にしのあきひろエンヤコラ日記〜絵本作りはつらいよ〜

 最新作『オルゴールワールド』が発売されてから2ヶ月が経ちました。本当に評判も良く、ありがたいことにニ度ほど重版もかかりました。しかし、まだまだ。
 本に限らず、作品は「生み出して終わり」ではありません。お客様に届かなければ、その作品はこの世に生まれてこなかったことになってしまいます。せっかく産まれてきた我が子を見捨てるようなマネだけはしたくありません。「とにかく売らねば!」

「新刊が発売になりましたー!」とテレビやインターネット、紙媒体で宣伝して、「あとは祈るのみ」という時代はもう終わったということを踏まえた上で動こうと思いました。
 景気が傾いて、娯楽がこれだけ多様化された時代に、大衆に向けての網漁のようなCMは時代錯誤。きっと今は「1対1」でモノを売る時代なのだと思います。販売の原点回帰ですね。

 だからと言って、現代のツールを使わないということではありません。ツイッターだってモーレツに利用します。ただ、その使い方が「ツイッターで告知して終わり」ではなく、告知した後にエゴサーチをかけ、『オルゴールワールド』について呟いている人を探し、「作者の西野です。絶対に感動させますので是非。取扱店は…」と自分からアクションをかけ、1対1でやりとりをします。そういった個人のツイッターのやりとりは、この2ヶ月でザッと2000件以上させていただきました。発売直後からは携帯電話にヘバリつく毎日。しかし、これで買ってもらえるならラッキーです。

 足繁く本屋さんにも通い、店員さんにご挨拶。まずは置いてくださったことに対する感謝の気持ちをキチンとお伝えして、サイン本を頼まれれば何冊でも。
 出版元である幻冬舎さんに「あのお店は返本が多いのでサインを入れられると…」と渋い顔をされようが、おかまいなし。
 自分の本を大々的に展開してくださっているお店さんの頼みを断るようなことができるハズありません。本が余れば自分で買い取ればいいだけの話だぜと、サインを書き書き。そしたら、「絶対に返本いたしません。必ず全部売ります」と、そのお店。
 そうだよな。本来、「モノを売る」って、そういう信頼関係と覚悟だよな。

 テレビやラジオ、ホームページやツイッター、紙媒体や本屋さん…そこで、どれだけ告知しようが、そういったところにアンテナを立てていない人もたくさんいらっしゃいます。「そういう人達に届けるにはどうしたらいいのやら?」とアホなりに考えます。
 とにもかくにも、「買う、買わない」の前に『オルゴールワールド』の存在を知ってもらわなければ話になりません。「こうなりゃ、足を使うっきゃない!」思い立ったら即行動。担当の袖山さんに電話。
「『オルゴールワールド』のチラシを1万部作ってください。僕、それ全部配ります」

 僕は大酒呑みなのですが、腹が出るのが嫌なので、ジョギングを日課としております。それを利用しない手はありません。年明けからジョギングついでに『オルゴールワールド』のチラシを配り始め、現在までで8000部配り終えました。ジョギングの暇潰しにちょうど良いので、あまり苦になりません。
 そのチラシの効果がどれほどあるのかは知りませんが、「効果がなかった」と知れるだけでも次に繋がります。

 今回、チラシを配る時も、僕的には『オルゴールワールド』を必ず置いている本屋さんに誘導するような内容にしたかったのですが、「ウチの地域で他の店に客が流れるような告知はあまりしてほしくない」という“本屋さんのテリトリー”なるものが存在していることを知りました。なんとお粗末な企業努力。
「本が売れなくなっている背景にはこういうこともあるのだなぁ」と知れただけでも収穫でした。だったら、そこの抜け道を探すまで。
 とにかく、「出版不況」は考えられる全ての可能性を試した人間だけが口にしていい言葉です。僕はまだまだ試せてません。

 発売から2ヶ月経ちましたが、きっとまだまだやり方があるのだと思います。僕はその方法を探して、『オルゴールワールド』が一人でも多くの人の手に渡るようエンヤコラ。
 自分の作品を自分で宣伝するのは少し恥ずかしいですが、作品が世に出るまでに一緒に汗を流してくださったスタッフさんのことを思うと安いもんです。
 それに、腹を痛めて産んだ我が子の成長を後押しして見届けるのは、親として当然の務めです。誰が何と言おうと、ウチの子が一番なんです(笑)。

#25 とにかく売る
Backnumber

 絵本『オルゴールワールド』が発売されました。大方の予想通り、発売直後よりツイッターのエゴサーチで読者様の感想を片っ端から検索してはリツイートの嵐を巻き起こし、皆様のタイムラインを延々と埋め尽くす傍若無人っぷり。どんなもんだいゴメンナサイ。
「ねえ、ねえ、見てよ!ねえ、ちょっと見てよ!!」という悪いクセは...[続きを読む

