にしのあきひろエンヤコラ日記〜絵本作りはつらいよ〜

 先日、相方の梶原が「もしかしたらプロゴルファーになれないかもしれない」と弱音を吐きました。技術的には申し分ないらしいのですが、ボールの飛距離を伸ばす為に必要な体重と、プロになる為に必要なスケジュール面で苦戦しているとのこと。
 大変でしょう。しかし、彼にどれだけの事情があろうが、そんな泣き言を僕が許すハズがありません。キングコングの理想形は、ボケがプロゴルファーでツッコミが絵本作家という漫才師になることに他ならないからです。
 それゆえ、梶原の泣き言には厳しい言葉を返しました。僕は梶原がボケを大きくハズしたら「ファ〜!」という準備をしているのです。プロゴルファーになってもらわなければ大変困ります。  さて、梶原を責めている僕はどうでしょう。道を外すことなく、しっかりと絵本作家に向けて歩を進めることができているのでしょうか? 結論から申し上げますと、順調です。
 現在制作中の絵本は3冊目になりますし、なにより絵のお仕事がすこぶる増えてきているという状況です。これもひとえに「Dr.インクの星空キネマ」「Zip&Candy」を可愛がってくださった皆様のおかげでございます。感謝感謝。

にしのあきひろ エンヤコラ日記〜絵本作りはつらいよ〜 #11 急げよ梶原 Photo. A

 コチラは雑誌で毎月連載している和田竜さんのコラムの挿絵。毎度、戦国武将を描いており

にしのあきひろ エンヤコラ日記〜絵本作りはつらいよ〜 #11 急げよ梶原 Photo. B

 コチラは依頼されて描いたモノではなく、僕の今後の遊びに登場することになるキャラクター「ナインボールズ」の皆さん。次回作の絵本にもチョコっと登場いたします。ちなみにキチンとキャラクター特許も取得しました。抜け目のない男・西野です。

にしのあきひろ エンヤコラ日記〜絵本作りはつらいよ〜 #11 急げよ梶原 Photo. C

 コチラは以前作らせていただいたショートショートアニメ「ペンギンボーイズ」の指示書。これも絵本がキッカケで始まったお仕事。
 さらにこの夏、この憎たらしいペンギンが少し姿を変えてTVに登場しそうな気配。舞台は公共放送。いやはやありがたい。感謝の意を込めて、最後は遊び半分で書いた4コマ漫画でお別れしたいと思います。

【笑うアホウに見るアホウ】

にしのあきひろ エンヤコラ日記〜絵本作りはつらいよ〜 #11 急げよ梶原 【笑うアホウに見るアホウ】1

にしのあきひろ エンヤコラ日記〜絵本作りはつらいよ〜 #11 急げよ梶原 【笑うアホウに見るアホウ】2

にしのあきひろ エンヤコラ日記〜絵本作りはつらいよ〜 #11 急げよ梶原 【笑うアホウに見るアホウ】3

にしのあきひろ エンヤコラ日記〜絵本作りはつらいよ〜 #11 急げよ梶原 【笑うアホウに見るアホウ】4

 急げ梶原。まもなく俺は絵本作家になる!

Webマガジン幻冬舎
エンヤコラ日記〜絵本作りはつらいよ〜

にしのあきひろ

西野亮廣。1980年7月3日兵庫県生まれ。99年梶原雄太と漫才コンビ「キングコング」を結成。「NHK上方漫才コンテスト」で最優秀賞など受賞多数。現在「はねるのトびら」「キングコングのあるコトないコト」「いつも!ガリゲル」などのレギュラー番組で活躍する一方、漫才ライブ「KING KONG LIVE」やソロトークライブ「西野独演会」などの活動も意欲的に行っている。「日の出アパートの青春」「ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック」「グッド・コマーシャル!!」(のちに、小説『グッド・コマーシャル』として刊行)、「ペンギン・ボーイズ」ほか、演劇やショートムービーの脚本・演出も。

絵本『Dr. インクの星空キネマ』では、物語の絵の力で世間を驚愕させた。絵本第二弾は、切ないラブストーリー、『Zip&Candy ロボットたちのクリスマス』。今回、三作目の絵本に取り組んでいる。

Webマガジン幻冬舎 最新号 INDEXバックナンバー

Copyright © GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。webmagazine@gentosha.co.jp