Webマガジン幻冬舎

Vol.261 February 1

Webマガジン幻冬舎/ボンジュール・クボ
©ボンジュール・クボ




Twitter
Twitterはじめました


遅ればせながらTwitterを始めました。
Webマガジン情報はもちろん、
弊社刊行物やイベント情報などを中心に
つぶやこうと思っています。
よろしくお願いいたします!





Special
垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』特設サイト

垣谷美雨『七十歳死亡法案、可決』特設サイト

『七十歳死亡法案、可決』が発売になりました!
舞台は、2020年の日本。高齢者が国民の3割を超え、
社会保障費は過去最高を更新。破綻寸前の日本政府は
「七十歳死亡法案」を強行採決。施行を2年後に控え、
ごくありふれた家族にも黒いさざ波が立ち始めて——。
すぐそこに迫る日本の現実と、家族の「本音」を生々しく
リアルに描き出す渾身の書き下ろし小説です。
1月27日の発売直後から反響を呼び、既重版決定の超話題作!
まずは、立ち読みコーナーを是非ご覧になってみてください。





Comic
ときめかない日記

Webマガジン幻冬舎: 能町みねこ

今日も誰にもときめかなかった……。
「モテ」とは対極の人生を歩んできた非モテ女子のめい子。
念願の二人用のソファーを手に入れるも、シート隣りにぽっかり
空いた穴が、何となく切ないこの頃。
26歳、恋も彼氏もまだ遠い。
迷走するアラサー女子に明日はあるのか?

一部女子から絶大な共感と支持を得た『くすぶれ!モテない系』
の著者による超人気連載コミック、ついに最終回!!

ご愛読くださいまして、誠にありがとうございました。
春頃の発売を目指して、書籍化の作業に入ります。
詳細が決まりましたら、ご案内させていただきます。





Novel
カミシンデン奇譚

Webマガジン幻冬舎: 宮田珠己

郊外の古びたニュータウン、カミシンデン。
時間と空間がねじれたこの村では、
彼方此方に“もうひとつの世界”が出没する。
虚実が交錯する不思議な5つの物語を、集中連載。
宮田珠己、初の小説!


連載を終えて──。

 この物語はフィクションであり、登場する人物、団体、魑魅魍魎などは実在のものではありません。って、そりゃそうだ。当たり前である。
 いつもエッセイばかり書いてきた私ですが、その場所についてどうしても書いておきたくて、この連作短編を書いてみました。長い間、お付き合いいただき、ありがとうございます。カミシンデンというのは実在の地名です。ただし、登場する人物や魑魅魍魎などは実在のものではなく、モデルもありません。って何度も言うが、当たり前である。
 こうして書いてみると、ウソ話は楽しい。エッセイだとネタに詰まることがあるけれど、ウソ話は今のところネタに詰まらない。書けば書くほど楽しくなってきたので、今後もますます書いていこうと思いますので、どうぞよろしく。

宮田珠己






Comic
渡辺ペコ『わたしのはなし』

渡辺ペコ『わたしのはなし』

ともちゃん、まゆちゃん、めいちゃん、3人の長い時間の物語。
(第一話は、GINGER L.05に掲載されています。)





Essay
辛酸なめ子『次元上昇日記』

2012年2012年2月10日 ヌーブラの響宴

2012年2月11日更新!!

2012年2月10日 ヌーブラの響宴

「次元上昇」とは? それは「アセンション」のこと。
では、「アセンション」とは何か……。
いろいろな意味があるので、ネットを検索してみて下さい。
しかし、辛酸なめ子さんにとって、それは日々、功徳を積んで善行マイレージを貯め、
それがある閾値に達すると得られる高い次元のこと。
この連載は、その善行マイレージを貯め次元上昇をめざす
一人の女性の抱腹絶倒、試行錯誤の記録です。


「次元上昇日記」は不定期連載です。
週2〜3回ほどの更新を予定しておりますので、
どうぞよろしくお願いいたします!






