お品書き



話題のアートショーに、こだわり系映画など、「見るだけでセンスがアップしそう!?」な、おしゃれ三作品をイラストでご紹介させていただきました★
ぜひご覧下さい。

 東京・六本木ブルーシアターで、「アクションドローイング HERO」を観劇しました。こちらは、4人のパフォーマーが「HERO」をテーマに作品を作り上げるアートショーで、そうですね…「異様に絵のうまい『DA PUMP』風のメンバーが、躍りながらアート作品を制作しまくるショー」と申し上げれば、空気感が伝わりますでしょうか!? 

 日常生活の中で、人が絵を描いているところを見る機会もそうないので、(そんなトコから人物を描くんだ!?)とか(そういう材料を使うんだ!?)など、己の中の常識が次々と打ち砕かれてゆく感覚が新鮮でした。また、爆音の中でメンバーが踊りながら坂本龍馬などをサラッと描き上げてしまう技量にも、脱帽でした。特に龍馬の目元などは難易度が高いと思われ、衆人環視の中、無事に描き上げられるのか!? と他人事ながら心拍数もマックスだったのですが、まったくの杞憂に終わりました…スゴイ!

 また、これまで「アート」という言葉に対しては、美術館的な「近づくな!入るな!触るな!」という“敷居の高さ”や、ピカソの絵のような“よくわからなさ”を感じていたのですが、「アクションドローイング」を見て、「アート」というのは本来、生き生きしててカッコ良くて、「こんなの前代未聞!」と、人を驚かせるものだったのね…ということが、よく分かりました。

 それが証拠に(!?)ラストに、アート系のショーではご法度とも思われる「写真タイム」が!! その時間は、作品を撮っていいのだそうです。えー??? 急に言われても、スマホ起動しねぇよ!! 

 …というワケなので、今後こちらのショーをご覧になる方はぜひとも後半、さっと撮影に移行できるよう、カバンの中でキャメラ関係をスタンバらせておくことを、お勧め致します。

アクションドローイング HERO(ヒーロー)公式サイト
http://hero2013.jp/

今月も『GOETHE』(2月24日発売予定)でご紹介しきれなかった新作映画をイラストにさせていただきました。ぜひ『GOETHE』とセットでご覧下さい!

 おしゃれ映画の巨匠・ウェス・アンダーソン監督の最新作。私なぞが言うまでもなく、ホント、おしゃれな作品ばかりですよねぇ…。どの映画のどのシーンで停止ボタンを押しても(ポストカードにして売れるんじゃないか!?)と思うくらい、色や、角度や、光が、美しいです。音楽や衣装のカッコよさは言わずもがな。そうでした! 服といえば、前作『ファンタスティックMr.FOX』(人形劇)の公開時に、(確か)「メンズノンノ」にウェス監督のインタビューが掲載されていたのですが、そこで「人形たちの服は、僕の行きつけのテーラーで作らせたのさ!」といった趣旨の超絶おしゃれ発言を繰り出していたことを思い出しました…。行きつけで!? 人形の服!? 全体的に「普通、そこまでやらないでしょ!?」というところまでやらないと、何事も、いいものはできないのかもしれません。「ムーンライズ・キングダム」も、そんな感じの作品でした。

映画『ムーンライズ・キングダム』公式サイト
http://moonrisekingdom.jp/

 本作は「ドキュメンタリー番組の制作中に消息を経ったクルーが、実は恐竜と遭遇していた!→発見されたテープで、その一部始終を検証!!」という設定の、斬新な恐竜映画です。何しろ我々が見るのは「発見されたテープ」なので、途中で映像が切れていたり、ブレていたり、音声がおかしくなっていたりするところが、臨場感タップリでクールでした。あと、恐竜映画というとどうしても「ティラノ!」「トリケラ!」「プテラノ!」と、メジャー選手たちの活躍を期待しがちですが、この映画は(そんな人、いたんだ…)みたいな、ちょっとインディーズ系の(?)おしゃれ恐竜たちに重きが置かれている点も、味わい深かったです。「モケーレ・ムベンベ」(言いにくい)とか、わだす、初めて聞いただよ…。また、ドキュメンタリー・タッチなだけに、見た後に「今でも世界のどこかに恐竜が生きていそう!」という感覚が残るのも、ステキでした。そうですよ…ネッシーもUFOも花子さんも人面犬も、きっと世界のどこかにいるハズ! ま、花子さんはコワいですけども、恐竜好きの方は必見!の一本です。

映画『ダイナソー・プロジェクト』公式サイト
http://dinosaurproject.jp/



豊村真理(とよむら まり)プロフィール

豊村真理(とよむら まり)プロフィール

1981年生まれ。
「週刊TVガイド」編集部を経てイラストレーターに。第27回読売広告大賞優秀賞受賞。
余命半年から生きてます!」(相河ラズ著/幻冬舎刊)挿絵を担当。雑誌「GOETHE(ゲーテ)」で映画のイラストを連載中。
ブログもだいたい毎日更新中!

豊村真理オフィシャルブログ
New Nonsense
http://newnonsens.exblog.jp/