ホノルルマラソン参加決定!


いきなりですが、キモチいいっー!!(←意味不明)

 今初めて新しいVAIOタイプTで原稿を打ち始めたんですが、これは超キモチいい。この大きさのノートPCで、ここまで打ちやすいキーボードに出会ったのは初めてです(←そういうことね)。手の乗っけ具合も、キーボードをたたく指先の感覚もカンペキ(画像A)。ボクは今までバイオZのキーボードが一番打ちやすかったんですが、今回のTはそれに匹敵します。もちろんZはサイズ自体がTよりもひと回り大きいので、打ちやすいのは当たり前って言えば当たり前なんですが、キーを打ち込む瞬間の感覚とはね返り具合がとにかくZは絶妙だったんです。しかし今回のTはそれ以上に打ち込む瞬間、そしてはね返る瞬間がキモチいいんです!(←そーなんだ) そして今回最大の変更点であるモニター! これもヤバイ。液晶が薄くなったのはもちろんのこと、それでいて以前より見やすくなってます!(画像B) さらに薄くなったにもかかわらず、サイズが前回のタイプTより少し大きくなっているんです(画像C)。「そんなちょっとしか変わらないじゃん!」とお思いの皆さん、違うんです。左右の幅が約1.5センチ広がっただけで抜群にモニターが大きく感じられるんです!(←力説しすぎ) とにかくノートPCで小さくて薄くて軽くて、しかもそれを原稿を打つためやネットを見るために使いたいひとには絶対おススメです(←太鼓判)。

画像A
画像B
画像C


 えー、次はあまりキモチよくないお知らせです(何?)。実はワタクシ中西哲生、2005年12月11日に行われるホノルルマラソンに出場が決定してしまいました!(←えーっ!) ことの発端はナイキの方たちとの食事(お酒)の席です。

「哲生さん、何か新しいことやりましょうよ」
「新しいことって最近ゴルフもやってるし、これ以上何やるんですか?」
「年末にホノルルマラソンがあるんで、それに出ませんか?」
「いやいや、ちょっと待ってください! そんな42.195キロなんて簡単に走れる距離じゃないですよ」
「確かにそうなんですけど、ちゃんと練習すれば大丈夫です」
「たしかに走ることはすべてのスポーツの基本だし、マラソンもいい経験なのかなー?」
「じゃあ、とりあえず決定!! 色々動き始めてみます」
「でもまだ分かんないでしょ? どうなるか」
「そうですね。哲生さんのスケジュールとか色々調整が必要なんで」

 これが7月末ごろの会話です。この時は、今年はトヨタカップも世界クラブ選手権に移行するので、年末は結構忙しいから「難しいだろー」と勝手に思っていたんです。しかし......最近ボクのホームページでマネージャー日記をスタートさせたイカリくんが先週、「テツオさん、ホノルル出場決定しました!」といきなり言ってきたんです。「あっ、そうなんだ......」とその場は軽く流したんですが、冷静に考えてみるとフルマラソンなんてハンパな気持ちじゃ当然無理。しかも人生今までで、一番長く走った距離はたったの10キロ(汗)。ヤバイ、ヤバ過ぎる!! なんとなく「フルマラソンなんてあり得ないだろっ!」と思っていたボクは、やっと現実的に物事をとらえることに成功(←アホ)。本番まですでに二ヶ月半を切っていて、マジで焦ってます(←確かにヤバイ)。この『WEBマガジン幻冬舎』で連載をやってる甘糖さんでさえ、現在はまだトレーニング中で本番のロンドンマラソンは4月。オレは大丈夫なのかーーー!(←普通ダメでしょ。そりゃ)


画像D


画像E

 そんなボクは心を落ち着かせるために、とにかくナイキランニングチームの方々と第一回ホノルルマラソンミーティングを行いました。しかし落ち着くどころか話を聞けば聞くほど、逆にマラソンの大変さとトレーニングの重要さを痛感(←当たり前だ!)。とにかくもうトレーニングするしか方法はないってことで、まずはランニングシューズ(画像D)とウェア(画像E)をセレクト。さらにO脚矯正に使っていた靴のインソールもマラソンシューズ用に特別に作成! 今週中にはそのシューズとインソールもやってくるので、来週からトレーニングを始めることができそうです(←めでたし、めでたし)。しかしいくらボクが元プロサッカー選手だからと言っても、引退してからもう5年も経ってるし、走ったこともない42.195キロをホントに走りきることができるのか心配です(←っていうか読んでるひとの方が心配してるはず)。とにかくこの買い物WC2でもこの模様は随時お伝えしていくつもりだし、以前ここでも紹介した『フイナム』というファッションWEBマガジン(http://www.houyhnhnm.jp/)でもボクを追っかける予定なので見てみてくださーい(←悲壮感なし)。

