メモリークエスト2 読者からの依頼一覧

[お名前]友広 剛
[性別]男性
[欲しい記憶の時間]2010年6月?
[国名]日本
[都市名]広島
[探して欲しい記憶の人名、物]宮島一周ルート

[探して欲しい記憶の詳細]
 二年前、なんとなく宮島の裏側がどんなになっているか気になって、自転車で街とは逆のほうに行ってみました。  なんてことのない見慣れない風景が妙に新鮮で楽しく進んでいたのですが、一体この道がどこまで続いているのか徐々に気になって、すいすいと足を漕ぎ出しておりました。  もしかしたら一周できちゃうかもという淡い欲望も湧いて来ました。  それが、途中キツイ山を登ったり降りたりしているうちにだんだん引っ込みがつかなくなってきました。むしろここまで来てしまいいまさら引き返すという勇気がなくなってきた、という方が正しいのかもしれません。是が非でも一周したくなりました。  さて、確か、2回ほど山を上り下りした先の山の中腹辺りで、突如、ある民家の敷地の前で道が門に塞がれ、一般道としてはここで途切れていました。かなりかなありショックだったのをはっきり記憶しております。  そこではっきり行き止まりだったら、なんてことないのですが、確かその民家の敷地の門の前に電話番号の入った看板がついていて「通りぬけされる方がご一報下さい」と書いてあったと記憶しております。  と言うことは、ここで電話すればその先に進めた、、、?  残念ながら当時の僕はそこで生も根も尽きてしまい、にっちもさっちもいかなくなって、、、それでも野垂れ死にするわけにはいかないので、重い体を引きずって元きた道を戻った苦い苦い記憶があります。  そして当時の僕も今の僕も、そこから先に進む勇気は無いのです。ので高野さんに是非その先の道がどうなっているのか探検してもらいたいです。道なき道の先にもしかして宮島一周するルートが有るのではないかと今でも信じております。  よろしくお願いします。


高野秀行より返信


 インターネットで「宮島一周」と検索すると、たくさん出てきますよ。ご覧下さい。でもいいですね、島一周というのは。宮島は車道歩きが多いらしく、そこが難点ですが。

探してほしい記憶があれば、ここをクリック!





メモリークエスト2 読者からの依頼一覧

高野秀行からのメッセージ
『メモリークエスト』第一弾/全依頼26件
『メモリークエスト』第一弾が文庫になりました!
高野秀行プロフィール

一九六六年東京都生まれ。辺境作家。早稲田大学探検部在籍中に執筆した「幻獣ムベンベを追え」でデビュー。

アジア新聞屋台村』『ワセダ三畳青春記』『腰痛探検家』(以上、集英社文庫)、『怪獣記』『西南シルクロードは密林に消える』(ともに講談社文庫)『世にも奇妙なマラソン大会』(本の雑誌社)、『イスラム飲酒紀行』(扶桑社)など著書多数。

高野秀行プロフィール