第203回 ウチは鮭といくらが入ってます



皆さん、あけましておめでとうございます!! 今年も『買い物ワールドカップ2』、よろしくお願いします。 まずは初日の出から!

東京半蔵門、東京FMからの初日の出です。元日もオンエアがあったんですが、しっかり拝むことができました。今年も一年、頑張ろう!!


元日ということで、おせちの差し入れがありました。豪華です。今年も高橋万里恵並びにスタッフと、クロノス頑張っていきますので、どうかよろしくです。ちなみにクロノス始めて今現在、3年9ヶ月。もうすぐ4年かぁ……。



元日の午後は、モチロン天皇杯決勝。青空、快晴!!


決勝は、ガンバ大阪と柏レイソル。元日の国立競技場は気持ち良いですね。


おめでとう! 柏レイソル!! ACL、頑張って下さい。なんとかJリーグのチームに優勝して欲しい!!



年末年始も有り難いことに、ずっと休まず仕事でした。そこでも、色んな方にお会いしました。

現在はドイツでプレーしている、なでしこジャパンのストライカー、大儀見優季選手。めちゃめちゃマニアックな話で盛り上がってしまいました。二人でボール蹴って色々話したんですが、サッカーの技術系って話が尽きないです(笑)。


サッカー界の大先輩、松木安太郎さんと会ったのも年末の同じ日。松木さんとはボクが高校生の頃から付き合って頂いているので(笑)、かれこれ25年以上もお世話になってます。25年前も今も、めちゃめちゃ面白くて優しい方です。


さらに年末、ナント! 小林可夢偉さんにも、クロノスに出演して頂きました。話が本当に面白かったです。やはり300キロを超えるスピードでマシンをコントロールしているひとの話は半端ない。一番印象に残っている話は「どんなトレーニングをされているんですか?」と伺ったところ、「F1に乗るのが一番のトレーニングだけど、それ以外であればエアロバイクで脈拍を140、150くらいに上げて、最高速のテトリスをやること」と話していたことです。色んな意味で納得した瞬間でした。



ではでは、今年一発目のお買い物です。その小林可夢偉さんとの対談の時にも着ていたニット。

このコラムでブレイク前からずっと紹介しているルトロワです。赤が目立つ色目なんですが、このニットのポイントは紺です。実は赤と黒に見えるんですが、黒ではなく紺なんです。これが絶妙で、赤をより品良く見せてくれてます。


こちらもチャコールグレーと黒に見えるんですが、チャコールグレーと紺。良い感じです。


カタチはもちろんリブの切り返しのバランスも最高で、抜群の着心地。今年は寒いので、どうしてもタートルネックに目がいってしまいます(笑)。


さらに、これはライトグレーとグレー。そうです、三色買い(←またかいっ)。この色も良いです。


赤紺は普通に買ったんですが、その他の二色はバーゲンで買いました。まだ残ってるところもあるかもです。お早目に。



2013年、最初のバッグを買いました。ここでも以前紹介したアニアリ、めっちゃ気に入ってます。このカタチとサイズ感、そしてオリーブという色目。黒系でも茶系でも、服を選びません。


ファスナーもシルバーで、服に合わせやすい。しかも半分づつタテに分かれていて、さらに片方は二つにファスナーが別れてます。


また外側の片方のサイド、両面に小さなポケット付き。これも重宝してます。


裏もしっかり鋲があるので、どこでも気にせず置けます。


内側もオリーブに合わせてカーキ。完璧です。アニアリのちょっと小さめボストン。他にも黒、茶などなど、色んな色があったので、ネット検索してみて下さい。かなりオススメです!!









著者が食べたお雑煮近影
やっぱり正月はお雑煮です。ウチは鮭といくらが入ってます。
ゆずもポイントかも。お餅が止まらん(笑)。
中西哲生プロフィール
中西哲生プロデュースポロシャツ通販開始
スポーツジャーナリスト。1969年9月8日、愛知県名古屋市生まれ。プロサッカー選手として、名古屋グランパスエイトを経て、川崎フロンターレへ。2000年末をもって現役を引退。現在はスポーツジャーナリストとして活動し、日本テレビ『ズームイン!! SUPER』やTBS『サンデーモーニング』、テレビ朝日『Get Sports』などのテレビ番組でコメンテーターを務めている。2008年7月、日本サッカー協会特任理事に就任。著書に『魂の叫び』、『ベンゲル・ノート』、『不安定な人生を選ぶこと 買い物ワールドカップ2000〜2002』(幻冬舎刊)がある。毎週月曜日〜金曜日、朝6時から8時半まで、TOKYO FMをキーステーションに全国38局ネットでお送りする『中西哲生のクロノス』が放送中。