お品書き



夢いっぱいのミュージカルと、
特に夢はないTシャツのイラストを、
力いっぱいお届けします!

 劇団四季さんのオリジナルミュージカル「夢から醒めた夢」を観劇させていただきました。登場するのは、元気な女の子・ピコとおしとやかな女の子・マコ。“性格が正反対の女の子コンビ"といえば、本作と同じく赤川次郎先生原作の小説「子子家庭シリーズ」の律子&香織を思い出してニンマリですが、香織と違い、こちらのマコは“幽霊"というのがポイントです。そして「1日だけお母さんの元に戻りたい」というマコの願いを叶えるため、ピコが代わりに幽霊となって「霊界空港」へ行き、亡くなった子供達やデビル、エンジェル、過労死したサラリーマンらなど交流する・・・というストーリーにも衝撃を受けました。文字にするとちょっと怖そうですが、音楽とダンスのせいか(!?)さっぱりしていて明るく、ちっとも怖くない! 確かに、生きていてもそうじゃなくても、友達は友達です。怖いわけがありません。(この作品を子供の頃に見ていれば、稲川淳二の特番をあれほど恐れることもなかっただろうに…)。
 なお本作によると、「霊界空港」に集められた人々は、「白いパスポート」を持っている者のみ「光の国」(いわゆる天国?)へと出発することができるそうです。生前の行いがよろしくないと、「グレー」や「黒」のパスポートが発行され、空港でボランティア活動を続けないといけないとか…。現状「白」を貰う自信が薄い人間としては、残りの人生でなんとかリカバーに努め、少しでも色を薄めたい所存です…。がんばります。押忍。

夢から醒めた夢作品紹介|劇団四季
http://www.shiki.gr.jp/applause/yume/

ナンセンス

Webマガジン幻冬舎: 豊村真理 蛇いちご新聞 第27回

2012年夏・印象派Tシャツ図鑑

9月も末のこのタイミングで!?
「2012年夏・Tシャツの流行と傾向」(私調べ)を
ゆるいテンションで発表させていただきます・・・。


2012年夏・印象派Tシャツ図鑑

最後までお読みいただき、ありがとうございました。最後までお読みいただきありがとうございます。ところで、秋になると果物がおいしくていいですね。栗とか梨とかりんごとか柿とか。「食べる前にスケッチしよう」といつも思うのですが、気がつくと大抵、描く前に完食しています。ザクロやイチジクなんかも、形がおもしろいのでぜひ挑戦してみたいのですが、やっぱり食べてしまいそう…。秋が終わるまでにいい方法を編み出すのが当面の目標です。では!



豊村真理(とよむら まり)プロフィール

豊村真理(とよむら まり)プロフィール

1981年生まれ。
「週刊TVガイド」編集部を経てイラストレーターに。第27回読売広告大賞優秀賞受賞。
余命半年から生きてます!」(相河ラズ著/幻冬舎刊)挿絵を担当。雑誌「GOETHE(ゲーテ)」で映画のイラストを連載中。
ブログもだいたい毎日更新中!

豊村真理オフィシャルブログ
New Nonsense
http://newnonsens.exblog.jp/