NONFICTION
メモリークエスト2

Webマガジン幻冬舎: メモリークエスト2

今回の依頼は一件。
イタリア、ローマ、アルファロメオ、
とオシャレな単語が並んではいるのですが、
「走るゴミ箱」なんていう言葉も出てきて……(笑)。


※『メモリークエスト』の募集期間は
2011年5月15日から2012年5月14日までです。






Essay
ひろ乃『年収1000万円でも結婚できない男たち』

ひろ乃『年収1000万円でも結婚できない男たち』

世界40カ国でとろけるような
「婚活」をしてきた著者が、
日本男児との結婚を真剣に考えたとき、
思わぬ壁にぶつかった──。
泣く子も黙る、「年収1000万円」のオトコたち。
皆さん、さすがに大物です。

真の紳士は、女性に跪く
……はずだった。





Comic
沖田×華の蜃気楼家族

沖田×華の蜃気楼家族

ゲッツ板谷氏のウェブサイトに突如、登場し、度肝を抜いた驚異の新人の新連載!
元看護師で、元風俗嬢、両刀遣いで現在マンガ家。
こんな女の生きる道があるのか!?
『こんなアホでも幸せになりたい』の感動が再びよみがえる!






ESSAY
蛇いちご新聞

Webマガジン幻冬舎: 蛇いちご新聞

「冬本番」に足並みを揃え、
今回も寒いイラストをご用意しました・・・。
防寒具着用でご覧ください。





Essay
愛の病

カラオケ、滅亡しないかな。


狗飼恭子『ロビンソン病』




Lazy Diary
だらしな脱出できるかな日記



今年も残すところ2週間となったにもかかわらず、夏休みの日記を平気でUP!
あの積年の悩みであった「気になる部分」のあっと驚く解消法って!?
行くも地獄、戻るも地獄の新企画もこっそりスタート!
日記どころかもはや月記ですらない「だらしな」道。お久ぶりでございます!


執筆が遅れております。
申し訳ありませんが、
しばしお待ちください!
(掲載原稿は2011年12月15日号のものです)






Essay
お前の目玉は節穴か season 2

お前の目玉は節穴か season 2

スポーツ実況アナウンサーに迫る第二弾は、野球。
学生野球にプロ野球、今ではメジャーリーグまで、野球の話題がない時期はない。
ちょうど2月1日からプロ野球のキャンプイン。実況アナウンサーもシーズンインだ。
そこで今回は、野球実況を中心に活躍するスポーツアナウンサー・石原敬士さんにお話を聞くことにした。
キャンプイン直前の貴重な時間に聞いた石原さんのお話は、これまた貴重なネタばかりだった。





Essay
ツレ&貂々のコドモ大人化プロジェクト

ツレ&貂々のコドモ大人化プロジェクト

『ツレがうつになりまして。』で人気の漫画家の細川貂々さんと
ツレの望月昭さんのところに昨年1月、子どもが産まれました。
望月さんは、うつ病の療養生活のころとは一転、日々が慌しくなってきたのです。
40歳を過ぎて始まった男の子育て業をご覧ください。

コドモ社会で関西弁を喋りだす。


望月昭『パパ、どうしてお仕事いかないの?』 望月昭『育児ばかりでスミマセン。』




Diary
前進する日もしない日も

短大を卒業した夜、「大人になりたくない」と泣いた。
厳しい社会に放り出されてきちんと生きていけるのか……
不安と畏れに押しつぶされそうだった。
それから20年。大人になったような、なってないような。
「大人になるということ」はどういうことか、考えます。





Interview
真梨幸子『みんな邪魔』特設サイト

真梨幸子『みんな邪魔』特設サイト

あまりにも不快すぎて逆に痛快と大反響のイヤミス決定版、
その名も『みんな邪魔』!
おかげさまで続々重版。(ありがとうございます!)
オドロオドロ新帯で、更にパワーアップさせていただきました。
「ぎゃー怖い!」「きゃー酷い!」
みなさまの嬉しい雄叫び、引き続きお待ちしております。


