4月1日 
 こんばんは。もうすぐ夜中の1時です。
 今回は中学生日記風に、「アミの一日」を書いてみるね。
 今日は渋谷でミカと雑誌の対談をしてきました。ミカは髪にエクステンションをつけてショッキングピンクのセーターに、メキシコイエローのズックと七色のネイル・アート……春のお花畑みたいに色がいっぱいで、すごくカワイかった!! 
 で、ふたりで109の階段に立って写真撮ってもらって……白リップ系の女の子たちの群れの中で妙に浮いてた感じもするけど……写真と小説のコラボレーションのこととか、恋愛やお互いの性格についてとか色々話したので、5月に本屋で見つけたら読んでみて!! 
 その後、「パレット・バレエ」という、塚本晋也監督・主演の映画をシネ・アミューズで見た。かなりヘビーな内容で、「楽しむ」っていうより、自分がシナリオライターだったら、ここはどーするかなあとか、あの女の子のキャラなら、ここで泣かせるなよーとか勝手に考え込んでた。でも塚本さんって、才能あるよね。
 何しろこの映画にはBLANKY JET CITYのドラマーの中村達也が、「おぬしもワルよのう」っていう感じのボス役で出演してて、かなりいい味出してる。
 それに真野きりなっていう、モデル出身の女の子が、すごくチャーミング。ショートカットで、いつも黒革のミニのジャンパースカートをはいてるんだけど、それがまた長ーい足によく似合う。媚びない表情がエロディ・プシューズ風でよかったよ。
 それからケーキ食べて、家に帰って、真面目にお仕事……でもないかな。
 
 なんかよく考えてみると、あたしはどんなに忙しい時でも好きな音楽・映画・本・服を探すツアーは欠かしてない気がする。だってそれがなくなったら、心が渇いて鬱になってくるから。砂漠の心では、砂漠のような作品しか書けないよね。だから、見たい映画や本や写真集、聴きたいCDやライブがいっぱいありすぎて、いつだって焦ってる。
 ところで、バインの「Here」はもう聴いた? 聴けば聴くほどしみじみいい曲がいっぱいで、アミ的には大絶賛モード。特に「リトルガールトリートメント」が好き。2000年のライブツアーにも行って、またナマでしか味わえないバイン・マジックにはまろうと思ってます。
 田中くんがライブの時いつも「全身全霊で」汗流しながら歌うのを聴いてると、「こんなに自分を200パーセント放出しきってしまう人がいるんだ。だから頑張らなくちゃ」ってすごく感動するし、励まされてる気分になる。  
 汗や涙やエネルギーは、どんなに出し切ったってなくなったりはしないよね。明日になれば、ちゃんと再生してる。それを教えてくれるすべての人たちに「感謝」です。

< Ami's Diary 過去の日記 >