Webマガジン幻冬舎

Vol.108 February 1

Webマガジン幻冬舎



Novel
カマキリ

青井翠の回想――。
「僕は狂っている。いや、狂っているのか。
教室で起きた、壮絶な惨劇。そのとき、僕は小川凛に恋をしてしまったんだ」
それは自分の人生を大きく変えた一瞬でもあった――。
気鋭の新人が描くインモラル小説、連載第二回!




Novel
もてる男

いっこうに覚醒しない小堀君。
小堀君、どうすれば君は目を覚ましてくれるんだ!
自分が知っているエロ物語をすれば、きっと興奮して目を覚ましてくれるに違いない。
そうだ、あの話をしよう! あのとっておきの話を。
今回も作者の体験(本人)に基づいたモデルのいる実例、いきます!


フルーツの夜本橋信宏著
フルーツの夜
630円(本体価格600円)



Essay
たったひとりの薬害裁判

貴方の薬は安全ですか?
衝撃のベストセラー「私は薬に殺される」の著者が贈る、
生きる勇気が湧いてくるメッセージ。

日本の未来、愛する家族のために、私は決して諦めない。
たったひとりでも、こんな身体でも、きっと世の中は変えられる。

全国の薬害被害者から応援メッセージが殺到!


私は薬に殺される福田実
私は薬に殺される

1,575円(本体価格1,500円)



Essay
レンタルビデオ・最後の聖戦

本コーナーはレンタルビデオのガイドでございます。
ただし、ここで五十嵐貴久が紹介するビデオ(DVD)は、
すべて五十嵐貴久個人がリアルタイムで見たものであり、
その選定にはかなり特殊なバイアスがかかっております。
つまりこのコーナーでは、五十嵐貴久の失敗を教訓としてですね、
見る必要のないものは見んでいい、と。
そういう意味合いで始まったとご理解ください。



Fake

賭け金、10億円――。プライドと未来を取り戻すため、
4人組は手に汗握る世紀の大勝負に打って出た。
名画「スティング」を超える驚愕の大仕掛け。
痛快 至福のエンタテインメント小説。
五十嵐貴久著「Fake」1,785円(本体価格1,700円)



Diary
裏わしズム

わしズム13号は硬軟自在の面白さ! 大特集は「挑戦的平和論」。
ブッシュ再選、非戦論を通して、戦略的に、そして、
「アザジュウ」に集まった漫画家4人が本音をさらけ出し、日本の平和を熱く語る。
フォトレポートにより明らかにされる、イラクよりも悲惨な状況の国・スーダン。
もう、どのページからも目が離せない!
注目の女性漫画家による新連載、そして10年ぶりの特別読み切り
「おぼっちゃまくん」が登場し、漫画もあふれんばかりの充実度。
「わしズム13号」を読まずに、日本の平和と未来は語れない!


 わしズム vol.13


Essay
中西哲生の買い物ワールドカップ2



『買い物ワールドカップ』は、次号でついに通算100回目を迎えます。
それに先立ち、買い物王が現在どんな時計を所有しているか
という特集をやっちゃいまーす!(←イヤでも見てください)





Column Nonfix
リンカーンの医者の犬

今回が最終回です。
いままで読んでいただいて本当にありがとうございました。
この連載は、タイトル変更のうえ、4月(予定)に幻冬舎文庫として出版されます。



Official
桜井亜美通信

2月10日に文庫『Lyrical Murderer』がいよいよ発売になります!
表紙は、また少し大人っぽくなった俊君です。
みなさん、是非とも読んでみて下さいね。



Essay
愛の病

恋人が怪我をした。
骨が折れたわけではないのだが、
靭帯をどうにかしてしまったらしい。


Essay
友香の読書日記

黒谷友香

今回の本は田中孝顕さん監修の『17人の座右の銘』

17人もの高名な方々の座右の銘が惜しげもなく直筆掲載されている、
なんともお買い得な本なのです!



Essay
編集者ミルコの健康日記



なんて幸せな行為なんだろう、
スキップって。
土曜日の朝、青山で思ったこと。



Regular
装幀Webギャラリー

そばにいるだけでいい!
犬は「ペット」なんかではありません。
大事な「家族」の一員です。
今回紹介する本のどれもが、
犬への愛にあふれています。



今週の名文句

HIRO著『Bボーイ サラリーマン』


Webマガジン幻冬舎は毎月1日・15日に更新されます。

Copyright © GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
comment@@gentosha.co.jp


バックナンバー