真梨幸子『みんな邪魔』特設サイト





Special
Webマガジン幻冬舎: 青山・国連大学前 ファーマーズマーケット 男子野菜部『これからの野菜の食べ方』特設サイト

Webマガジン幻冬舎: 青山・国連大学前 ファーマーズマーケット 男子野菜部『これからの野菜の食べ方』特設サイト

「国産野菜は本当に国産?」「無農薬だったら安全?」「東北の野菜はどうなるの?」。
野菜についてどんどん頭でっかちに悩んでいるよりも、気になることは、ぜんぶ聞けばいい!!
野菜のことなら、野菜を育てた農家さんに聞くのがいちばん!
東京青山で大人気のファーマーズマーケットを仕掛ける男子野菜部(平均26歳の野菜大好き男子集団)
が、農家さんに野菜についてとことん取材したことが1冊になりました。
今年こそは、安心して野菜をいっぱい食べたいあなたに朗報です。





ESSAY
Webマガジン幻冬舎: 内澤旬子 冷や水の女

Webマガジン幻冬舎: 内澤旬子 冷や水の女

ヨガを始めたことをきっかけに、
「身体を自分の手で変える快感に、目覚めてしまった」
著者が最近習い始めたのが、クラシックバレエ。
肉体はどう変化を遂げるのか?


「冷や水の女」は月1回(毎月15日)の更新です。
(掲載原稿は、2012年1月15日号のものです)





PONTOON装画コンペティション




Essay
安全ちゃんの傾国女子修行!

安全ちゃん

一国を揺るがす女子力を身に着けたい……! 傾国の美女と謳われた歴史上の女たちは、
その美貌のみならず、巧みな話術や技芸で要人を魅了し、
時には魔術さえ操り、影で国を動かしたと言われています。
そんな傾国女子たちに学び、ひとり頑張る謎の平和活動家・安全ちゃんの孤軍奮闘記!


非常に残念ですが、諸般の事情により
「安全ちゃんの傾国女子修行!」連載を一旦停止させて頂きます。
安全さんも、また戻ってこられるようにがんばっていますので、
再開を楽しみにお待ち下さい!
(掲載原稿は、2011年12月15日号のものです)





Comic
五倉山中学日記

Webマガジン幻冬舎: 作・向山貴彦 絵・平山けいこ『ほたるの群れ』日常編 五倉山中学日記

壮大なスケールで二つの組織がぶつかり合い、
十代の殺し屋たちが血で血を洗う死闘を繰り広げる!
……そんなリアルで衝撃的な展開で絶賛刊行中の
文庫シリーズ「ほたるの群れ」。

──でも、そんな彼らも普段はしがない中学生。
本編であまり描かれることのない、
凄絶な物語の裏に流れる緩やかな「日常」を描く、
前代未聞の四コママンガ、まさかの連載開始!


向山貴彦『ほたるの群れ』
向山貴彦『ほたるの群れ 1 第一話 集』
『ほたるの群れ 1 第一話 集』

向山貴彦『ほたるの群れ 2 第二話 糾』
『ほたるの群れ2 第二話 糾』





Essay
世界おやぢ紀行

世界おやぢ紀行

幻冬舎ウェブマガジンの人気連載「メモリークエスト」
の高野秀行さん(辺境作家)をして、
「こんな女の人、見たことないよ!」と言わしめた名須川ミサコさん。
異常なまでの好奇心が嵩じて、世界約50カ国を放浪。
各国に生息する”どうしようもないけど愛すべき”おやぢ達に
求愛されたり、振り回されたり、追いかけ回されたり……。
※おやぢ:世間の常識とは一線を画す、おバカでキュートな中高年男性。

嵐を呼ぶオンナ・名須川さんは、
飛行機に乗るだけなのに、
こんなに面白いことになってしまうのです。


執筆が遅れております。
申し訳ありませんが、
しばしお待ちください!
(掲載原稿は2011年12月15日号のものです)





Essay
中西哲生の買い物ワールドカップ2



寒いですねー!
東京でも久々に、4センチ積もりました。
今月も雨や雪にも強いすぐれものの靴を買っちゃいました!
めちゃめちゃ便利な旅のお供のバッグなどもご紹介します!!






