Webマガジン幻冬舎

Vol.126 November 15

Webマガジン幻冬舎




Essey
みそずい〜ミソジのつぶやきレター





独身女芸人代表の光浦靖子と大久保佳代子が、
TV「めちゃ×2イケてるッ!」では明かせない、
切なく痛ーいミソジの真実を手紙に託す。

第2回目のテーマは何かと話題の「IT」。
IT男との初デートで、妄想を膨らます大久保さん。
それに対し、光浦さんは「うまい話はまず疑え」と諭す。
その後、話題は、最近の光浦さんのショックな出来事へと続き……。




Essey
おいしい珈琲をごいっしょに



都内某珈琲豆店で働く著者が
おいしい珈琲と出会う方法をお伝えしてゆくこの連載。
第4回は、「おいしい珈琲の淹れ方」をご紹介します。
方法はいくつかありますが、
誰もが失敗せずにおいしくできる淹れ方は、ペーパードリップ式。
さて、そのポイントとは?




Essey
VIVA! 昭和



ちょいと知り合いの所に顔を出しましたら、丁度よい具合で
鰤大根が煮えていると言います。まあせっかくだからと
ご相伴にあずかりまして、日本酒と各種小皿が並ぶ中、
適度に一杯だけ引っ掛けようかなあと、その、思ううちにですね、
出された酒が、鰤大根との調和を重んじた旨さを醸すものですから大変です。




Essey
超魔球スッポぬけ!

新直木賞作家が徒然なるままに綴った、世の中のいろんなことを、
みなさんと一緒に笑い飛ばして行こう……と言う趣旨のエッセイです。
考えようによっては「人生を考える」というコトにも通ずるかもしれませんが、
全然通じない場合もありえます。
何回続くか現時点ではまったく読めませんが、よろしくお付き合いください。




Essey
銀座、イイ女入門



いつもより早い時間にお店に顔を出したら、
ホステス達が頭をくっ付け合って円を作り、
なにやらヒソヒソやっている。ナニナニ?
内緒話かと思い、仲間に入ろうと、
その円にねじり入って行ってみた。


ダイエット・パラダイス


Essey
Road to London



国立競技場でのチャレンジランの翌日、
今度は、厚木米軍基地で行われる駅伝に参加する。
足の痛みは相変わらずだったが、
アディダスの女子チームのアンカーを務めることになった。
自分のレース以上の緊張と、目眩がするような暑さのなか、
人でごった返す中継所で、私は大失敗をしてしまう――。




Essey
底辺女子高生

上に直木賞受賞者の朱川さんがいらっしゃるのにこの副題……!
しかし私・豊島ミホは十七歳のある朝、「直木賞とる方法思いついたっ」と
友だち&先生に飛びついたのでした。
実現されることのなかったその「方法」とは?


『檸檬のころ』



Novel
カマキリ

私が崩れ落ちたのは、自分で発した言葉がきっかけだった。
ほんとうは以前から気付いていたこと。
でも、気付かないふりをしていたことに気付いた。
寒さと温もりと、矛盾を抱えながら、私は……。
ついに小川凛は、自らが覚醒したその瞬間の出来事を
話し始めた――。




Essay
たったひとりの薬害裁判

貴方の薬は安全ですか?
衝撃のベストセラー「私は薬に殺される」の著者が贈る、
生きる勇気が湧いてくるメッセージ。

日本の未来、愛する家族のために、私は決して諦めない。
たったひとりでも、こんな身体でも、きっと世の中は変えられる。

全国の薬害被害者から応援メッセージが殺到!


私は薬に殺される福田実
私は薬に殺される

1,575円(本体価格1,500円)



Essay
中西哲生の買い物ワールドカップ2



ついにホノルルマラソンまで一ヶ月を切った買い物王。
にもかかわらず、前回から一回も練習できていません!
買い物はしっかりしているのですが……。





Official
桜井亜美通信

新刊『Mermaid Skin Boots』が好評発売中です!
みなさん、是非とも感想を聞かせて下さいね。



Essay
愛の病

可愛いと思う男の人が増えました。
どんな時にそう感じるか、それは……。


Essay
友香の読書日記

黒谷友香

今回は完全に私の趣味趣向で選ばせていただきました!
『男はつらいよ』のファンにとってはたまらない『寅さん完全本』をおススメします!
買ってよかった!
皆さんもはまること、間違いありません。


Essay
編集者ミルコの健康日記



祝典行進曲を奏でられる人。
奏でる人。
祝いの音は、空に響き空気にとけて、
人の心にしみていく。



Regular
装幀Webギャラリー

新雑誌『ゲーテ』、もうご覧いただけましたか?
“仕事が楽しければ人生も愉しい”というコピーの通り、
各分野の第一線で活躍する方がズラリと並んだ豪華な誌面。
今回は、『ゲーテ』にご登場・ご執筆いただいた方の著作を6作品集めました。
小説ありエッセイあり写真集あり。
是非、書店で手に取ってみてください。



今週の名文句

石原慎太郎『息子たちと私―子供あっての親―』


Webマガジン幻冬舎は毎月1日・15日に更新されます。

Copyright © GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
comment@@gentosha.co.jp


バックナンバー