 さてやっと買い物の話です。最近買い物以外のことで色々ありすぎておろそかになってますが、いよいよ買い物秋冬の陣スタートです!(←意味不明) まずはこのタイプT。今回はソニーさんから頂きました!!(←パチパチ) 銀座に行った方々からは、ソニービルのビルの側面に貼ってあるボクの広告の写真がデカ過ぎるとか批判されましたが(←ホントに大きかったんです)、一応ちゃんと仕事はしたので頂きました。去年のCMで頂いたモノは親父にプレゼントしたんですが、今回はボクが絶対使いたいので、自分で使います(笑)。ちなみに親父もずっと前から使っていたパソコンが壊れたらしく、変わりにボクが以前買ったタイプSのフルスペックモデルをプレゼントしておきました(←一件落着?)。

 そして服です。ちゃんと服もバリバリ買ってます! まずはこの季節にピッタリのカットソー。このブランドはまだあまり知られてませんが、僕はすごく好きです。イタリア製なんですが、アメリカっぽい。ブランド名はバンド・オブ・アウトサイダーといって(画像F)、キレイ目系なんだけど、ちょっと古着テイストなんです(画像G)。このカットソーは袖が七分袖で、その袖丈も絶妙(画像H)。さらに裾の長さもちょうどいい感じです(画像I)。あまりに良いので、当然違う色も買いました(←またかいっ!)。ワインレッドっぽい色は今期のマストカラーのパープルに近い感じです(画像J)。そしてボクの大好きな色オリーブ(画像K)。ちなみにマラソングッズを選んでる時に着ているので、袖丈と裾丈は画像をチェックしてください。お値段はちょっと高くて5万8千円(←高っ)。でもこれからの季節、超おススメです。バーニーズニューヨークにて購入。さらに、ここのシャツもかなりいい感じなんですが、それは今月の発売の雑誌『Mens Club』にボクが登場してレコメンドしてます。良かったら見てください。

画像F
画像G
画像H


画像I
画像J
画像K


 さぁここから今期のアウターです(←もう?)。今期も去年大活躍したダウンをメインに着ていこうと思ってます。そこでまず今年の秋冬で最初に買ったのはこちら(画像L)。どうですこの絶妙なカラー。画像ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、これはパープル(←へぇー 画像M)。ちょっと茶色っぽい深めのパープルなんです(画像N)。ちなみにここのブランドは昨シーズン着倒したデュベティカのダウン(画像O)。もともとモンクレールに居たひとが独立して作ったブランドなので、そのクオリティーはお墨付き。また素材自体は光沢感がありながらもつや消し気味で(画像P)、ラインもタイトなのでジャストサイズで着た方が絶対にカッコいいです! 昨シーズン買ったこの明るいグリーンは今期でも十分イケます(画像Q)。 お値段は8万円ぐらいと少し値は張ります。ただアウターですし、是非とも欲しい一着。ユナイテッドアローズで買ったんですが、去年も速攻売り切れたのでお早めにどうぞ。ちなみに今期はこのパープルの他に、去年のグリーンより少し暗めのグリーン。さらにクリームとグレンチェックがあります。そして春夏のモデルなんですが、ボクがこの秋冬に着ようと思って買ったおいたダウンがこちら(画像R)。この白が表なんですが、実はこのダウンはリバーシブル。個人的にはこの裏の紺色の方で着たいなと(画像S)。一番気に入っているのが、この背中のデザイン(画像T)。モンクレールのMが大きく入ってるんです。裾丈も絶妙の長さでこれから大活躍してくれそう!

画像L
画像M
画像N


画像O
画像P
画像Q


画像R
画像S
画像T


 最近はかなり気温も下がってますし、これからはオシャレするのに最適な季節! 皆さんも売り切れる前に是非買い物行ってみてくださーい。ただくれぐれも風邪には注意です(←間違いない)。










中西哲生プロフィール
中西哲生プロデュースポロシャツ通販開始
中西哲生著者広告近影
著者広告近影
最近新聞の全面広告にたまに出てます。ただ写真は出てないので、
これで広告になるのかちょっと不安(←出ない方が良いんだって!)

スポーツジャーナリスト。1969年9月8日、愛知県名古屋市生まれ。プロサッカー選手として、名古屋グランパスエイトを経て、川崎フロンターレへ。2000年末をもって現役を引退。現在は、日本テレビ『ズームイン!!スーパー』でスポーツキャスターを務め、TBS『サンデーモーニング』『筑紫哲也のニュース23』(毎週月曜日サッカー23)、テレビ朝日『Get Sports』『NANDA!?』、フジテレビ『ジャンクスポーツ』などの番組ではコメンテーターを務めている。またライターとしても、雑誌『Number』『Number Plus』などに執筆中。著書には、『魂の叫び』『ベンゲル・ノート』(幻冬舎刊)がある。伝説の連載『買い物ワールドカップ』復活にあたり、これまで以上に買い物しまくる覚悟。