Essay
千駄ヶ谷占星術研究所

世界と自分に関するご相談です。
マヤのカレンダーでは、今年までなっています。
この1年は、どんな年になるのでしょうか?
また私自身はどのように過ごせばいいのでしょうか?
アドバイスをいただければ幸いです。

松村さんに占ってほしいご相談、引き続き24時間受付中です。
<





今週の名文句

東山彰良『ミスター・グッド・ドクターをさがして』





Interview
せきしろ氏 バッファロー吾郎A氏『煩悩短編小説』刊行記念インタビュー

せきしろ氏 バッファロー吾郎A氏『煩悩短編小説』刊行記念インタビュー

108字から成る108篇のショートショートが一冊の本になりました。
著者のせきしろさんとバッファロー吾郎の木村明浩さん、改めまして
バッファロー吾郎Aさんに、108字の世界について伺いました。





Interview
又吉直樹氏『第2図書係補佐』刊行記念インタビュー

又吉直樹氏『第2図書係補佐』刊行記念インタビュー

お笑い会きっての本読み・ピースの又吉さんが、
尾崎放哉、太宰治、江戸川乱歩などの作品紹介を
通して自身を綴る「第二図書係補佐」が出版されました。
早速ベストセラーとなっている本書の刊行を記念して、
又吉さんにインタビューをしました!





Info

Webマガジン幻冬舎の大人気連載
「毎日が大河」が単行本になります!
発売は12月23日。
人気脚本家の毎日は、
大河ドラマより波瀾万丈!


田渕久美子著『毎日が大河』

田渕久美子著『毎日が大河』




文芸あねもね
チャリティ同人誌「文芸あねもね」刊行記念寄稿エッセイ 南綾子「かなしい疑問」

チャリティ同人誌「文芸あねもね」

「文芸あねもね」発売記念の本連載も今回で最終回です。
そのかなしい疑問は、ズバリ「30歳限界説」は本当にあるのか? 問題です。
タレントでもない、女子アナでもない、市井の女子に
「30歳」という年齢はいかに降りかかるのでしょうか──。





Essay
南里秀子 猫と人と古民家と

Webマガジン幻冬舎: 南里秀子 猫と人と古民家と

東京在住のキャットシッター・南里秀子が和歌山の
古民家に一目惚れ!
「ついに見つけてしまった、私の古民家、うふ、うふ」
運命の出会いに心ときめかせる日々もつかの間、
築200年の古民家は、そう簡単に道を開いてはくれない
のであった……。試されるは、己の信念?
次々にふりかかる幾多の試練を乗り越えて、
理想の家を完成させられるのか!?
現在進行形! 古民家再生(ときどき、猫)エッセイ。


※今回で連載を終了させていただきます。 ご愛読いただき、誠にありがとうございました。






Essay
日本の国宝

海と山といつものごはん

五年ぶりにお料理絵日記を再開することになりました。
この五年のあいだにわたしは出産を経験し、今子育ての真っ最中。
住まいも東京から三浦半島のつけ根あたりの海辺にうつしました。
前回までの日記とはまた生活もガラリとかわり、食卓の様子も変化しています。
そんな日々をまたつらつらと書いていこうと思いますので、
どうぞおつきあいくださいませ。


長いあいだのご愛読ありがとうございました。
これから単行本化の作業に入ります。
発売を楽しみにお待ちください。





Official
桜井亜美通信

アミ日記は最終回を迎えましたが、過去の日記はこちらで読む事ができます。
また、最近のアミの動向は、
オフィシャルブログ
KYANOS-BLUE
をチェックして下さい!





Info

連載終了のコンテンツは、
取りまとめる作業をただ今進行中です。
体制が整い次第、
コーナーを開設いたしますので、
しばしお待ちください!









Webマガジン幻冬舎は毎月1日・15日に更新されます。

Copyright © GENTOSHA INC. All rights reserved.
Webマガジン幻冬舎に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
webmagazine@gentosha.co.jp


バックナンバー