青とイチョウに一目惚れ。


 前回、いきなり今年12月のホノルルマラソンを走ることが決定したことはお伝えしたんですが、その途端たくさんの励ましメールを頂きました。本当にありがとうございます。ただそうしたメールをもらうたびに不安は募るばかり(?)。果たしてボクが本当に42キロも走れるのか、そうこうしているうちにあれからもう二週間が経ちました。本番まであと二ヶ月を切り、順調に練習も進んで……ません!!(←何やってんだぁぁぁ) 実はまだ一度も練習してないんです。助けてー!(←アホ)


画像A

 いい訳させてください(←どうぞ)。実は右足首の調子が良くないんです。何でサッカー選手でもないのにケガをしているかというと、最近サッカー教室でサッカーを教えたり(画像A ちなみにこれは大分です)、鹿島アントラーズのファン感謝デーのエキシビジョンマッチに出させて頂いたりと結構サッカーをやってるんです。その時どうも少し足首を捻ったらしく、歩く分には何も問題はないんですが、走ると痛みが出るんです。もともと右足首はボクの爆弾とも言える場所。実は引退を決意したひとつの理由も、「右足首を手術しなければ、痛みと付き合いながらプレーするしかない」とドクターから言われたからなんです(←そーなんだ)。そんなこんなでまだ1キロたりとも走ってない状態。こんなんで本当に大丈夫なんだろうか?(←ダメに決まってるだろっ!)

 そんなダメダメなボクに朗報が。ついにマラソン用のランニングシューズがナイキから届きました!(画像B) シューズの名前はエアズームカタナ。なぜ二色あるかというと、シルバーの方はノーマルなんですが、ホワイトの方は若干幅がワイドになっているんです(画像C)。どっちを履くかはまだ決めてませんが、フツーにワイドバージョンが買えるとはちょっとビックリしました。サッカーのスパイクで違う型の幅が広いモノはあるんですが、まったく同じ型のワイドバージョンってないんです。もともと日本人は足の幅が広いので、これはうれしいです。さらに厚さもあるし、長い距離を走ると靴の中はかなり高温になるんですが、アッパーのメッシュ部分はもちろん、ソールの部分も空気が抜ける構造になっていてムレ対策も万全(画像D)。

画像B
画像C
画像D



画像E


画像F

 ソールはどれぐらいの厚さにするか悩んだんですが、ナイキの方のススメもあり、薄すぎず厚すぎず、中間ぐらいのズームエアの入ったソールにしました(画像E)。本物のマラソンランナーのように薄いソールだと軽いらしいんですが、42キロも走ると普段から鍛えてないボクらには、足首やヒザ関節に負担が掛かってしまうということなんです。さらに特注インソールも完成(画像F)。これはボクがO脚矯正のため、今年の4月から使っているモノのマラソンシューズバージョンです。足型を取って、さらにボクの身体を見てくれているトレーナーが左右に掛かる体重をフラットにするため工夫を施しています。4月からボクの足裏に掛かる体重がバランスが良くなるたびに少しずつ改良を重ねていて、これが第四世代です(笑)。ちなみに今はスニーカーにも、サッカーシューズにも、ゴルフシューズにも入れてます(←入れ過ぎ!)。

 走るためのギアは揃いつつあるんですが、問題はとにかくボクがまだ一度も走っていないこと(←間違いない)。右足首も治療でだいぶ良くなってるし、次回の更新までには絶対走ります……多分(←っていうか走らなきゃホントにマズイだろっ!)。

 マラソンの話はこれぐらいにして、このコラムは一応(?)買い物のコラムなので、そろそろ買い物の話を。今回は前回に引き続きニットをゲット! これからの季節に大活躍してくれる薄手の長袖ニットです。どうですこの色!(画像G) なんて言ったらいいんでしょうか? イチョウ色? 黄色と黄緑の中間ぐらいの色なんですが、本当にすばらしい色です。カタチは裾があまり絞られていないボク好みのタイプ(画像)。ちなみになぜボクがいつも裾の形状に気を使っているかというと、裾が絞られているタイプだと親父っぽくなってしまうからです(←確かに)。裾が絞られてないタイプを選ぶだけで、中にシャツだけでなく、Tシャツなんかを合わせてもスタイリッシュに見えるのでおススメです! さらに以前登場したクルチアーニのニット同様、小さめのVネック。いい感じです。今年の夏もニットポロが大活躍したジョン・スメドレーのモノ(画像I)で着心地もグッド、値段は2万5千円ぐらい。

画像G
画像H
画像I


 さらに色違いもトーゼン買いました(←またかいっ!)。大好きなターコイズ、そしてカーキもいいでしょ?(画像J) さらにさらにあまりイチョウ色が良かったので、丸首も買ってしまいました(画像K)。あとは今年のマストカラー、パープル(←買い過ぎだから! 画像L)。ボクは銀座のジョンスメで買ったんですが、伊勢丹とか色んなところで買えると思います!

画像J
画像K
画像L


 さらに最近のベストバイはこちら!!(画像M) バーニーズニューヨークオリジナル鞄です。この色、とにかく最高です。完全に一目惚れしました(笑)。こういうビジネス鞄って無難な色が多いんですが、これは冒険してます! ただブルーは、黒でもグレーでも茶でもとにかくどんな色のスーツにでも合う、実は万能の色なんです。さらにこれはスーツだけではなく、ジャケットにデニムというスタイルにも十分オッケー。カタチもカッチリしてるんですが(←スーツにも合う理由)、上部のラインが微妙なカーブを描いていて(←ジャケットにも合う理由)、スンばらしい出来栄えとなってます。マチも結構あってパソコンも十分に収納可能(画像N)。中は軽くヌメったベージュの革を使っていて、手触りも抜群です(画像O)。気になるお値段は10万5千円(←結構します)。ちょっと高いとは思いますが、これだけ良けりゃ、買うしかないでしょう! ブルーの他にも茶色と 黒に微妙に青みがかった白ステッチのモノ(←これもかなりおススメ)がありました。売り切れる可能性大なのでお早めに。

画像M
画像N
画像O


 秋冬は何かとダーク系の服を選びがちですが、その中にこういうブルーの鞄とか、↑のイチョウ色(?)ニットのようなキレイ目の色を持ってくるのがポイント。皆さんも自分好みの素敵な色の服、鞄、靴、マフラーなどを探してみてください。きっと外出するのが楽しくなりますよ!









中西哲生
ゴルフの調子は現在スイング改造中のため、絶不調(泣)。あの超有名な中島常幸プロにも、ラジオ収録の合間に教えて頂きました(中島プロ、後ろ姿で申し訳ありません!)。
中西哲生プロフィール
中西哲生プロデュースポロシャツ通販開始
スポーツジャーナリスト。1969年9月8日、愛知県名古屋市生まれ。プロサッカー選手として、名古屋グランパスエイトを経て、川崎フロンターレへ。2000年末をもって現役を引退。現在は、日本テレビ『ズームイン!!スーパー』でスポーツキャスターを務め、TBS『サンデーモーニング』『筑紫哲也のニュース23』(毎週月曜日サッカー23)、テレビ朝日『Get Sports』『NANDA!?』、フジテレビ『ジャンクスポーツ』などの番組ではコメンテーターを務めている。またライターとしても、雑誌『Number』『Number Plus』などに執筆中。著書には、『魂の叫び』『ベンゲル・ノート』(幻冬舎刊)がある。伝説の連載『買い物ワールドカップ』復活にあたり、これまで以上に買い物しまくる覚悟。