なるしまフレンド


 筋肉をつけておかないと、からだのあちこちが故障してくるらしい。
 ヒザが痛んだり、ぎっくり腰になったりする。
 とにかく筋肉のことを忘れてはならないのだと、
 ここのところ立て続けにいろんな人に注意を受けた。
 運動は苦手である。元々どんくさいうえに足の怪我をしたことでさらに鈍さが増し、
 いま私はまちがいなく全身から「運動しないひと」のムードを放っているはずだ。
 自分の二の腕やふとももに、なんだか「老いた感じ」を受けるようになったが、こういった見た目のマイナスポイントも、筋肉をつけることで解消されるなら、ぜひつけたい。かといってエクササイズはなかなか続かない。
 先日、ホットヨガに行ってみた。サウナの部屋でヨガをやるというやつだ。
 足が悪いので出来るポーズだけ参加した。他の人たちよりだいぶラクをしているはずなのに、一時間のプログラムが終わる頃にはもうボロボロになった。
 部屋の四方に置かれた鏡にうつるブザマな自分の姿に、ああこりゃダメだ、とため息が出た。
 そこで、自転車。自転車を始めることにした。
 十年前、よしもとばななさんとおそろいのカッコいい自転車を買ったのに、上手く乗れずあきらめた。自転車、アゲイン。こんどこそカッコよく自転車で通勤するのだ。
 私はバンド仲間でランクル乗りでアウトドア好きのナカダシローに付き合ってもらい、幻冬舎近くの「なるしまフレンド」に向かった。「なるしま」は有名な自転車屋さんらしい。
 そんなお店が小社のそばにあるなんて、ご縁である。
 店に行くと、「なるしま」の社長、鳴嶋勇氏がじきじきに接客してくださった。
 というか店の入り口にたまたまいたのが鳴嶋氏であった。
 真っ黒に日焼けし、全身しなやかな筋肉に包まれた逞しいからだ。レンチをもつ手は指の先端まで鋼のように鍛えられている。そんな鳴嶋社長、もちろん充実のサイクリング人生を送っておられるらしい。

 ーー「何が贅沢か?」って思うことがあるが、自分としては「自由になる時間をたくさん持っている奴」って思っている。ーー(なるしまフレンドHP CEOメッセージより引用)

 同感である。こんな立派なひとが私の自転車をえらび調整してくれたなんて本当にありがたい。
 私はDAHOOというカナダのブランドの軽量自転車を買った。


つづく






色つけ係 いづりん