール