青とイチョウに一目惚れ。


 ウダウダしてるともう11月。ヤバイ! ヤバ過ぎる!! こんな状態でフルマラソンをちゃんと走れるんだろうか?(←走れません)

 そんな不安を拭い去るにはとにかく練習しかありません。ということで、ホノルルマラソンまで二ヶ月を切った10月20日、このコラムではもうお馴染みの蔡さん(フイナム編集長)と駒沢公園でついに初練習(←遅すぎ)。そして走る距離は最初ということもあって、一周2.15キロの周回コースを五周。つまり11キロ弱を走ることにしました。前日は仕事関係の打ち合わせしながらの食事会だったのでお酒を飲んでしまい(←意志弱っ!)、さらに空きっ腹で走る訳にはいかず、走る一時間前での食事という最悪のコンディションとなってしまいました(←自業自得です)。

 しかし走り始めると最初は蔡さんと会話しながら普通に走れたので、「おっ、オレも結構イケるじゃん!」(画像A)と思ったのもつかの間、三周目以降は蔡さんと会話することすらできず無言(画像B)。終わった直後はもうボロボロ(画像C)。ちなみにタイムは一周11分から11分30秒の間ぐらいで走っていたので、五周で56分30秒ぐらいでした。蔡さん曰く、「何も練習してないのに、いきなりこのタイムで走れるのは凄い!」という言葉だけが唯一の救い。ただこれをあと3セット走らないと42キロには辿りつかないことを考えると、気が遠くなりました……。

画像A
画像B
画像C



画像D

画像E

 ちなみに目標タイムである4時間半を切るには、一キロ約6分のイーブンペースで4時間12分ちょい。今回の11キロはそれよりも早いペースだったので、まだ可能性はあると思うんです。ただずっと同じペースで42キロ走ることは相当厳しいと思うので、もう練習するしか方法はありません(←当たり前だ!)。あとこの日の収穫は本番で走るシューズを決められたこと(画像D)。エアズームカタナのノーマルかワイドか悩んでいたんですが、ノーマルにすることに決めました(画像E)。それから走った後、足の親指に少しマメができてしまったんですが、これは蔡さんのアドバイスによると、五本指ソックスを履けば解消できるとのこと。至急ナイキの方に送って頂くことになりました。

 そんな中、今現在の悩みはとにかく練習時間が取れないこと。ということで、この二週間も色んなところ行きました。まずは同志社大学田辺キャンパスのある田辺で、同志社大学体育祭のトークショー。さらにその日は、東京駅からそのまま日テレに行って『サカTETSU』(BS日テレ)のナレーション二本撮り(画像F)。またニコスカードの会員に配られるニコスマガジンの、「中西哲生と行く湘南ドライブ」という企画のため、葉山、逗子などで、二日間のロケ。昔懐かしい縁側で美味しいコーヒーを飲んだり(画像G)、江ノ島を眺めたり(画像H)、逗子マリーナで撮影したりしました(画像I)。ボクはプライベートでもよく湘南に遊びに行くんですが、そこでいつもお邪魔するのが、このピッコロ・ヴァーゾというイタリアン!(となりは店長の堀さん。 画像J) 手に持っているのが、この日のパスタランチ、しらすとタンポポの葉のパスタ(画像K)。激ウマでした!(画像L) 自分で切り分ける(画像M)しらすのピザもヤバいです(画像N)。

画像F
画像G
画像H

画像I
画像J
画像K

画像L
画像M
画像N


画像O

 あと今は学園祭シーズンということで、埼玉の本庄第一高校にも講演に行ったし、熊本の九州看護福祉大学にも行ってきました!(画像O) これ以外にも生番組、ロケ、取材、インタビューもあって走る時間が本当にほとんどないのが現状です。ただその合間を縫って、なんとか15キロを二回走り、これで練習回数は二週間で三回。蔡さんに「一週間に二回は走らないとキツいよ!」と言われたんですが、今のボクではこれが精一杯。如何せん久しぶりに本格的なトレーニングしているので、スケジュールうんぬんより身体がキツくて毎日筋肉痛と戦っています(笑)。


画像P


画像Q

では買い物です。今回は結構ビッグな買い物をしました。その前にまずは久々に買ったネックレス(画像P)。先日名古屋の高島屋でファッショントークーショーをやったんですが、その合間に見つけました。ティファニーのアトラスモデルの新作らしいんですが、実はこれレディースなんです。ボクが選ぶネックレスの条件はとにかくシンプルなモノ。これはすごーくシンプルですし、大きさもいつもしているクロスのモノより少し小さいぐらい(画像Q)。ただレディースだったのでチェーンが短く、もともと付いていたものを外して錆びないホワイトゴールドのチェーンを自分で付けました。値段はシルバーだったこともあり、1万8900円というお値打ちプライス。最近よく付けてるので、テレビなどでチェックしてみて「良いなぁ」と思ったら、是非買ってみてください!

 そして今回の目玉はこれです!(画像R) ゴヤールのクリスマス限定カラーの鞄(画像S)。ゴヤール(GOYARD 画像T)というブランド自体まだあまり知られていないんですが、実は知るひとぞ知る、パリの伝統ある名門鞄ブランド。もともと色は黒や茶などベーシックなカラーしかないんですが、今回はクリスマスということで表参道にあるラブレスが別注したのが、こちらのモデル。この他にもトートバック、ショルダーバックなどもあります。これはアンバサードというモデルで、幅42センチでマチも12センチあって色んな書類、パソコンを入れるにはちょうどいい大きさ(画像U)。中はオシャレなイエローで(画像V)、ポケット、チャックもあって収納しやすくなってます(画像W)。鞄自体も軽いし、中に色々入れてもあまり重くなりません(←重要)。またボクは基本的に柄物の服は着ないので、この鞄をアクセントにしています。前々回登場したバーニーズの青いバックのときにも説明したんですが、青はどんな色にも合う万能カラー。めちゃめちゃ気に入ってて、最近はこればっかり持ってまーす。あまりにいいのでトートバックも買いたくなってます(←またかいっ)。ただ問題はお値段。はっきり言って常識外れです(←ゴヤールの方々、すいません)。この鞄でなんと24万4335円(!)。でもホントにすっごくいいんだもん!(←子供) 年末までにもう一個買ってしまいそうな自分が怖い(笑)。

画像R
画像S
画像T


画像U
画像V
画像W


 とにかくこの青や明るい色はクリスマス限定なので、財布とか欲しいひとはすぐに買いに行った方がいいと思います。ちなみに女性にも人気があるので、クリスマスプレゼントにも最適です!(←高いけど……)









中西哲生プロフィール
中西哲生プロデュースポロシャツ通販開始
中西哲生
今回の湘南ドライブのロケで凛林という中華のお店にも行ったんですが、そこでオーナーシェフのリンさんにこんなものを作ってもらいました! 哲生はサツマイモで、中西哲生は大根で出来ています! 中西哲生は大根なので生で、さらに哲生という名前は揚げて(↑)もらって自分で食べました。

スポーツジャーナリスト。1969年9月8日、愛知県名古屋市生まれ。プロサッカー選手として、名古屋グランパスエイトを経て、川崎フロンターレへ。2000年末をもって現役を引退。現在は、日本テレビ『ズームイン!!スーパー』でスポーツキャスターを務め、TBS『サンデーモーニング』『筑紫哲也のニュース23』(毎週月曜日サッカー23)、テレビ朝日『Get Sports』『NANDA!?』、フジテレビ『ジャンクスポーツ』などの番組ではコメンテーターを務めている。またライターとしても、雑誌『Number』『Number Plus』などに執筆中。著書には、『魂の叫び』『ベンゲル・ノート』(幻冬舎刊)がある。伝説の連載『買い物ワールドカップ』復活にあたり、これまで以上に買い物しまくる覚悟。