 絵本「オルゴールワールド」の発売日がいよいよ迫ってまいりました。いやいや、この記事が更新される頃にはすでに発売されているかもしれません。
 そんなこんなでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが...[続きを読む

 2〜3日前から「ワキ毛とはなんぞや?」と気になりはじめ、常に視界に入っている鼻頭のような感じで、一度気にしだすと抜けだせなくなる蟻地獄に落ちた私は、ついに人生初となる...[続きを読む

 細木数子大先生の「六星占術」によると、今年の私は「大殺界」らしい。運気が下降し、不幸に見舞われやすいといわれるこの時期。何かを始めることはタブーとされており、とくに「引っ越し」なんて言語道断、もってのほか、笑止千万とのこと。そこまで言われてしまうと...[続きを読む

 小説家の和田竜さんのコラムをまとめた単行本の表紙イラストや、くまもと県民テレビさんが仕掛ける数万人規模のお祭り「夢まちランド」のド真ん中に掲げる縦15mの「ノボリ」のデザインを次々にやってのけ、お笑い芸人として順調に迷走し続けるワタクシに、今度は...[続きを読む

 名久井大先生と袖山さんが徹夜で装丁の作業にあたられている裏で、当の作者は近所の公園にザリガニ釣りの隠れスポットがあることを小学2年生から聞きつけ、25年ぶりのザリガニ釣りに...[続きを読む

 この冬、サンリオピューロランドで「えんとつ町のプぺル」という新作舞台を予定しております。舞台装置や技術打ち合わせなどでピューロランドに足繁く通い、ピューロランド内の造形物を眺めながら、あらためて「ファンタジーが好きだなあ」と...[続きを読む

「もう少し“ひらがな"を増やしませんか?」という意見を早速取り入れ、文章を直すワタクシ。本を書き上げてからのアレコレは編集の袖山さんに言われるがまま。
「なんだ、西野。テメエの本なんだから、最後までテメエが責任持ってやれよ!」という声もあるかもしれませんが、僕は...[続きを読む

「装丁をお願いするデザイナーさんは…」といった電話をしたのが数日前。
 絵本「オルゴールワールド」の制作もいよいよ大詰め。なにかと語りたがる僕は「あとがき」もバッチリと書きました。おおよその発売日も決定しましたし、本の価格なんかも決まっているハズ。いよいよですよ、奥さん...[続きを読む

 リフォームが進み、ついにトイレが完成(詳しくは#12「リフォームですよ」で)。
「公衆便所マスター」などとバカ騒ぎできたのはリフォームで浮かれていた最初だけ。ウンチをする度にわざわざ公園まで走っている自分にまもなく嫌気が差し、「やっぱり...[続きを読む

「Dr.インクの星空キネマ」「Zip&candy 〜ロボットたちのクリスマス」ときて、今度の絵本で3冊目。間に小説「グッド・コマーシャル」を出しているので、これまで執筆した本は全部で4冊...[続きを読む

 こうして「エンヤコラ日記」を書いている裏で、絵本作りはノラリクラリと進んでおり、実は残り2ページというところまできております。
 ラストのページには文章を入れず、一枚の絵でビシッと終わらせようかしら?と考えているのですが、「そもそも...[続きを読む

 子供の頃、ナポレオンの1日平均睡眠時間が3時間だと聞いた時は腰を抜かしましたが、この業界に入ってみると、そのぐらいの睡眠時間でやりくりしている人は少なくなく、かくいう僕もそれぐらい。あの逸話のビックリポイントは...[続きを読む

 先日、相方の梶原が「もしかしたらプロゴルファーになれないかもしれない」と弱音を吐きました。技術的には申し分ないらしいのですが、ボールの飛距離を伸ばす為に必要な体重と、プロになる為に必要なスケジュール面で苦戦しているとのこと。
 大変でしょう。しかし、彼にどれだけの事情があろうが、そんな泣き言を僕が許すハズがありません。キングコングの理想形は...[続きを読む

 たとえば誰かの一言で芸人を始めたわけでもありませんし、何かを見返してやるといったモーレツな恨み節を炸裂させて吉本入りを決意したわけでもない僕は、小学1年の頃にお笑い芸人になりたいと思い、そのままノコノコと現在に至る平凡な人生。
 そんな人生ですから、物語になりそうな明確なターニングポイントというのはこれといってないのですが、あくまで...[続きを読む

 あいかわらず遅々として進まない絵本作り。時間をかけることが狙いだとしても、度が過ぎていることは以前お伝えしたとおり。うめき声とタメ息のオーマイガーな日が続いております。
 作画にこれだけの時間を費やすわけですから、それに足るストーリーでなければもちろん納得がいきません。今日は「ストーリー」のお話を...[続きを読む

