Webマガジン幻冬舎

Vol.169 November 1







Essey
すーちゃん

ほのぼのしたタッチの画とは裏腹に、
心に突き刺さる名作四コママンガ『すーちゃん』
(2006年4月小社刊)の一部を特別に公開します!
お金も美ぼうも男もない30代半ばの
すーちゃんの物語です。続編近々刊行予定。


すーちゃん



Lazy Diary
だらしな脱出できるかな日記



約3週間の宮古島「一人合宿免許」生活。
いちばん恋しかったのはダラでも猫ズでもなく生クリーム!
孤独と闘い、教官と闘い、黒光りする“ヤツ”と闘い続けた挙句、
果たして無事卒業できたのか!?
宮古の美味しいご飯写真もたっぷりお届け致します!




Essey
福ちゃん日記

福ちゃん日記

愛猫を亡くしてから5年。
ペットロスもどうやら癒えてきたころにふって湧いた
「仔猫をもらってもらえませんか」のお誘い。
久しぶりの猫との二人暮らしは、
涙と笑いと幸せのてんこ盛りなのでした……。
ほぼ日刊イトイ新聞・男子あみぐるみ部の「師匠」による
ほのぼの動物エッセイ。




NONFICTION
メモリークエスト

アジア新聞屋台村
『アジア新聞屋台村』集英社刊 1,600円(税別)


史上初のウェブ企画、本格始動!
これまでに寄せられた記憶探しの依頼に対して、
高野秀行がついに重い口を開いた!
誰もが心の奥底に、大切に持っている消えない記憶――。
彼は、それらの記憶に、どう向き合うのか!?
未曾有のドラマは、本当に始まるのか?
2008年3月の応募締め切りまで、あと……何日?




Special
レッドブック ワルツの雨

奇跡の作家ユニット「RE」始動!
世界初! まったく新しい読書体験を提供する、
鉛筆でこすりながら読む物語――。
絶望に取り憑かれ逃げ出した女と、
逃げ場を求め彷徨っていた男――。
列車の中で出会った二人は、
レッドブックの地で運命と向き合った。
12月20日、全国書店にて発売決定!




Essay
中西哲生の買い物ワールドカップ2



結婚式と新刊『新・キックバイブル』の発売を目前に控えた買い物王。
今回は、その詳細をお知らせします。





Official
桜井亜美通信

また、旅に出たアミ。
今回のアミ日記は、アイルランドからお届けします。



Essay
愛の病

確かによく食べる人だなあとは思っていた。
彼女の行きつけだという神楽坂にあるフレンチのお店で向かい合わせに座り、
オーダーはすべて彼女にお任せして、お店の人とにこやかに話す彼女を眺めていた。
とても痩せていて日に焼けていて、運送神経の良さそうな体型と雰囲気をした人だった。

狗飼恭子『幸福病』


Essay
友香の読書日記

黒谷友香

今回は、「マナーの大切さ」を
改めて教えてくれる一冊をご紹介します。
酒井順子さんの『黒いマナー』です。
タイトルとカバーから、ブラックな匂いを
醸し出していますが……読んでみてください。
真面目にマナーについて論じた名著です!


Essay
編集者ミルコの健康日記



人は人を頼って生きる。
嫌われるよりは好かれたい。
でも、それに気を取られすぎるのはどうだろう。
人を頼ることの意味に思いを馳せる、秋。



Regular
装幀Webギャラリー

冬は、黒やグレーといったモノトーンカラーの装いが多くなりますが、
色が身体に与える影響は実はとても大きいのです。
今回は、元気をあたえてくれる赤色が印象的な装丁の本をご紹介します。



今週の名文句

森見登美彦『有頂天家族』


SUZUKI MIKIKO WORKS

SUZUKI MIKIKO WORKS

トップページのイラストを描いている
イラストレーター鈴木美貴子さんのページです。



Webマガジン幻冬舎は毎月1日・15日に更新されます。

Copyright © GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
comment@@gentosha.co.jp


バックナンバー