わたしは普段か弱いイメージとは無縁で、自分が疲れていてもひとからは元気そう! とかいわれてしまう。ただ数年前、急性胃炎になって食べられずガックリやせ細ったときだけは、か弱く見えたようでして。

 当時、胴回りが薄っぺらなわたしに、みんなはやたらやさしく、ご飯をおごってくれたり、チョコレートをくれたり、「大丈夫?」と声をかけてきてくれました。中身は何も変わっていないのに、むしろか弱いってお得! という感じでした。ところが、そんなふうに調子に乗っているとき、初対面のひとに「ばばさんて死神に似てるね」と真顔でいわれ、ハッと我に返りました。頬がコケていたのは認めますけど、ガイコツでもなく死神って……。まぁ病気だったので、ある時点でか弱さがいき過ぎたのでしょう。現在はよくもわるくも元通りです。

 こんなわたし自身の短期間の経験もふまえて、今回は「か弱そうに見える女子」のモテを考えたいと思います。

 ♪キミの細い肩〜白い肌〜濡れたまつげ〜
  キミを守りたい〜ボクはそっと抱きしめたぁ〜〜〜

 これは誰の歌でもなく、わたしが適当に書いただけですが。恋愛ソングではだいたいこのような歌詞が今も熱唱されております。捨て猫にも似た、か弱い女子がモテるんだぁ〜、と単純に早合点しそうにもなる。しかし、です。

 歌詞の世界を出た現実においても、か弱そうな女子が徹夜している姿は人並み以上にがんばっているように見え、か弱そうな女子が特売のトイレットペーパーを両手にぶら下げていたら、セコい印象よりけなげだなって思いがちだろう。また、か弱そうな女子に叱られたら、限られた生命エネルギーを削ってまでオレのことを……、と感謝してしまうかもしれない。
 確かに何をしてもポイントがつきがちで、毎日がポイントデー。とはいえ、この“か弱いポイント”がそのままモテカードにポイントに加算されているか? というと、わたしの場合にはなかった。か弱いだけではモテが足りない??

 “か弱き女子を支持する男子層”についてもっとつめて考えていくと、どこかがちょっと違うかも、と気付きました。「キミを守りたい」などと恋愛フォークソングを歌うような男子に限って本人は精神的な弱さを持っており、めちゃくちゃナイーブ。か弱き女子を好きなオレも弱いという破たん構造なのであり。男子は気持ちの奥の方で、“キミを守りたいオレのことも守ってほしい”し、“むしろオレを守ってほしい”という願望を隠し持っている。
 
 実際に女子が弱々しかった場合の対応も、ナイーブな男子は頼りにならないってのがわたし周辺では常識です。
 風邪をひいて寝込んでも、男子からの風邪薬と栄養ドリンクのセットやら、フルーツゼリーなどのお見舞いは、あって2度まで。3度目は、相手がカワイコちゃんであっても「早く治ってね☆ オレは出かけます〜♪」のメールが来ただけになったといいます。さらにひどいケースとしては、39度の女子に、「ボクもなんだか具合悪くなりそう」と自分の調子が悪いアピールをしてきた男子もいました。アンタは人としてダメだろ。
 そんなダメーな部分も持ち合わせた男子を、守ってあげられちゃうタフな女子がモテモテなんです。さらに、か弱そうに見える女子に限定で、モテカードにポイント大量加算。

 こうしてナイーブ男子に関して掘り下げていくうちに、「か弱そうに見えて、強い女子求む!な男子層が厚い」という事実にたどりつきました。わぉ、都合のいい意外性を女子に求めがちな男子ならではの身勝手な要望。「チッ、古いわ」と舌打ちしつつも、『か弱そうに見えて、精神的&肉体的に強い女子☆』モテニーズここにあり、ですわ。 
『か弱く見えてるつもり』