 我らが吉本興業は映画事業にもずいぶん力を入れているので、僕ごときでも「映画は撮らないの?」と訊かれることがしばしば。返事は決まっています。そもそも撮る技術も才能もありませんし、もしもあったとしても、撮りません(今のところはネ)。
 メガホンをとられた先輩方の話を伺うと、必ず話題に上がってくるのが「予算」の問題...[続きを読む

「次に生まれ変わったら〜」という発想がまったくない輪廻転生ナンジャラホイな僕は、「この回で全部やっちゃうわん」と目をランランとさせ、テレビに舞台にモノ作りに音楽に旅行にバーベキューに家のリフォームに大忙しな毎日。
 酒で気持ちが大きくなると何でも軽々しく約束してしまう癖があり、約束ゴトを片付けることで首が回らなくなることも珍しくなく...[続きを読む

 前回「ロケハン」の話をさせていただきましたが、今回の絵本を描く上で参考にさせてもらった場所は西表島だけではございません。イタリアのフィレンツェやベネチア、近所の試林の森公園などがそれです。
 その中、台湾の「キュウフン」にもお世話になっております...[続きを読む

 小学1年生、「カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」を見た僕は、お二人の立振る舞いに「大人でも遊んでよかったのか!」と衝撃を受けました。それ以来、ステキ大人の定義は「許されちゃう人」となり、あの日のカトちゃんケンちゃんに習い、「いかに遊んで暮らせるか」という大切なテーマのもと、人生の舵を切る今日でございます。
 しかしながら...[続きを読む

 初めて作った絵本は『Dr.インクの星空キネマ』という、星空で繋がる物語。処女作にして、完成まで実に5年の歳月(本当は4年とチョット)をかけた作品であるので、成長の過程が丸裸です。絵の勉強(独学ですが)をしながら作業を進めていたので、最初のページと最後のページはまるで別人で、「キチンと勉強してからスタートさせたら良かったかなぁ」と思うこともありますが、モチベーションこそが...[続きを読む

 僕の絵本は筆先0.03ミリのペン一本で描いておるわけですが、さすがにこの細さですから、一ページ仕上げるだけでも相当な時間がかかってしまいます。はたして何故に0.03ミリというバカげたペンを手に取ってしまったのでしょうか? もちろん理由があります。
「仕事がなけりゃ時間がある。金がなけりゃ覚悟がある。美貌がなけりゃ笑いがある。とにかくアタシにゃ、何かある」
 ハゲ、チビ、デブ、ブサイク、貧乏...[続きを読む

 中学時代の僕はといえば、仲間を連れてラブホテルの玄関脇の植え込みに身を潜め、出入りするカップルを確認しては「OH〜、モ〜レツぅ〜」と叫ぶなど、地獄的に不毛な時間を過ごしては、思春期突入と共に順調に芽生えたスケベ心と正面から向き合う毎日。
 そんな僕ですから、エッチな本は喉から手が出るほど欲しい代物だった...[続きを読む

 絵本出版の際の取材などでは、ライターさんから「格言お待ちしております」の強い眼差し向けられることも珍しくありませんが、作品を通して伝えたいメッセージなどありませんし(そもそも説教臭い作品が大の苦手)、「誰に読んでもらいたいですか?」という質問に対しては、「誰でもいいから100万部くらい売れて、チヤホヤされたいっス」というのがホンネ...[続きを読む

Webマガジン幻冬舎
エンヤコラ日記〜絵本作りはつらいよ〜

にしのあきひろ

西野亮廣。1980年7月3日兵庫県生まれ。99年梶原雄太と漫才コンビ「キングコング」を結成。「NHK上方漫才コンテスト」で最優秀賞など受賞多数。現在「はねるのトびら」「キングコングのあるコトないコト」「いつも!ガリゲル」などのレギュラー番組で活躍する一方、漫才ライブ「KING KONG LIVE」やソロトークライブ「西野独演会」などの活動も意欲的に行っている。「日の出アパートの青春」「ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック」「グッド・コマーシャル!!」(のちに、小説『グッド・コマーシャル』として刊行)、「ペンギン・ボーイズ」ほか、演劇やショートムービーの脚本・演出も。

絵本『Dr. インクの星空キネマ』では、物語の絵の力で世間を驚愕させた。絵本第二弾は、切ないラブストーリー、『Zip&Candy ロボットたちのクリスマス』。今回、三作目の絵本に取り組んでいる。

Webマガジン幻冬舎 最新号 INDEXバックナンバー

Copyright © GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。webmagazine@gentosha.co.jp